So-net無料ブログ作成
国内旅行 ブログトップ
前の10件 | -

宮島・萩・津和野ツアー終了 [国内旅行]

津和野で殿町通りを見学しながら向かったのはJR津和野駅。

スマホで時刻表を確認するとSLやまぐち号が15:45に津和野駅から出発するとの事で見にいきます。

ツアーの集合時間は16:00で萩・岩見空港からは17:45に出発なので、チョットだけでも見えるかなと思い向かいました(^^)

0523_01.jpg

津和野駅の横にはSLのD51も飾られています。

0523_02.jpg

運転台も見ることが出来ました。

0523_03.jpg

そして駅で時刻を見ると只今15:30で少しだけ見れそう。

改札の向こうにはSLやまぐち号の客車が見えています。

0523_04.jpg

改札で放送があり聞いているとこの日の蒸気機関車は故障したので、機関車の変わっているとの事です。

なので、先頭を見に行きます。

途中桜と客車のコラボです(^^)

0523_05.jpg

でもって銭湯は機関車でした(^^)

0523_06.jpg

出発まで見ていると集合に間に合わないので戻ります。

途中生活感のある裏路地

0523_07.jpg

また郵便局も街の雰囲気に合わせています。

0523_08.jpg

こんなお店もありました。

0523_09.jpg

そして集合場所の所では津和野のゆるキャラがいました(^^)

0523_10.jpg

そして津和野からツアーは萩・岩見空港に向かい、待ち時間は1時間も無く飛行機に搭乗になります。

窓から左側に空港ターミナルが見えますが、小さい空港でした。

0523_11.jpg

帰りは窓側なので離陸して旋回すると石見空港が眼下に見えます(^^)

0523_12.jpg

帰りの飛行機はAirbus A320なので羽の先端にウイングチップが見えます。

0523_13.jpg

石見空港からは一旦新潟まで飛んで福島から羽田に向かうルートですが雲が多くてあまり見えませんでした(^^)

0523_14.jpg

その後FlightRadarでもうすぐ着陸になります。

0523_15.jpg

そんな感じで1泊2日のツアーが終了しました(^^)

さて、本日は沖縄からの帰りになりますので、皆さんの所には帰宅してからお邪魔したいと思いますm(__)m

おこしやす!(190)  コメント(29) 
共通テーマ:旅行

津和野 殿町をぶらり [国内旅行]

津和野で森鴎外の生家を見学した後に向かったのは津和野の殿町!

この殿町通りは古い建物などが並んでいる通りで、通りの横には鯉が泳いでいます

0521_01.jpg

ここの鯉は短い区画に区切られた中にいて、餌を沢山貰えるのでメタボ気味な鯉が沢山います。

0521_02.jpg

そして殿町通りには教会があります。

この教会は津和野カトリック教会で中は撮影出来ませんが、畳がひかれた教会になります。

0521_03.jpg

結構津和野のシンボルになっている感じです。

0521_04.jpg

そして教会を出て殿町通りを散策していきます。

0521_05.jpg

教会を出て歩き出すと白壁の通りが出てきます。

0521_06.jpg

白壁の所を抜けると古い街並みの商店街が出てきます。

0521_07.jpg

そして小さな造り酒屋があります。

0521_08.jpg

大きな杉玉もありました。

0521_09.jpg

中に入ってみると立派なオブジェの龍もありました。

0521_10.jpg

お酒を造っている工房も覗くことが出来ましたが、お酒は見れなかったです。

0521_11.jpg

また、少し歩くと別な酒蔵もありました。

0521_12.jpg

その反対にも造り酒屋です。

0521_13.jpg

そして蔵を利用したお店もあったりします。

0521_14.jpg

そんな津和野ですが、次回もう少し見学した後は萩・石見空港からの帰宅になります。

さて、明日から1泊2日で沖縄に行って来ます。

次回の更新は沖縄からの帰りの日なので予約投稿になりますm(__)m

おこしやす!(188)  コメント(33) 
共通テーマ:旅行

津和野 森鴎外 [国内旅行]

今回のツアーは弾丸なので、萩は1時間半

なので松陰神社とかも寄らずに萩からバスで津和野に向かいます。

萩は山口ですが津和野は島根になるので、またバスで1時間半程度の移動で、結構移動の多いツアーです。

そして津和野に到着し、向かったのは森鴎外の生誕の地です。

0519_01.jpg

現地のツアーガイドに連れられて説明を受けていますがそこにやって来たのはニャンコです。

かなり人に慣れているのでツアー参加者の足下を触りながら歩いています。

0519_02.jpg

森鴎外の生まれた住居ですが立派な家です。

0519_03.jpg

中にも少し入れます

0519_04.jpg

なので奥に進むと部屋が沢山あります。

0519_05.jpg

その後裏に回ると立派な桜がありますが、この桜は舞姫と言う名前が付いていました(^^)

