So-net無料ブログ作成
ちょっと旅行 ブログトップ
前の10件 | -

会津旅行 芦ノ牧温泉をぶらり [ちょっと旅行]

芦ノ牧温泉丸峰観光ホテルの部屋でまずはビールで一息入れます!

今回芦ノ牧温泉の入り口の所にセブンイレブンがあったのでホテルに到着する直前にビールを購入しました。

0615_01.JPG

そして芦ノ牧飲泉名物らしい黒糖まんじゅうを一緒に頂きます(^^)

0615_02.JPG

そしてテーブルの上にはこんな説明があり、露天風呂と部屋の間はガラス窓になっているため、夜はロールカーテンを閉めて虫が集まらないようにしてくださいとの事です。

0615_03.JPG

部屋から露天風呂ですが、確かに夜は部屋の明りで虫が集まって来そうで、虫の中温泉に入るのは嫌です(笑)

0615_04.JPG

その後夕食までは時間があるので少し散策をします。

ホテルの玄関ですが無駄に大きな球体の照明がありました。

0615_05.JPG

そして芦ノ牧飲泉のマップを見ると小さな温泉街だと言うことが判ります。

0615_06.JPG

少し歩くと芦ノ牧プリンスホテルがありますが、西武系のプリンスホテルではありません。

0615_07.JPG

また会津の諸法度をもじってユーモアある諸法度になっています(笑)

0615_08.JPG

そして出会いの湯瀧という物がありました。

0615_09.JPG

こんな感じで流れていますが、触ってみたら温かい飲泉でした。

0615_10.JPG

そして芦ノ牧温泉の入り口に、こんな物があり見晴らし台かな?って思って登ってみることにしました。

0615_11.JPG

上に登ると足湯になっていました。

0615_12.JPG

そして芦ノ牧温泉の文字も綺麗なので最近作られたような感じです。

0615_13.JPG

ちゃんと温泉成分も書かれていました。

0615_14.JPG

そんな感じの芦ノ牧温泉ですが、このあとは夕食になりますが次回に続きます。

おこしやす!(149)  コメント(27) 
共通テーマ:旅行

会津旅行 芦ノ牧温泉丸峰観光ホテル別館 川音 [ちょっと旅行]

少し遅い昼食を食べて向かうのは芦ノ牧温泉で、そこの芦ノ牧温泉丸峰観光ホテルを予約しています。

途中、道の駅で會津と言う日本酒を仕入れて家で飲むようにします。

車で喜多方から道の駅に寄ったりだったので、ホテルに到着は16:00頃です。

ホテルの玄関はこんな感じです。

0613_01.JPG

チェックインすると部屋に行く前にロビーでお茶のサービスがあります。

ロビーからの風景ですが目の前に山があり、山に囲まれた感じの温泉地です。

0613_02.JPG

そしてお茶を飲んで一息です。

0613_03.JPG

そして部屋に案内されますが、今回は部屋に露天温泉のあるプランで別館しか部屋付き露天温泉はありません。

なのでこんな所を通って

0613_04.JPG

そして別館に繋がる渡り廊下です。

0613_05.JPG

部屋は別館の4階にありますが、絨毯のシミが気になります(笑)

0613_06.JPG

部屋は洋室なのでベッドです。

そして窓の外には露天温泉があります。

0613_07.JPG

洗面所はアメニティが充実しています。

0613_08.JPG

そしてトイレもウォシュレットで、今の日本でウォシュレットじゃ無いトイレを探す方が難しいかも?

0613_09.JPG

部屋からは川音と言う別館の名前とおり川の音が聞こえてきます。

0613_10.JPG

テレビをつけると相撲が放送されていました。

0613_11.JPG

そして部屋の露天温泉風呂ですが、こんな感じです。

温泉の温度は45度近くあり、温泉の供給を止める蛇口もついているので、温泉を止めて冷まします(^^)

0613_12.JPG

脱衣所にはシャンプーなどもありますが、温泉なのでシャワーがありません。

なので、風呂桶で温泉で洗髪になります(笑)

0613_13.JPG

温泉から見る風景ですが山しか見えませんが良い感じです(^^)

0613_14.JPG

そんな芦ノ牧温泉の芦ノ牧温泉丸峰観光ホテルですが、このあと少し散策をしますが、次回に続きます(^^)

