So-net無料ブログ作成
ちょっと旅行 ブログトップ
前の10件 | -

上畑温泉 さわらび到着 [ちょっと旅行]

横手市のかまくら館を出て車で走ること1時間で到着出来るのは上畑温泉のさわらび。

ちなみに、横手市のかまくら館は横手市観光協会が行っているもので、見学するには100円を払うと幾つかの施設を見学出来ます。

上畑温泉ですが、温泉だけの施設が1つと、今回宿泊する温泉旅館が1つという小さな温泉です。

さわらびの里のホームページからお借りした写真ですが奥が2階建ての宿泊施設で、右側が食事などの施設になっています。

0820_01.jpg

ホームページに載っている玄関の写真です。

0820_02.jpg

実際はと言うと釣りキチ三平の銅像がありました。

0820_03.JPG

チェックインをしますが、フロントにも釣りキチ三平の刺しゅう絵も飾られています。

0820_04.JPG

この上畑温泉のある所は、釣りキチ三平の作者の矢口高雄の出身地で、釣りキチ三平もこの付近をモデルにしているとの事です。

ちなみに、チェックイン時に言われたのが三連休明けなのでお客は僕一人!

大浴場の温泉は夜の9時までは地元の人の利用があるそうですが、それ以降はご自由にお入りくださいとの事です(笑)

部屋は和洋室の大きな部屋でベッドが二つの部屋と

0820_05.JPG

和室の部屋があります。

0820_06.JPG

窓の外は山で、トンボなどの虫が沢山飛んでいるのが良く見えました(^^)

そしてトイレはお風呂とは別です。

0820_07.JPG

洗面台も二つ有るのが広くて良いです。

0820_08.JPG

そしてお風呂ですが、温泉一人で使い放題なのでお風呂は使わないです。

0820_09.JPG

また、到着は17:00頃だったので、夕食は19:00にしてもらいました。

なので、最初は家族風呂の温泉に入っちゃいます。

0820_10.JPG

源泉掛け流しです

0820_11.JPG

洗髪とかのシャワーも2個ありました。

0820_12.JPG

温泉の源泉の温度は52℃ですが、お湯を引いてくると温度が下がり温泉は42℃の熱さになっています。

42℃は全然平気な温度です(^^)

0820_13.JPG

温泉ですが泉質はカルシウム・ナトリウム・硫酸塩泉でphは8.9となっています。

そして硫酸塩泉なので、換気扇は絶対に止めないでくださいと書いてありました。

0820_14.JPG

0820_15.JPG

温泉の脱衣所にはエアコンは無くて扇風機だけが置いてありました。

0820_16.JPG

温泉をでて食事前にビールです。

0820_17.JPG

この日は7月の3連休明けだったので、自販機の半分は売り切れでビールはキリンラガーがあっただけです。

ちなみに、この温泉地の10Km四方にコンビニなどは全くありません。

次回は夕食ですが、僕一人のお客に料理人などでこの日は赤字かもしれません(笑)

宿泊料金は2食付きで1万4000円です(^^)

どんな料理でしょうか。


さて、明日の21日ですが、4ヶ月飛行機に乗っていなかったので、飛行機に乗って日帰りで出かけてきますので、21日は訪問が出来ない可能性がありますので、ご了承くださいm(__)m

おこしやす!(63)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行

横手かまくら館 [ちょっと旅行]

盛岡で冷麺を食べて所用を済ませたあとはレンタカーを借りて横手に向かいます。

6月の仙台・平泉旅行で仙台のニッポンレンタカーで借りたのはダイハツタントで、青森ナンバーでしたが、今回盛岡のニッポンレンタカーで借りたのはやはりタントで宮城ナンバーと東北では乗り捨てなどでナンバーがばらばらです(笑)

盛岡南インターから高速に乗ると実証実験で制限速度が120Kmの区間です。

0818_01.JPG

軽の場合最高速度表示が140Kmなので燃費が悪くなる速度です。

そして1時間半ほど走って横手市内に入り向かったのは「かまくら館」です。

17時までのオープンですが到着が16時チョット前。

0818_02.JPG

でもこの日の秋田県横手市は30度越の暑い日です。

梅雨ですが晴れ男パワーで暑くなっています。

かまくら館に入ると何故か恋人の聖地?