0519_06.jpg

森鴎外の肖像も飾られていました。

0519_07.jpg

そしてここは幼少の頃に森鴎外が勉強をした部屋です。

0519_08.jpg

そして見学も終わり山の中腹に鳥居がありますが前々回紹介しました元乃隅稲成神社はここの神社から分祀されたので、こちらも太鼓谷稲成と言い稲荷の文字が稲成と同じです(^^)

0519_09.jpg

その反対の山には津和野城跡の石垣も見えました(^^)

0519_10.jpg

次回も津和野を紹介します(^^)

おこしやす!(184)  コメント(24) 
共通テーマ:旅行

2度目の萩 [国内旅行]

ツアーは元乃隅稲成神社を見た後はバスで1時間半かけて向かうのが萩になります。

山陰地方は高速道路が整備されていないところが多いので、一般道をひたすら走るので時間がかかります。

今回向かう萩・津和野ですが高校の時の修学旅行で行ったきりで記憶が殆どありません。

バスが萩に到着したのはお昼頃で、1時間半の自由散策と勝手にお昼を食べてと言うもの。

萩って見て廻るところは以外と狭くて白壁の街並みが続きます。

0517_01.jpg

途中には高杉晋作や伊藤博文が勉強した場所があったり

0517_02.jpg

木戸孝允の生誕の地があったり

0517_03.jpg

木戸孝允の住宅があったりと、明治維新の歴史を見ることができます。

0517_04.jpg

ここは家を見るのは無料なので入ってみました!

当時の家が残されています。

0517_05.jpg

そして木戸孝允の銅像もおかれていました。

0517_06.jpg

またお店とかも昔の雰囲気をのこしているのをそのまま使っています。

0517_07.jpg

ここは名前を知らないですが、住宅跡地ですが入りません(^^)

0517_08.jpg

そして萩は夏みかんが有名で所々の家の庭にも沢山なっていました(^^)

0517_09.jpg

蔵などもありますが、40年前に来たときの風景は全然覚えていません(笑)

0517_10.jpg

0517_11.jpg

昔の日本の街並みが並んでいますが、ブロックで言うと3ブロックだけが古い街並みです。

0517_12.jpg

ここは高杉晋作の生誕の家でした

0517_13.jpg

横から入れる様になっていて

0517_14.jpg

中には高杉晋作の銅像もありました

0517_15.jpg

そしてお昼なのですが、僕はお弁当を注文していたのでバスの中でお弁当を頂きます(^^)

0517_16.jpg

美味しく頂きました(^^)

短い時間で萩を散策しましたが、高校の時に来た記憶は全くよみがえりませんでした(笑)

おこしやす!(189)  コメント(31) 
共通テーマ:旅行

ツアー2日目スタート [国内旅行]

宿泊したルートインですが、クラブツーリズムだけで120名以上の参加者が宿泊しているので、朝食会場は30分ずつずらしての食事になります。

朝食はバイキングですが焼きそばにベーコン、サラダに味噌汁です。

0515_01.jpg

ビジネスホテルなので食事は期待していません(^^)

バスで最初に向かったのは角島で角島大橋は車のCMでも使われる所です。

道の駅で休憩しますがこの日は風が強くて波だっています。

0515_02.jpg

風が無ければ角島ブルーと言われる綺麗な海が見えたのに残念です。

0515_03.jpg

鳥も飛んでいました。

0515_04.jpg

バスの車窓から角島大橋を渡って戻ります。

0515_05.jpg

0515_06.jpg

そしてバスは次の場所に向かいます。

到着したのは元乃隅稲成神社です。

通常稲荷と書くのですが、この神社は稲成と書きます。

0515_07.jpg

下から鳥居が続いています。

0515_08.jpg

神社の由来が書かれています。

0515_09.jpg

昭和30年に島根県津和野町太鼓谷稲成から分霊された神社とされています。

0515_10.jpg

横からも入れるので上から鳥居を撮影します。

0515_11.jpg

狛狐も愛嬌があります。

0515_12.jpg

0515_13.jpg

本殿は小さな稲荷です。

0515_14.jpg

そして鳥居の上に賽銭箱があり、10円玉を投げて入れている人が沢山いました(^^)

0515_15.jpg

鳥居の下からは登らなかったです。

0515_16.jpg

その後トイレに行くのに海岸の方に向かいます。

0515_17.jpg

海にコンクリートが築かれていて波がぶつかって大きな音を立てていました。

0515_18.jpg

そしてバスで次に向かうのは萩ですが、次回に続きます(^^)

おこしやす!(186)  コメント(33) 
共通テーマ:旅行

錦帯橋で夕食 [国内旅行]

錦帯橋でシロヘビや鵜をみた後はまたもや錦帯橋を戻って渡ります。

これは、錦帯橋の入り口にある所で早めの夕食になるためです。

戻る途中で少し変わった桜が咲いていました。

0513_01.jpg

この桜は虎の尾桜と言うみたいで満開に近いのがこの木だけでした!