さて今日は朝からお出かけしますので、帰って来てから訪問させて頂きますm(__)m

おこしやす!(199)  コメント(41) 
共通テーマ:旅行

会津旅行 さざえ堂と喜多方ラーメン [ちょっと旅行]

飯盛山の中腹にはさざえ堂と呼ばれる建物があります。

さざえ堂とは1796年に建立された、高さ16.5m、六角三層のお堂で、円通三匝堂(えんつうさんそうどう)と言われています。

上りと下りが全く別の通路になっている一方通行の構造により、たくさんの参拝者がすれ違うこと無く安全にお参りできるという世界にも珍しい建築様式を採用したことで、建築史上その特異な存在が認められ、平成8年に国重要文化財に指定されました(会津若松観光ナビより抜粋)

丁度横から見るとこんな感じの建物です。

0611_01.JPG

入り口正面には入場券を購入する場所があり、400円払って中に入ります。

0611_02.JPG

中は螺旋状になっていて一方通行なので構造は二重螺旋になっています。

レオナルド・ダビンチのスケッチにも二重螺旋はあるらしいのですが、世界で現存する建物はこのさざえ堂だけです。

中はこんな感じの所を上って行きます。

0611_03.JPG

途中、中心部分が見れる場所があり反対側のスロープを見る事が出来ます。

また中心には柱があり、心柱になっているのでしょうか?

0611_08.JPG

そして頂上の場所に到着です。

0611_04.JPG

天井は建物の構造を表した六角形の形になっています。

0611_05.JPG

今では禁止になっている千社札が所狭しと貼られています。

0611_06.JPG

そしてここからは下りになります。

0611_07.JPG

そして下り側からも反対側が見えます。

0611_09.JPG

その後下りの出口は入り口と反対側の裏から出るようになっていました。

そして出た所にこんな物が有り上部にある車を回すと出る音が白虎隊の魂を鎮めると書かれていました。

なので、回しておきました(^^)

0611_10.JPG

また飯盛山を下りる途中にはこんな碑もありました(笑)

0611_11.JPG

そして川の横を通って

0611_12.JPG

降りていくとさざえ堂が階段の上に見えました。

0611_15.JPG

そんな感じで楽しんだ飯盛山周辺ですが、1時過ぎなので車で喜多方まで向かい喜多方ラーメンを食べる事にします。

入ったお店は源来軒と言うお店で喜多方ラーメン発祥のお店とかかれていました。

0611_13.jpg

普通のラーメンを頼みますが平打ちちじれ麺の醤油味のラーメンは美味しかったです。

0611_14.jpg

このあと道の駅で日本酒を購入して、ホテルに向かいますが、次回に続きます。

おこしやす!(211)  コメント(49) 
共通テーマ:旅行

会津旅行 猪苗代湖から飯盛山 [ちょっと旅行]

野口英世記念館は猪苗代湖沿いにあるので、そこからチョット走ったところにある猪苗代湖の駐車場に車を停めて猪苗代湖を見ておきます。

猪苗代湖は日本で4番目に大きな湖です。

0609_01.JPG

磐梯山も見る事が出来ます。

0609_02.JPG

そして遊覧船で亀の背中に子亀が乗っています。

0609_03.JPG

でも遊覧船には乗りません(笑)

0609_04.JPG

そして猪苗代湖から30分ほどで会津若松に到着しちゃいます。

会津若松だと鶴ヶ城が有名ですが、2年前にツアーで来たときに鶴ヶ城は見学したので、今回向かったのは白虎隊が自決をした飯盛山です。

無料の駐車場に車を停めて向かうと階段を上った所に白虎隊のお墓とかあるみたいで

0609_05.JPG

案内の看板を見てみます。

0609_06.JPG

こうやって見ると飯盛山はそんなに高く無い山みたいです。

普段なら階段を上がりますが、この時は5月にカテーテル手術をして1週間しか経っていなかったので、250円払って斜めになった動く歩道で向かいますが、斜めの動く歩道は立つのが大変です(笑)