0818_03.JPG

その横にはマイナス10度のかまくら体験出来る所に入れます。

通常でも綿入りチャンチャンコなどで防寒して入るみたいです。

0818_08.JPG

子供用のもあります。

0818_09.JPG

でも僕は暑かったので半袖のまま入りました。

0818_04.JPG

30度の所からマイナス10度の所に入ると気温差40度

もの凄く寒いです(笑)

0818_05.JPG

かまくらはもう少し丸いものと思っていましたが結構アイスのピノみたいな形です。

かまくらの中には神棚もあります。

0818_06.JPG

そしてハートで恋人の聖地は無理があります(笑)

0818_07.JPG

かまくらが3個であまりにも寒いのですぐに出ちゃいますが近眼の僕は最近メガネなので出るとメガネが思い切り曇りました(笑)

そして外にはかまくらの作り方も書かれていました。

0818_10.JPG

またかまくらの由縁もありました。

0818_11.JPG

ちなみにここは横手市の観光協会が行っている所で横手のお祭りの飾りもありました。

0818_12.JPG

0818_13.JPG

そしてその後は温泉のさわらびの里に向かいますが、道路には北海道を彷彿させるポールが道路横に立っています。

0818_14.JPG

秋田の横手は雪深い所なので冬は数mの積雪になり、かまくらも横手の名物になっています。

この後はさわらびの里ですが、次回に続きます(^^)

おこしやす!(194)  コメント(35) 
共通テーマ:旅行

盛岡までお出かけ [ちょっと旅行]

7月16日に所用があり、盛岡まで出かけて来ました。

折角盛岡まで行くのだからと、所用を済ませた後にレンタカーを借りて隣の秋田県の横手にある「さわらびの里」に行ってみようと思い出かけました。

ちなみに、夏休み前の3連休明けの16日だったので予約も簡単に取れました。

上野からはやまびこで盛岡まで向かいます。

0816_01.JPG

盛岡までならはやぶさの方が停車駅も少なくて早いのですが、駅ネットの10%割引の設定がやまびこしか無いので仙台から各駅停車になるやまびこで向かいました。

0816_04.JPG

列車に乗ると連休明けだったので座席もガラガラです。

0816_02.JPG

そして緑色のE5系新幹線のグリーン車はリクライニングは手動ですが、フットレストは電動で上がってきます。

0816_07.JPG

そして東北新幹線でもフリーのwi-fiが使える様になったので、便利になりました。

0816_03.jpg

やまびこは途中ではやぶさに抜かれるのですが、郡山駅で通過待ちをしていると東京方面に向かう秋田新幹線のこまちが停車していました。

秋田新幹線や山形新幹線は列車幅が狭いので駅に停車中はステップが出ています。

0816_05.JPG

わかりづらいので、少し角度をつけて撮影です。

0816_06.JPG

そして仙台を過ぎると各駅停車になります。

0816_08.JPG

前回仙台に行ったときに乗ったE2系新幹線は最高速度が275Kmですが、E5系ははやぶさだと320Kmで走行可能なので、やまびこでも280Km出していました。

0816_09.jpg

そして盛岡駅に到着です。

盛岡駅には南部鉄で出来た球体の上にフクロウが乗ったオブジェがありました。

0816_10.JPG

そして駅前のぴょんぴょん舎でお昼を食べます。

0816_11.jpg

食べるのは盛岡で暑かったので冷麺です。

0816_12.jpg

じゃじゃ麺も考えたのですが、冷麺が美味しいです。

この後所用を30分程度で済ませて、レンタカーを借りて横手に向かいますが、次回に続きます(^^)

おこしやす!(197)  コメント(36) 
共通テーマ:旅行

仙台・平泉旅行 大崎八幡宮とグランクラスで帰ります [ちょっと旅行]

