So-net無料ブログ作成
検索選択
国内旅行 ブログトップ
前の10件 | -

漆器店から上野へ [国内旅行]

渋川問屋で食事をした後に向かったのは鈴善と言う漆器店です!

このお店はお土産だけでは無く、昔の漆器とかを展示しているスペースもあり、お買い物しなくても問題無いお店です。

お店は蔵作りの建物を利用したものになっていて展示している所とお店分かれています。

0519_01.jpg

展示している所は蔵跡になっています。

0519_02.jpg

中に入ると色んな漆器が展示されていますが売り物ではありません。

0519_03.jpg


0519_04.jpg

色んな漆器が飾られています。

0519_05.jpg

漆器の事はあまり良く判りませんが、高いのは判ります!

0519_06.jpg

なぜならガラスケースに入っているからです(^^)

0519_07.jpg

こう言うお椀で出されると料理も美味しくなるのかもしれないですね!

0519_08.jpg

そんな漆器が飾られています。

0519_09.jpg

0519_10.jpg

古いものも沢山ありました

0519_11.jpg

ちなみに、売り物もあったので撮影しましたが、これが250万でした(^^)

0519_12.jpg

そして会津は蔵の街とも思いますがここも蔵を展示場にしていました。

0519_13.jpg

そして漆器を売っているお店ですが

0519_14.jpg

漆器を買わなくてもツアー客には一人一膳のお箸が貰えました!

そしてツアーは柏屋と言う福島銘菓の薄皮まんじゅうのお店でお買い物休憩して、一路東京へ向かいます。

0519_15.jpg

2日目はしっかり一番前の席になっています(当たり前ですが)

途中のトイレ休憩でバスを撮影

0519_16.jpg

その後首都高に入り上野に向かいます。

途中ではスカイツリーも綺麗に見えましたが、バスだと映り込みが(笑)

0519_17.jpg

その後バスは下車する上野と新宿に停車しますが、僕は新宿で乗って上野で降りました!

そんな感じで楽しんだ星野リゾート磐梯山温泉ホテルに17時間宿泊するツアーが終了しました(^^)

次回はまだオーストラリア旅行は始まりません(笑)

おこしやす!(190)  コメント(36)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

渋川問屋で昼食 [国内旅行]

鶴ヶ城を見学した後にバスで15分ほどで向かうのは渋川問屋で昼食になります。

お店は立派な昔の家って感じです。

0517_01.jpg

中は30人以上が入っても全然問題の無い部屋に通されます。

出てきた料理はこんな感じで福島の伝統的な料理って感じです。

0517_03.jpg

お品書きを見てみるとニシンの料理が多いです。

そう言えばお袋の実家が福島の郡山でしたが、ニシンの昆布巻きとかニシン料理が結構でていましたので、海から離れた中通りや会津は保存食のニシンを使った料理が多いみたいです。

0517_02.jpg

椀に入ったお新香や天ぷらもあります。

0517_04.jpg

なんか懐かしい味で福島の味は甘辛いものが多いです(^^)

食後にはお店を散策しちゃいます。

0517_05.jpg

かなりお金持ちの家だった見たいです。

家の中にこんな看板があり昔の商社だったみたいです。

0517_06.jpg

中庭に出てみると蔵がありました。

0517_07.jpg

庭には奥に鳥居が見えますが、小さな神社も有るみたいです。

0517_08.jpg

そして食事をした所と反対側ですが、家の中にも蔵があり、今は食事の部屋で使われています。

0517_09.jpg

ここの頭首は渋川善治郎という人みたいで、お酒も扱っていたみたいです。

0517_10.jpg

そして外に出てみますが渋川商店の看板もありますが、暖簾は今のお店の渋川問屋になっています。

0517_11.jpg

そして店の横にはこのお店の説明看板もありました。

0517_12.jpg

この後ツアーはもう一カ所寄ってツアーは東京に向かいますが、次回に続きます。

おこしやす!(193)  コメント(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

鶴ヶ城 [国内旅行]

オーストラリアは3日間だったのですが、全日空の場合夜に出て朝にオーストラリアに到着し、帰りもシドニーを夜に出て朝に帰国すると言うオーストラリアを堪能出来るダイヤでした。

オーストラリアの記事は結構先になると思いますが、濃い内容でレポしたいと思っています(^^)

さて会津旅行の続きですが、会津ほまれを見学した後に向かったのは鶴ヶ城で見学時間は50分!

