So-net無料ブログ作成

長野旅行 渋温泉を散策 [国内旅行]

湯田中温泉と渋温泉ですが、宿泊しているよろずやからは歩いて15分ほどで到着出来ます。

湯田中温泉と渋温泉の位置は左側の赤い旅館マークが湯田中温泉で、右の川沿いの赤い旅館マークが渋温泉になります。

0709_01.jpg

川沿いを歩いて向かうと川に架かった橋に渋温泉と書かれています。

0709_02.jpg

そこから左に折れて細い道を進むと小さな温泉があります。

ここは地元の人と近所の旅館に宿泊の人だけが使える共同浴場になっています。

こんな共同浴場が結構沢山あります。

0709_03.JPG

そして出川哲朗の充電させて貰えませんかと言うテレビ番組で出川哲朗が夕食を取った来々軒と言うお店があります。

ちなみに、出川哲朗の充電させて貰えませんかと言う番組はテレビ東京系で放送されている番組で、充電バイクで旅をすると言う番組です。

そして1充電で走れる距離は20Kmでコンセントで充電させて貰う番組です(^^)

来々軒は洋食・中華と看板にはありますが、今は中華だけだと番組で言っていました。

0709_04.JPG

こんな感じで細い道を挟んで小さな旅館が建っています。

0709_05.JPG

そして少し歩くと渋温泉で予約がなかなか取れない歴史の宿 金具屋です。

0709_06.JPG

横には有形文化財に登録されている建物であるのと、千と千尋の神隠しのモデルではと書かれています。

千と千尋の神隠しのモデルになったところは幾つかあり、台湾の九份や四万温泉の積善館、そして湯屋が木造の高層建築がここの金具屋をモデルにしたのではと言われています。

ちなみに四万温泉の積善館は千尋が渡った赤い橋とかがモデルと言われています。

四万温泉の積善館は以下のURLで見れます。



0709_07.JPG

この金具屋は木造4階建てで、現在では建築法で木造で4階建ては建てられないので貴重な建物です。

0709_08.JPG

そして出川哲朗の充電させて貰えませんかで出川が宿泊した小石屋です。

この小石屋は温泉設備が無いのですが、僕が宿泊したよろずやと提携していてよろずやの温泉を無料で使える様になっています。

0709_09.jpg

小石屋のTwitterからお借りしたのですが、出川哲朗の充電させて貰えませんかでの記念撮影の写真です。

0709_10.jpg

そして初湯と言う共同浴場ですが、勝手に入れない様に鍵がかかっていて、近所の人とここを利用出来る旅館が鍵を管理しているとの事です。

0709_11.JPG

こちらは笹の湯と言う2番湯で、やはり鍵がかかっています。

0709_12.JPG

そんな感じで渋温泉を散策した後は湯田中温泉を散策しますが、次回に続きます(^^)

おこしやす!(205)  コメント(36) 
共通テーマ:旅行