伊達政宗の瑞鳳殿を見学した後は、伊達政宗ゆかりの仙台総鎮守の大崎八幡宮に向かいます。

大崎八幡宮は正面からだと急な階段を上って参道から向かうのですが、貸切り観光タクシーだと裏から階段を登らずに行けちゃいます。

0812_01.JPG

手水舎もこちらにもありました。

0812_02.JPG

そしてこの神社は全国でも珍しい長床と言われる門と本殿が立派な八幡宮で、慶長9年に伊達政宗公の命により建てられたとも言われています。

0812_03.JPG

近くで撮影しますが、全国の神社は令和になり天皇陛下のご即位を祝うの垂れ幕があります。

そして一番上にも菊の御紋があります。

0812_04.JPG

ここを抜けると本殿があります。

0812_05.JPG

くぐった長床を後ろから撮影しておきます。

0812_06.JPG

本殿を横からも撮影しておきます。

0812_07.JPG

また今回は神社用の御朱印帳を持って行かなかったので御朱印は頂きませんでした。

ちなみに、御朱印帳は神社用は伊勢神宮で頂いた物を使用していて、お寺用は京都の建仁寺で頂いた物を使っています。

御朱印帳は神社もお寺も一緒でも良いと言われますが、なんとなく分けています。

そしてやけにニワトリの鳴き声が聞こえるなと思い社務所を見るとニワトリ(チャボ)が数羽いて鳴いていました。

このチャボは置物ではありません(^^)

0812_08.JPG

そして仙台駅に戻り帰りの新幹線にのりますが、駅にはこんな人形が?

0812_09.JPG

帰りの新幹線はやまびこのグランクラスです。

一車両に18席だけで、片側一人座席で、もう一つは二人席で横に3席しかありません(^^)

0812_10.JPG

飲み物と軽食が出ます。

ビールを頂きました(^^)

0812_11.JPG

軽食は以前は和食と洋食から選択出来ましたが、いまは洋食は無くなりました。

お品書きです

0812_12.JPG

そして食事も以前に比べて少し寂しくなりました。

0812_13.JPG

そんな感じで中尊寺をメインに見学に行った仙台・平泉旅行でした(^^)

おこしやす!(198)  コメント(32) 
共通テーマ:旅行

仙台・平泉旅行 瑞鳳殿 [ちょっと旅行]

青葉城から向かったのは独眼竜伊達政宗の霊屋。昭和20年の空襲で焼失し1973年に再建された瑞鳳殿。

政宗公自らの遺言により建てられ、桃山の遺風を伝える絢爛たる廟建築として1931年に国宝に指定された物になります。

0810_01.JPG

入り口に向かうのは左側の石段を上がって行き、右側の階段で戻ってくるようになっています。

0810_02.JPG

この石段ですが江戸時代とか馬で上がれるように幅の広い石段になっています。

0810_03.JPG

上にあがると入場券を購入するようになっていて、そこから入ります。

最初は資料館を見ますが、資料館は撮影禁止です。

そして瑞鳳殿の入り口には手水舎があります。

0810_04.JPG

ここの門は横の入り口から入るようになっています。

0810_05.JPG

中に入ると

再建される以前の瓦とかが飾られていました。

0810_06.JPG

そして瑞鳳殿ですが桃山文化の特徴のカラフルな建物で、日光の東照宮の色彩にも似ています。

0810_07.JPG

0810_08.JPG

そしてこの日は閉まっていましたが、現在8月末まで、450年の記念でご開帳されているらしいです。

この瑞鳳殿の中には伊達政宗公の像があり、写真は瑞鳳殿のホームページからお借りしました。


0810_09.jpg

彫刻なども細かく掘られています。

0810_10.JPG

そして横には石の塔が並んでいました。

0810_11.JPG

瑞鳳殿には二代藩主と三代藩主の感仙殿、善応殿などもありますが、時間の関係で見学はしなかったです。

0810_12.JPG

そして、この後は伊達政宗により造営された所に向かいますが、次回に続きます。

おこしやす!(193)  コメント(29) 
共通テーマ:旅行

仙台・平泉旅行 青葉城趾 [ちょっと旅行]

平泉で中尊寺を見学した翌日ですが、梅雨のど真ん中だったので、2日連続での晴れは望めなかったですが、朝ホテルを出たときは少し小雨だったのですが、青葉城趾に到着したときは雨はやんでいました。

そして前回の最後の写真ですが、青葉城跡にある「昭忠塔」と呼ばれる慰霊碑の頂にも金鵄(きんし)というトビですが、東日本大震災で塔から落ちて壊れた物を直して、また落ちるといけないので、地上に置いた物になります。