そのうち20分はボランティアの人の案内になり、ボランティアの人についていきます。

0515_01.jpg

鶴ヶ城の名前で有名ですが正式名は若松城になるみたいです。

0515_02.jpg

説明には鶴ヶ城が一般的で登録が若松城、そして古い文献では会津城となっているみたいです。

0515_02a.JPG

お城は真っ直ぐには進めないように石垣で目隠しになっています。

0515_03.jpg

そして見えるのは天守閣です。

0515_04.jpg

色々と説明を受けましたが、その中で興味があったのが東日本大震災の影響はどうなんでしょう?と質問がでると揺れで石垣は崩れなかったですが、石垣が膨らんだそうです。

写真だと判りづらいですが、石垣が膨らんでいます。

0515_05.jpg

このような箇所が結構至るところで見られました。

その後説明が終わると残り時間は30分でバスの場所まで10分かかるので20分で天守閣を見学します。

場内はコンクリートで復元されたお城で、資料とかは撮影禁止になっていますので、見ながら足早に天守閣まで向かいます。

天守閣からは会津市内がよく見えます。

0515_06.jpg

0515_07.jpg

0515_08.jpg

0515_09.jpg

東西南北の風景でした(笑)

その後足早にお城からバスの場所まで向かいます。

途中太鼓門のあった場所を抜けて

0515_10.jpg

そして石垣を見ながら戻りますが、この石垣も歪みが出ていました。

0515_11.jpg

そしてバスが駐車している鶴ヶ城会館に戻ります。

0515_12.jpg

ここには会津藩の掟がかかれていました。

0515_13.jpg

そしてバスに戻ると、今回の旅行はおやつ付きとなっていて福島銘菓のままどおるとゆべしが配られました(^^)

0515_14.jpg

そんな会津旅行ですが、後2回ほどおつきあい下さいm(__)m

おこしやす!(193)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

会津誉れは会津のお酒 [国内旅行]

星野リゾート磐梯山温泉ホテルに宿泊する時間は17時間なので、翌日の出発は10時と言うゆっくりした時間です!
そしてこの日最初に向かうのは会津のお酒で東京でも昔CMしていた会津誉れ酒造です。

0509_01.jpg
会津誉れと言うと色んなCMを放送していましたがそのCMのポスターが飾られていました!

0509_02.jpg
そしてワインで言うとエチケットとなりますが日本酒のラベルなんかもあります

0509_03.jpg

そのほかに海外での販売に使われているのかもしれませんがWINEとなっています。

0509_04.jpg

酒瓶も沢山並べられています。

0509_05.jpg

こんなものもありますが、赤べこもありました。

0509_06.jpg

そして暖簾もです

0509_07.jpg

最近の八重の桜のポスターもありました。

0509_08.jpg

こちらには販売のお酒もあり、ここでお土産に1本購入しました。

0509_09.jpg

そして見学出来る庭もあったりします。

0509_10.jpg

ステンドグラスも綺麗になっています。

0509_11.jpg

しぼりたて生酒もあったりします。

0509_12.jpg


0509_13.jpg

そしてこのポスターは岡田奈々です。

0509_14.jpg

ジュディオングもいたりします。

0509_15.jpg

あいだみつお見たいな文もあったり

0509_16.jpg

そんな会津誉れでした(^^)

0509_17.jpg

さて、明日から日曜日までオーストラリアに出かけてきます。

明日の夜22時に羽田をANAのBoeing787-9で出発して日曜の朝6時前に帰ってきます。

その間ですが、ブログは更新しますが、会津旅行の旅は一時中止で、コメントも閉じます。

今回はマイルでビジネスでオーストラリアのシドニーに行きますが予定は1日しか決まっていなくてどんな旅になるか楽しみです。

時間が余ればシドニー空港で飛行機の写真を沢山撮っているかも(笑)

ちなみにシドニーは日本語の発音で、シドニーと言っても通じません!