0513_02.jpg

桜はどの種類も下を向いて花を咲かせるので見る人が上を見ると綺麗に見えるとの事です。

0513_03.jpg

そして戻りの錦帯橋です。

0513_04.jpg

渡り終わって近くから撮影してみます。

0513_05.jpg

真下から撮影です。

0513_06.jpg

そして一番ある錦帯橋の風景です。

0513_07.jpg

その後反対側から

0513_08.jpg

こちらからの風景はあまりないかも?

0513_09.jpg

そうしていると集合時間の5時で夕食になります。

お昼は1時過ぎに牡蠣を11個も食べているのでお腹が空いていません!

でも岩国名物の岩国寿司御膳で大きな押し寿司です。

0513_10.jpg

それに加えて天麩羅と

0513_11.jpg

うどんも付いて来ます。

0513_12.jpg

半分残してお店を出るとお寿司の模型がありました(^^)

0513_13.jpg

そしてツアーはバスで1時間半かけて宿泊地の宇部に向かいます。

ホテルはルートインだったので撮影しないでお風呂に入ってビールです(^^)

0513_14.jpg

ルートインなので、朝食も残念ですが、それは次回です(^^)

おこしやす!(198)  コメント(28) 
共通テーマ:旅行

岩国錦帯橋と白蛇 [国内旅行]

クラブツーリズムのツアー名ですが「安芸の宮島にたっぷり3時間滞在、萩・津和野・錦帯橋2日間」という名前のツアーで宮島はフェリーなどの時間も含めてなので、実質は2時間強の滞在でした!

そして次に向かったのが山口県の岩国市にある錦帯橋です。

錦帯橋は噂では釘を使っていないと言われることが多いのですが、釘などは2万本ほど使っているとの事です。

0511_01.jpg

そして橋を渡りますが真ん中にも釘やくさびが沢山使われています。

0511_02.jpg

錦帯橋は太鼓橋みたいなので登ったり降りたりの繰り返しです。

0511_03.jpg

橋の中央から川を撮影しますが、この川は錦川と言われています。

0511_04.jpg

また枝垂れ桜ですがまだ少し桜を見ることが出来ました。

0511_05.jpg

その後錦帯橋から岩国城に登る所にある岩国シロヘビの館に入って見ることに!

最初は江戸時代にシロヘビが現れたのを再現している模型がありました。

0511_07.jpg

そして実際にシロヘビがいました。

シロヘビはおとなしいとの事で殆ど動かないので最初模型?っておもいましたが、舌をペロペロ出していました。

0511_08.jpg

石の間にもいました。

0511_09.jpg

そして鉢の中に頭を隠しているシロヘビもいました。

0511_10.jpg

石の所にいたヘビを後ろからも撮影してみました。

0511_11.jpg

そしてシロヘビの館の横に無料で入れるところがあったので入って見たら鵜飼いの施設で以外と日本では色んな所で行われています。

0511_12.jpg

この錦帯橋でも鵜飼いが行われているみたいです。

0511_13.jpg

外に出てみると鵜飼いの鵜が檻の中に沢山いました!

0511_15.jpg

錦帯橋はもう1回続きます(^^)

おこしやす!(185)  コメント(36) 
共通テーマ:旅行

宮島をぶらり [国内旅行]

厳島神社を見学した後は1時間半の自由時間でまずは小腹が空いたので宮島のメイン通りに向かいます。

すると宮島名物の大しゃもじがあります。

0509_01.jpg

そしてこのしゃもじの前にあるお店で焼き牡蠣を頂きます。

牡蠣はこんな感じで沢山焼いています。

0509_02.jpg

牡蠣は1皿に2個なので結局6個食べました。

0509_03.jpg

また別なお店では蒸し牡蠣のポン酢添えでネギもタップリです。

牡蠣が5個入って450円です。

0509_04.jpg

その後、厳島神社の横にある豊国神社に向かいます。

ここは千畳閣と言う建物と五重塔があり、この五重塔が作られたのは応永14年(1407)に建立されたそうです。

0509_05.jpg

そしてその横には千畳閣があります。

この千畳閣は入母屋造りの大伽藍で857畳の畳を敷くことができるそうです。

ちなみに千畳閣ですが1587年に豊臣秀吉の命で建立が始まりましたが秀吉の死で未完成のまま現在に至っています。

0509_06.jpg

0509_07.jpg

中に入ってみるとこんな感じで四方八方が開いた状態になっています。

0509_11.jpg

天井には東西南北と干支が記されたものがありました。

0509_08.jpg

また四方が開いているので飾られたものも風化が進んでいます。

0509_09.jpg

そしてここが豊国神社になります。

0509_10.jpg

ここは少し高台にあるので海もよく見えます

0509_12.jpg

ここから階段で降りますが厳島神社が下にみることが出来ます。

0509_13.jpg

そんな感じで楽しんだ宮島ですが、大鳥居をみて集合場所に戻ります。

0509_14.jpg

この後は山口県にある次の場所に向かいます。

おこしやす!(183)  コメント(32) 
共通テーマ:旅行

クラブツーリズムで広島山口旅行 [国内旅行]