0806_01.JPG

そして青葉城趾と言えば伊達政宗公が馬に乗った銅像です。

0806_02.JPG

また青葉城趾には荒城の月の碑があり、作曲は滝廉太郎が有名ですが、作詞は土井晩翠で宮城県出身の作詞家です。

0806_03.JPG

土井晩翠の銅像もあります。

0806_04.JPG

そして青葉城趾は結構高い位置にあり、そこからの風景ですが仙台駅方面です。

0806_05.JPG

最初はこんなに高い所だと知らなかったので、地下鉄で近くの駅に向かい、そこから歩こうかなとも思ったのですが、前日に調べて歩くのはかなりきついとわかり、観光タクシーを探してそれで向かいました。

天気が良ければ景色も良かったと思います。

0806_06.JPG

青葉城趾ですが石垣が飾られています。

0806_07.JPG

石垣の表面は大きな四角い石ですが中は小さな丸い石とかで構成されています。

0806_08.JPG

ちなみに、東日本大震災では青葉城趾に繋がる道の石垣が崩れて数年通れなかったそうで。

そして青葉城ですが、山の上にあった平山城で二条城みたいな感じだったらしいです。

この石の上に平山城が建てられていたそうです。

0806_09.JPG

この青葉城趾に青葉城の模型などもあります。

こんな感じで建っていたみたいです。

0806_10.JPG

0806_11.JPG

そして本丸にあった絵も飾られていました。

0806_12.JPG

同じ敷地には護国神社もありますが、これは戦後に作られた神社ですね。

0806_13.JPG

お土産を売られている所には仙台七夕の飾りも飾られていました。

0806_14.JPG

この後は伊達政宗に関する場所に向かいます。

ちなみに、伊達政宗は独眼竜片眼で眼帯をしているイメージがありますが、伊達政宗はそれを嫌がり銅像などを建てるときは両方に目を入れることって残したらしいです。


さて、明日の7日と8日は所用で7日はお邪魔出来ないと思います。

8日は帰って来てからの訪問になると思い、8日の更新は時節の挨拶だけになると思いますm(__)m

おこしやす!(196)  コメント(34) 
共通テーマ:旅行

仙台・平泉旅行 仙台で牛タン [ちょっと旅行]

今回、岩手の平泉で中尊寺を見学して、帰りに宮城の感覚ミュージアムに寄ろうかなって思っていたのですが、中尊寺での滞在時間が長かったので、レンタカーを返して仙台に予約したホテルのコンフォートに向かいます。

コンフォートホテルは日本全国にあり、昨年まで勤めていた会社で出張の時には使っていましたが、今回出張以外で宿泊です。

コンフォートのHPから仙台西口のコンフォートの写真をお借りしました。

0804_01.jpg

コンフォートホテルは朝食も無料でこんな所で食べられます。

0804_02.jpg

部屋はシングルでワンベッドルームですが、コンフォートホテルは寝るときの寝間着があるので良い感じです。

0804_03.JPG

トイレとバスルームはビジネスホテルの大きさです。

0804_04.JPG

部屋もやっぱり狭いです。

0804_05.JPG

その後夕食には仙台駅前の伊達の牛タンのお店に行きます。

最初はビールです。

0804_06.jpg

牛タンも頂きます。

0804_07.jpg

そして牛タンのつくねも頂いちゃいました。

0804_08.jpg

そんな感じで楽しんだ仙台の夜ですが、翌朝は無料の食事です。

ビジネスホテルで無料なのでこんな物でも十分です。

0804_09.JPG

お味噌汁も美味しかったです。

0804_10.JPG

そしてチェックアウトして向かったのはこんな場所です。

0804_11.JPG

ホテルからは2時間観光タクシーで観光しますが、次回です(^^)

ちなみに仙台の稲荷タクシーで廻りました。

おこしやす!(198)  コメント(30) 
共通テーマ:旅行

仙台・平泉旅行 中尊寺3 [ちょっと旅行]