カタカナで言うとシンディーって所でしょうか、オーストラリアではレンタルのwi-fiでiPad-miniを持って行くので押し逃げになると思いますm(__)m

次回の会津旅行の続きは15日に続きが出来ればと思っています(^^)

おこしやす!(190)  コメント(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

星野リゾート磐梯山温泉ホテル SAKE Barと朝食 [国内旅行]

夕食は18時からだったので、夕食を頂いたあとは暫く部屋でPCでネットをしながら、時間を見るとまだ7時半

0507_01.jpg


この磐梯山温泉ホテルにはSAKE Barと言うのがあり、日本酒のバーに向かって見ることにします。
ロビーの所にあるのですが、バーカウンターの先には日本酒の瓶が飾られています。
でも飾られている瓶は全て空の瓶で、日本酒やワインもそうですが蛍光灯の光でも劣化してしまうので、飲むお酒はセラー見たいので冷やされています。

0507_02.jpg

こう言うきめ細かい保存も嬉しい感じです。
このSAKE Barには会津にある30の蔵元のお酒がおいてあり、その中から選んでお酒を頂きます。

0507_03.jpg

今回選んだのは3種飲み比べで、夕食の時と一緒ですが、お酒が選べます。

0507_04.jpg

お酒は全て辛口のお酒を選びました。

左から蔵太鼓と言うお酒です。

0507_06.jpg

そして真ん中は男山と言うお酒で

0507_05.jpg

最後の右側のお酒は俺の出番と言うお酒でした(^^)

0507_07.jpg

辛口度は左から右に行くに従って辛口が濃くなる感じです。

そしてテーブルにはこんな間接照明もあります。

0507_08.jpg

その後は榮川の樽酒も飲んじゃいます。

0507_09.jpg

その後〆で頂いたのは会津娘と言う微発泡のお酒で少し口の中でピリピリする感じのお酒です。

0507_10.jpg

このお酒はあまり出ないみたいですが、特別に出して貰いました。

2合を頂き、結局5合ほど飲んじゃいました(^^)

0507_11.jpg

そして翌日は二日酔いにもならずに朝から朝食を頂けます(^^)

おかずは少しにして

0507_12.jpg

その場で作ってくれるオムレツも頂いちゃいます。

0507_13.jpg

ご飯はおかゆにして、ゴマや昆布などを乗せて頂きます。

0507_14.jpg

勿論お味噌汁も頂きますが、福島では白菜の入った味噌汁が出てきます。

お袋の実家でも白菜と油揚げの味噌汁は結構飲んだ事が多かったです(^^)

0507_15.jpg

そしてツアーはホテルでゆっくりなので、10時出発まではのんびりです!

お酒もご飯も美味しくいただいた星野リゾート磐梯山温泉ホテルでした(^^)


おこしやす!(191)  コメント(41)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

星野リゾート磐梯山温泉ホテル 夕食 [国内旅行]

星野リゾートに17時間滞在するプランは夕食の時間が18:00からで、全てバイキングの料理になります。

そこで最初の一杯に使えるのが、バスで後部座席になったので貰ったドリンクチケットです。

0505_01.jpg

ドリンクは色々選べるのですが、僕は勿論ビールです。

ビールも会津の地ビールになります。

0505_02.jpg

そして最初に頂くのは打ち立ての蕎麦をその場で茹でて、天ぷらも揚げたての御前です。

全てが作り立てなので、美味しくいただきました。

0505_03.jpg

その後は鯛のマリネやシーザースサラダや、福島ではよく食べられるジャガイモの小さなものを茹でたものなど楽しくいただきます。

0505_04.jpg

お味噌汁もアサリのお味噌汁が飲み放題です

0505_05.jpg

そしてゴマ豆腐も取ってきて美味しくいただきました(^^)

0505_06.jpg

ビールの他には別料金でしが、会津と言うと酒所なので日本酒も飲み比べで頂いちゃいます。

0505_07.jpg

ご飯もステーキを2枚頂いたり

0505_08.jpg

デザートも美味しくいただきました。

0505_10.jpg

星野リゾート磐梯山温泉ホテルは夕飯も美味しく頂けるホテルでした(^^)


おこしやす!(181)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

星野リゾート磐梯山温泉ホテル [国内旅行]

今回のツアーは17時間星野リゾート磐梯山温泉ホテルに滞在すると言うプラン!