0609_07.JPG

そして登った所はこんな感じの広場になっています。

0609_08.JPG

こちらの先には白虎隊のお墓が並んでいます。

お線香を上げている人もいました。

0609_09.JPG

またこんな塔も立っていて

0609_10.JPG

隣にある説明にはローマ市から寄贈された塔だとの事です。

0609_11.JPG

そのほか自決した場所とかもありましたが、撮影はしませんでした。

そして飯盛山から見る会津若松はすぐ近くです。

鶴ヶ城まで2Km程しか無い場所です。

0609_12.JPG

その後少し降りると白虎隊を祀るお堂や

0609_13.JPG

厳島神社の分社もありました。

0609_14.JPG

そして、ここには面白い建物がありますが、それは次回になります(^^)

おこしやす!(214)  コメント(35) 
共通テーマ:旅行

会津旅行 野口英世記念館 [ちょっと旅行]

前回欠席届で長野にお出かけと書きましたが、5月に会津に温泉入りに行ってきましたので、そのレポになります。

ちなみに、前回の千と千尋の神隠しの湯屋のモデルになったのではと言われるのは渋温泉にある金具屋と言う旅館ですが、金具屋はなかなか予約が取れないので、宿泊は湯田中温泉のゆろづやと言う旅館でした。


さて会津までは高速道路をひた走るだけなのですが、最初は那須高原SAまで一気に走ってトイレ休憩です。

0607_01.JPG

この時間はまだ朝9時過ぎで朝食は食べて家を出たので、チョット中を見ちゃいます。

中には栃木の名物、レモン牛乳に関連の商品が一角にまとめられています。

0607_02.JPG

そして令和の文字を書いたクッキーがありますが、何でも令和と書けばお土産になっちゃっています(笑)

0607_03.JPG

そしてポケモンGOを起動してみるとジムに空きがあったので色違いカイリューを配置してみました。

0607_04.jpg

その後郡山JCTから磐越道に入り、磐梯熱海のトンネルを抜けると会津のシンボルの磐梯山が見えてきます。

0607_05.JPG

そして猪苗代で降りて向かうのは野口英世記念館です。

僕が小学生の頃は野口英世の生家がそのままあっただけでしたが、今では立派な建物になっています。

0607_06.JPG

入り口には野口英世の銅像があります。

0607_07.JPG

そして建物に囲まれる感じで野口英世の生家が残されています。

0607_08.JPG

中には当時の物が残されて飾られています。

0607_09.JPG

そして横には野口英世が赤ん坊の頃に大やけどをした囲炉裏がありました。

0607_10.JPG

中も少しだけ入れる所もありました。

0607_11.JPG

記念館には野口英世の研究とか最後は黄熱病で亡くなるまでの事が展示されていました。

そして野口英世のステンドグラスもありました。

0607_12.JPG

また野口英世の等身大のパネルもあり、背の高さは153cmと小柄だと書かれていました。

0607_13.JPG

そして1000円札も飾られていますが、番号がA000002Aとなっています。

Aの1番は造幣局に保管されているので、その次の番号が記念館に送られてみたいです。

0607_14.JPG

また現在の上皇が若いときに訪れた写真もありましたが、写真のしたにある説明には作り替えたのか上皇后陛下と書かれていました。

0607_15.JPG

このあとは会津に向かって少し見学をしますが、次ぎに続きます。

おこしやす!(228)  コメント(41) 
共通テーマ:旅行

欠席届です! [ちょっと旅行]

今日と明日、車でお出かけしているので更新はお休みしますm(__)m

6日、帰りが遅い時は7日の更新もお休みするかもです。


お邪魔出来ない場合は、ごめんなさいですm(__)m


ちなみに、宿泊するところは別な場所ですがこんな所にお出かけです(^^)

0605.jpg

写真は長野観光のページからお借りしました。

おこしやす!(197)  コメント(35) 
共通テーマ:旅行

こんにゃくパーク [ちょっと旅行]