中尊寺の見学ですが、旧鐘楼を見た後は金色堂に向かいますが、その手前には阿弥陀堂があり、この建物は1715年に再建されたものになるそうです。

0802_01.JPG

そして反対側には金色堂があります。

入り口の所で入場券は何処で買うのですかと尋ねると、横の宝物館になっている讃衡蔵で売っているとの事で入場券を買いに行きます。

0802_02.JPG

この建物が讃衡蔵で横に金色堂の入場券を売っています。

金色堂の見学のほか讃衡蔵にも入る事が出来ます。

0802_03.JPG

そして再度金色堂に向かいます。

0802_04.JPG

金色堂は撮影禁止になっているので、中尊寺のホームページから金色堂の写真をお借りしました。


0802_05.jpg

この金色堂ですが中尊寺のホームページの説明では

「金色堂は中尊寺創建当初の姿を今に伝える建造物で1124年(天治元年)、奥州藤原氏初代清衡公によって上棟されました。数ある中尊寺の堂塔の中でもとりわけ意匠が凝らされ、極楽浄土の有様を具体的に表現しようとした清衡公の切実な願いによって、往時の工芸技術が集約された御堂です」とありました。

そして金色堂でも御朱印を頂く事が出来ます。

0802_06.JPG

金色堂では金色堂の前で自動的に説明の音声が流れているので、それを聞くのも面白いです。

そして金色堂と同じ敷地には芭蕉の句碑がありますが、読めないので

0802_07.JPG

隣にある説明を見て内容が判りました。

0802_08.JPG

その横には経堂がありますが、ここも金色堂の入場券を買わないと見れない物になります。

0802_09.JPG

そして小さなお堂もありましたが名前が書いてありませんでした。

0802_10.JPG

そして今の金色堂はエアコンの効いた建物の中にありますが、旧覆堂と言われて室町時代に建てられて、この中に金色堂があったとの事です。

0802_11.JPG

そして中尊寺の敷地内には白山神社と言う神社もあります。

0802_12.JPG

中には能楽殿もあります

0802_13.JPG

能楽殿の奥には木の壁に絵も描かれています。

0802_14.JPG

そして白山神社の本殿です。

0802_15.JPG

今回御朱印帳はお寺用の御朱印帳しか持って行かなかったので、御朱印は頂かなかったです。

そんな中尊寺ですが、2時間以上も滞在してレンタカーは夕方5時までしか借りていないので、仙台に戻ります。

途中でソフトクリームも食べましたが、暑かったので撮影しないで食べちゃいました。


さて更新日の今日は、夜に飲み会なので明日に訪問いたしますm(__)m

おこしやす!(197)  コメント(37) 
共通テーマ:旅行

仙台・平泉旅行 中尊寺2と土用の丑の日と頂いたもの [ちょっと旅行]

中尊寺参道でお堂を見学しながら坂を登って行くと到着するのが中尊寺の本堂に到着します。

前回弁慶堂で御朱印を頂いたら、事前に紙に書かれているもので、糊で御朱印帳に貼られましたが、お堂ではお守りなどを売っている人が一人いるだけなので、御朱印を書く人がいないため、事前に書かれています。

また、神社やお寺で、御朱印帳を持っていない人にも御朱印を配布出来る様に紙に書かれたのを置いている所もあります。

なので御朱印帳を持っている人だけが御朱印を貰える訳ではありません。

その場で書いて貰う御朱印だけがありがたい訳ではありません。


中尊寺の本堂は階段を上った先にあります。

0731_01.JPG

門をくぐると見えてくるのが本堂です。

0731_02.JPG

正面から撮影してみました。

0731_03.JPG

この本堂ですが、中に入る事が出来ます。

この日は法事が行われていたので撮影しませんでしたが、中も写真撮影出来るみたいです。

そして大晦日に突かれるのでしょうか?

梵鐘もありました(^^)

0731_04.JPG

そして事務所で御朱印を頂きますが、こちらは手書きで書いて貰えます。

御朱印を待っていると事務所の横に本坊庫裡と言う場所があり、中尊寺の絵でしょうか?