なので、午後3時前にはホテルに到着します。

星野リゾートは初めてですがエントランスには看板もありました。

0503_01.jpg

そしてエレベータエントランスですがシックな感じです。

0503_02.jpg

端っこにはエレベータ待ちの間に座れる椅子も置いてあります。

ホテルは結構旅先で宿泊してますが、エレベータエントランスに椅子があるのは初めてかも(^^)

0503_03.jpg

そして部屋ですが、ツインの部屋で旅行に行くとツインの部屋が多いですが、どちらに寝るのか結構考えちゃいます(^^)

0503_04.jpg

テレビやテーブルもあり、シックなデザインになっています。

0503_05.jpg

ベッドを反対側からも撮影しておきます。

ベッド手前にあるのは作務衣でホテル内はこれでの移動がOKです。

0503_06.jpg

トイレはウォシュレットですが、チョット古いタイプかも!

0503_07.jpg

温泉があるのでバスタブは普通の感じです。

0503_08.jpg

そしてビールを買いにホテルのロビーに向かうとこんな感じでラウンジもありますが、人が少ないです。

0503_09.jpg

ラウンジではコーヒーも飲めるみたいです。

0503_10.jpg

そして本当はスキーでも楽しみたかったのですが、3月31日でゲレンデは終了で、4月1日はゲレンデ閉鎖でした!

スキーはここ数年行っていなかったので滑りたかったです(^^)

0503_11.jpg

そして自販機で購入するのはビールですが、周りにコンビニも無い場所のビールは高いです。

500mlのスーパードライが500円でした

0503_12.jpg

そして部屋に戻り買って来たビールを飲んじゃいます。

0503_13.jpg

窓からの風景は先に猪苗代湖が見えるシチュエーションです。

0503_14.jpg

ホテルでは、PCでブログ巡回したりテレビを見たりしてのんびり過ごしました。

用事の無いホテルって言うのも何となく贅沢な感じです。

ホテルの様子は次回に続きます(^^)

おこしやす!(188)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

猪苗代湖を散策 [国内旅行]

昼食を取った後に向かったのはバスで20分ほどで到着する猪苗代湖です。

猪苗代湖は日本で4番目に広い湖で、1番は琵琶湖、2番は茨城の霞ヶ浦、3番目は北海道のサロマ湖で4番目に猪苗代湖になります。

0501_01.jpg

このくらいの大きさの湖になると波も立ちます

猪苗代湖には船で観覧もできますが、バスでの立ち寄りは30分ほどなので、船に乗ったら戻ってこれなくなります。

0501_02.jpg

なので、散策すると鴨などの水鳥が沢山います

人に慣れているみたいで目の前を飛んでいます

0501_03.jpg

そして湖には沢山の水鳥が沢山います。

0501_04.jpg

人が近づいても

0501_05.jpg

ちなみに、今回は手抜きレポです(笑)

0501_06a.jpg


0501_07.jpg

水たまりにも鴨がいてそばで撮影しても全然逃げません

0501_08.jpg


0501_09.jpg


0501_10.jpg

鳥インフルエンザが流行っていたりすると近寄るのもチョット考えちゃいますが、この時期はそうでのないので、近寄っちゃいます。

0501_11.jpg


0501_12.jpg


0501_13.jpg

ここ最近では一番の手抜き記事になった猪苗代湖ですが

0501_14.jpg

山は4月なのに雪が沢山残っている猪苗代湖でした。

この後は15時前ですが星野リゾート磐梯山温泉ホテルに向かっちゃうツアーです(^^)


タグ: 猪苗代湖
おこしやす!(175)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

星野リゾート磐梯温泉の旅 [国内旅行]

4月1日~2日とクラブツーリズムが主催する星野リゾート磐梯山温泉ホテルに17時間滞在するツアーに参加してきました。

0429_01.jpg

新宿から向かうのですが、星野リゾート磐梯山温泉ホテルに17時間滞在するプランなので殆ど寄るところがありません!