四万温泉の柏屋のチェックアウト時間は12時なので、11頃までのんびりしてチェックアウトします。

2日目ですが、朝から大雨なので、室内の施設のこんにゃくパークで、場所は富岡の方にあるので四万温泉からは1時間半くらいかかります。

駐車場に車を停めて向かいます。

0331_01.JPG

中に入ると試食コーナーと、お土産売り場、そして工場見学のエリアに分かれています。

0331_02.JPG

工場見学のエリアでこんにゃく芋から作っている工程を見ることが出来ます。

0331_03.JPG

ここはこんにゃくゼリーを作っている所ですが、商品が小さいので写真だと判りづらいです。

0331_04.JPG

かなり地味な工場見学になっちゃいます。

0331_05.JPG

中央のラインに小さな四角いものが流れていますが、こんにゃくゼリーです。

0331_06.JPG

丁度角にあるので、正面に回って四角いオレンジ色のゼリーが流れてきます。

0331_07.JPG

またこんにゃく芋ですが、こんにゃくとして使える様になるには2年から3年かかると書かれていました。

0331_08.JPG

そしてこちらはこんにゃくのラインで白いこんにゃくがラインを流れています。

0331_09.JPG

こちらは海藻で黒く色づけされたこんにゃくです。

0331_10.JPG

こちらの工程は糸こんにゃくを作っているラインで中央部分の右側から下に白い糸こんにゃくが流れていました。

0331_11.JPG

0331_12.JPG

糸こんにゃくの工程も書かれていましたが、よくわからなかったです(笑)

0331_13.JPG

試食コーナーでお昼代わりに味噌田楽などを頂いて、お土産を買って外に出ると中山秀征がこんにゃく大使になっていました。

0331_14.JPG

その後は関越自動車道で自宅に戻りました。

途中三芳PAで夕飯のお弁当を買いました。

0331_15.JPG

鳥そぼろ弁当でした。

黒川温泉も今回の四万温泉も何故か2日目は雨という、晴れ男台無しでした(笑)

明日は新元号が発表されますが、どんな元号になるのでしょうか(^^)

おこしやす!(229)  コメント(37) 
共通テーマ:旅行

夜の露天風呂と朝食は洋食 [ちょっと旅行]

部屋で夕食を頂いた後は、また露天風呂に向かいます。

夕方入った露店風呂は丸い檜のお風呂だったのですが、今度は別な貸切り露天風呂です(^^)

ドアを閉めて、寒いのですぐにファンヒーターのスイッチを入れます。

0329_01.JPG

露天風呂は四角い檜のお風呂です。

0329_02.JPG

灯籠があったりします。

0329_03.JPG

でも寒いのでお湯につかって一息です。

こちらも源泉掛け流しの温泉で、ゆっくり温まります(^^)

0329_04.JPG

お風呂の脱衣所にはこんなランプもあり、中にフクロウが2匹入っています。

0329_05.JPG

またこの時は2月末でひな祭りが近いので、置物もウサギと熊のひな人形です。

右の明りは判りますが、字で書いたぼんぼりはどう言う事でしょうか?

0329_06.JPG

廊下には外人も来るので、温泉のルールが英語で書かれていました。

0329_07.JPG

2013年にはTripAdvisorで賞も貰ったみたいです。

ちなみに、YahooなどでTripAdvisor ma23ma23で検索すると僕が投稿した口コミが出てきます(^^)

0329_08.JPG

またつるし雛になるのでしょうか?

こんなのも飾られたりしています。

0329_09.JPG

そして夜の玄関ですが、夜は不気味です。

0329_10.JPG

貸切り風呂は2階にあるので、こんな階段を上がって行きます。

0329_11.JPG

宿泊者がいる部屋は部屋の名前の明りが着いています。

0329_12.JPG

14部屋の宿ですが、ほぼ満室みたいです。

そして朝6時に起きてもう一度温泉に入り、温泉マークの湯気の数と同じ3回入りました(^^)

朝食は事前に聞かれていたのですが、旅館で洋食もあったので頼んでみました。

焼きたてのパンでフワサクでした。

0329_13.JPG

そしてサラダです。

0329_14.JPG

スープはミネストローネでした。

0329_15.JPG

スクランブルエッグにウインナーで少し物足りない感じでした。

0329_16.JPG

チックアウトは12時なので10時過ぎまで部屋でのんびりしました。

四万温泉の旅行記はもう1回続きます(^^)

おこしやす!(226)  コメント(30) 
共通テーマ:旅行

四万温泉で夕食 [ちょっと旅行]