0731_05.JPG

そして本堂で頂いた御朱印ですが、中央に梵字が書かれています。

0731_06.JPG

本堂を出て反対側には不動堂があります。

0731_07.JPG

そして蛙の像と池には青蛙がいる峯薬師堂ですが、この時蛙の像の写真を撮っていたら蛙が一斉に鳴き出しました(^^)

0731_08.JPG

峯薬師堂はこんな建物になっています。

0731_09.JPG

その横には大日堂と言うお堂があります。

0731_10.JPG

そしてこちらは旧鐘楼と言う鐘で、こちらの鐘は殆ど鳴らされることはないそうです。

0731_11.JPG

旧鐘楼は梵鐘と書かれて説明もありましたので載せておきます。

0731_12.JPG

中尊寺の紹介は2回で終わるかなと思いましたが、もう1回続きます(^^)


さて、先日の土用の丑の日ですが、滅多に鰻を食べない僕ですが、夏バテ防止のために食べる事にしました。

お店は混んでいるので池袋西武のデパ地下でたん熊北店のうな重弁当が売っていたので買ってみました。

0731_13.JPG

容器の横に紐が有り引っ張ると熱々になるものです。

0731_14.JPG

温かくなり、鰻も柔らかくて美味しく頂きました。

ちなみに値段は3600円で、国産鰻と売り場には書かれていました。


また、7月の上旬に仙台のブロ友のvivianeさんから牛たん蒲鉾の詰め合わせが送られてきました。

0731_15.JPG

お酒のおつまみで美味しく頂きました(^^)

vivianeさん、有り難うございますm(__)m

おこしやす!(200)  コメント(35) 
共通テーマ:旅行

平泉・仙台旅行 中尊寺1 [ちょっと旅行]

レンタカーで中尊寺の駐車場に到着して、中尊寺の参道に向かいます。

ここが中尊寺参道の入り口ですが、ここから坂を登って行きます。

0729_01.JPG

中尊寺の本堂までは560mで金色堂までは800mとありますが、かなりの上り坂になるので、もっと距離がある感じがします。

0729_02.JPG

最初はチョットした坂道って感じですが結構疲れる感じの坂です。

0729_03.JPG

そして途中は左右に大きな杉の木があります。

この木の陰で空気がヒンヤリした感じです。

0729_04.JPG

その後かなりの急坂になり、正面の建物は自分の背より高いところにあるので、30mで2mくらい登る坂道を80mくらい登ります。

0729_05.JPG

やっと少し平坦な所になりますが、ここからも実際には少し登っています。

途中に総門跡の石碑もありました。

0729_06.JPG

こちらが今の総門?

左のお店のソフトクリームの文字も気になりますが、ここは休まずに向かいます。

0729_07.JPG

そして最初のお堂が出てきて弁慶堂と言う所で御朱印も貰えるみたいです。

0729_08.JPG

お堂はこんな感じで、ここでチョット一休みです。

0729_09.JPG

御朱印は横にあるお守りとか売っている所で貰えるみたいです。

0729_10.JPG

御朱印をお願いすると、こちらでは既に紙に書いたものを御朱印帳に貼るようになっていました。

日付も入っているので、一日何枚くらい用意しているのだろう?

0729_11.JPG

弁慶堂をでて少し歩くと途中、見晴らし所があり、案内図もあるので見てみるとまだ半分って感じです。

でも坂を登ってくるので結構時間が掛かっています。

0729_12.JPG

見晴らし所から見ていると、東北本線を貨物が走っていたのでコンデジのズームで少し寄ってみました。

そしてここまで登ってきた坂ですが、結構高い所だと判ります。

0729_13.JPG

この日は6月20日で梅雨の真ん中ですが、良い天気です。

0729_14.JPG

途中には疲れた人のための休憩のベンチが結構色々な場所にありました。

0729_15.JPG

その後、地蔵堂です。

こちらでは御朱印は貰わなかったです。

0729_16.JPG

こちらは薬師堂で、こちらでも御朱印は貰えますが、貰わなかったです。

0729_17.JPG

そしてこちらは観音堂で、こうした小さなお堂が沢山ありました。

0729_18.JPG

この跡中尊寺の本堂に向かいますが、次回に続きます(^^)

さてコメント返しとかですが、当日にコメント返しは自分に負担がかかるので、出来るときだけにさせて頂きますm(__)m

無理は禁物です(^^)

おこしやす!(193)  コメント(35) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - ちょっと旅行 ブログトップ