0429_02.jpg

バスの座席ですが何故か一番後ろ!

ツアー料金にプラスして前方席を予約していたのに何故だろう?

と思いながら座席に着きます。

0429_03.jpg

新宿をスタートするときは雨でしたが、僕の晴れ男パワーがどこまで通じるかです!

0429_04.jpg

ちなみに、バスはゆったり座席なので、足下も広々です。

しかし何故最後尾なのだろうと???マークが頭の中をよぎっています。

0429_05.jpg

出発して東北道に入ると添乗員が急にお詫びにやって来ました!

バスの座席を前方予約していたのを見落としていたとのことで、申し訳ありませんときました。

翌日は最前方にしてオプション料金を返却するとの事ですが、手続きが面倒なので返金は断りました。

そうしたら、ホテルでのビール1杯が只になりました(^^)

乗っているバスはクラブツーリズムのラッピングがされたバスですが、これってバス会社と契約してラッピングにしているみたいで昨年下呂温泉に行ったときは日の丸バスでしたが、今回はKM観光バスでした(^^)

0429_06.jpg

途中のSAで2回ほど休憩を取り、東北道から磐越道に入ると磐梯山が見えて来ます。

0429_07.jpg

そして、磐梯猪苗代インターで降りるとお昼タイム!

お昼は磐梯の名物の祝言そばなので、そのお店に入ります。

座席はそれぞれ決められていて1名様の座席に付いていると

0429_09.jpg

お蕎麦の前に山菜などの付け合わせが出てきます。

福島は母親の田舎なので、福島の味は慣れたものです(^^)

0429_10.jpg

そしてこちらが祝言そばで、鶏肉の入った暖かいお蕎麦です。

0429_11.jpg

美味しくいただいた後はバスの時間まで少しあるので、お土産を散策!

ここで田舎そばを購入して家で食べる事にします。

0429_12.jpg

このお店からは磐梯山が綺麗に見ることができ、東京では雨でしたが晴れ男のパワー発揮です(^^)

0429_08.jpg

そして、この後は猪苗代に寄ったらすぐにホテルに直行です(^^)

なので、今回の旅行は数回と短いレポになります(笑)


おこしやす!(187)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

五箇山金沢ツアー13(新幹線で東京へ) [国内旅行]

御車山会館を見学したツアーはクライマックスで、あとは新高岡駅から新幹線で帰るだけです。

この新高岡駅ですが何も無い所にポツンと出来た駅みたいです。

0403_01.jpg

中に入ると大きな兜のオブジェもあります。

0403_02.jpg

そして新幹線の駅らしく自動改札がありますがツアーはここをとおりません。

0403_03.jpg

駅周辺を見てみても何も無いです(笑)

0403_04.jpg

最初の駅の入り口は南口ですが北口も寂しいです。 

0403_05.jpg

駅の中はセブンがお土産屋になっていたり 

0403_06.jpg

一応観光案内もありました。 

0403_07.jpg

駅の周辺はこんな感じですが北口のタクシーは予約専用なので、普段は何もいません。

0403_08.jpg

駅の両サイドは

0403_09.jpg

そして新幹線の乗車時間が近づきホームにあがります。

ちなみにここからの新幹線は東海道で言うとこだまと同じ感覚です(^^)

0403_10.jpg

新幹線に乗って頂くのは注文しておいたお弁当です。

0403_11.jpg

お品書きもあります。

0403_12.jpg

料理は盛りだくさんでした(^^)

0403_13.jpg

お弁当と一緒にはビールでバスだとトイレが近くなるので我慢していますが電車だとトイレがあるので飲んじゃいます(^^)

0403_14.jpg

そして東海道新幹線と違うのはテーブル裏には号車案内がありません!

0403_15.jpg

ちなみに、僕は上野で降りて帰宅ですが新幹線は満席状態で走行しています。

0403_16.jpg

長らく紹介しました五箇山金沢ツアーですが、今回で終了になります。

長らくおつきあい有り難うございます。

次回は北へのフライトになるのでしょうか(^^)


おこしやす!(157)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 国内旅行 ブログトップ