四万温泉の柏屋の食事ですが、朝食は食堂で頂くのですが、夕食は部屋にお膳を運んでくれます。

飲み物は事前に注文しておいて、食事と一緒に持ってきてもらいます。

料理のお品書きですが、こんな感じで食前酒の梅酒に名物は花豆と群馬と言えばこんにゃくです。

0327_01.JPG

運ばれてきた夕食はお膳で頂けます。

0327_02.JPG

そして釜飯も最後の蒸らしを固形燃料で行っています。

0327_03.JPG

こちらは煮物です。

0327_04.JPG

ビールを一緒に頼んだのですが、料理の説明を聞いている間に泡が・・・

0327_05.JPG

刺身こんにゃくやおひたし、群馬の野菜です。

0327_06.JPG

馬鈴薯豆腐でワサビと一緒に頂きます(^^)

0327_07.JPG

田舎豚の甘酒しゃぶしゃぶ鍋です。

0327_08.JPG

蟹と芋饅頭です。

0327_09.JPG

そして名物の花豆で、大きな豆です。

0327_10.JPG

飲み物は熱燗に変えました(^^)

0327_11.JPG

そして釜飯も出来上がりましたが、お膳を食べきったので、ご飯は1膳だけでした(^^)

0327_12.JPG

お吸い物はお椀にピントが来てしまいました(笑)

0327_13.JPG

デザートは四万ブルーのカスタードクリームで美味しく頂きました(^^)

0327_14.JPG

そんな感じで楽しんだ夕食でした(^^)

この後、また温泉に入りますが、次回紹介します(笑)

おこしやす!(206)  コメント(32) 
共通テーマ:旅行

四万温泉で露天風呂 [ちょっと旅行]

四万温泉を少しぶらりした後は部屋に戻ります。

部屋ではテレビがありますが、群馬は東京とテレビのチャンネルが同じなので、違和感を感じません。

そして部屋には黒電話があり、これでモーニングコールをしたり、フロントに電話したりすることが出来ます(^^)

0325_01.JPG

また前回、椅子が良いなってレポした所に何か紙があります。

0323_08.JPG

よく見るとカメムシがでるので、ガムテープで捕まえてくださいと書いてありました!

カメムシは潰すと臭いので、ガムテープで捕まえる様になっていました。

0325_02.JPG

そして食事前に温泉に入りに向かいます。

温泉は大浴場以外に3つの無料貸切り風呂があり、どちらも空いているみたいです。

最初は左の月乃湯に入ります。

0325_03.JPG

露天風呂ですが、脱衣所には鍵を閉めると電源が入るファンヒータもあり、脱衣所の籠も雰囲気が良いです(^^)

0325_04.JPG

露天の温泉は源泉掛け流しのお湯です。

0325_05.JPG

お湯は少し熱めですが、外が寒いので肩までつかっちゃいます。

0325_06.JPG

外はまだ明るいですが、フーとため息が出ちゃいます(笑)

0325_07.JPG

また冬の時期は凍結するのでシャワーが取り外されていますが、コロンも凍ってお湯が出ませんでした。

0325_08.JPG

無料貸切りなので30分ほどで温泉から出て部屋に戻ります。

部屋で髪とかを乾かしてから頂くのは冷蔵庫で冷やしたビールです。

ちなみに、ビールの隣は昨年ハワイの免税店で買ったプラダの財布で黒に内側は赤になって、お気に入りです(^^)

0325_09.JPG

また部屋の案内には温泉成分とか書かれていますが半分が循環式掛け流しで、のこり半分は掛け流しになっていました。

0325_10.JPG

0325_11.JPG

また部屋の鍵ですが木で出来たプレートも良い感じです。

0325_12.JPG

食事は6時半なので焼酎もお湯割りで少し飲んじゃってます(笑)

0325_13.JPG

天井の電気も単なる蛍光灯では無いのが良いです(^^)

0325_14.JPG

そして次回は食事の紹介になります。

また、先日ポケモンGOでレイドバトルでコリンクを倒してゲットチャレンジで金色のコリンクが出てきました。

0325_15.jpg

そして無事にゲットしました(^^)

0325_16.jpg

コリンクはレイドバトルでしか捕まえられないので、色違いが出たのはラッキーです(^^)

おこしやす!(211)  コメント(43) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - ちょっと旅行 ブログトップ