4月7日から8日までクラブツーリズムで広島の宮島と萩・津和野へ1泊2日で出かけてきました!

申し込んだのは1月でちょうど桜が見頃かな?って思ったのですが、今年は桜が早かったので桜がチョット残念でした。

羽田から向かうのですがこの日はANA!

クラブツーリズムの場合JALだと無記名の搭乗券になるので、マイルがつかないのですが、ANAの場合は記名なのでANAのカウンターでマイル付けをして貰いA4で印刷された紙から搭乗券にかわりました。

0507_02.jpg

そして早速ANAのラウンジでモーニングビールです(^^)

0507_01.jpg

そして朝食代わりにマイセンのカツサンドを購入して機内で食べます。

0507_03.jpg

ツアーで座席指定は出来なかったのでこの日は通路側!

なので飛行機からの写真はありません(^^)

そしてバスで向かうのですが、バスの正面には2のマークが!

今回のツアーは桜を期待しての申し込みが多かったのでバス3台で時間をずらして向かうとの事です。

0507_04.jpg

バスで広島空港から最初に向かったのは宮島で、フェリーで宮島桟橋まで到着です。

0507_05.jpg

地元の案内人に連れられて向かうのですが宮島というと鹿で色々な所にいます。

0507_06.jpg

途中紅葉まんじゅうを貰えるお店の前にスタバがあったので撮影しますが、宮島は日本人観光客より外人の方が多いみたいです。

0507_07.jpg

そして宮島と言うと厳島神社ですが本当に外人が多いです。

0507_08.jpg

そして厳島神社に入りますが中央では結婚式が行われていました。

0507_09.jpg

この日は満潮に近かったので鳥居は海水に浸かっています。

0507_10.jpg

0507_11.jpg

五重塔も良く見えます。

0507_12.jpg

そして本殿を真正面から撮影してみます。

0507_13.jpg

その後、能舞台ですが、iPhoneで撮影しているのであまり寄れませんでした。

0507_14.jpg

この後も宮島を散策します(^^)

おこしやす!(189)  コメント(32) 
共通テーマ:旅行

ワンダーエアポート 久米島空港と東京に戻ります。 [国内旅行]

久米島ツアーも結構アッサリと観光も終わり、久米島空港に到着したのは17時

帰りの飛行機のチケットを貰い、その後は搭乗まで自由時間で那覇空港行きの飛行機は18:30発です。

なので、久米島空港を紹介します。

ちなみに、昔からお越し頂いている方はご存じだと思いますが、空港を紹介するときのタイトルはワンダーエアポートとなります。

これは4年ほど前にBS日テレで放送されていたワンダーエアポートと言う番組があり、世界の空港を紹介する番組にならってワンダーエアポートを使っています。

なのでYAHOOとかの検索エンジンで「ma2ma2 so-net ワンダーエアポート」で検索すると過去に紹介したページが沢山出てきます(^^)

さて、久米島空港ですがカウンターはJTAとRACのカウンターしかありません。

0819_01.jpg

那覇からJTAが1便、それ以外はRACになります。

ちなみに、8月の期間だけ東京から久米島までの直行便がJTAで飛んでいます(^^)

お土産売り場はありますが、JALなどのお店は無く、地元のお店がお土産屋をやっています。

0819_02.jpg

僕は久米島の味噌クッキーを買ってきました(^^)

ご飯とかを食べる所はここ一軒だけあります。

また久米島は楽天EAGLESがキャンプで来るみたいで、島の至る所に楽天のものがありました。

0819_03.jpg

そして空港のターミナル中央には何故か船があります。

0819_04.jpg

久米島空港はお店も保安検査や待合室も全て1Fにあります。

マッサージルームもあります(^^)

0819_05.jpg

こちらは到着出口です(^^)

0819_06.jpg

そしてエスカレータで2Fに上がると展望デッキで何もありませんでした。

0819_07.jpg

滑走路を見てみますが飛行機はいません。

0819_08.jpg

またマッサージチェアがありましたが殆ど人の来ないデッキにあり、使う人いるのだろうか?

0819_09.jpg

そして保安検査場を抜けて待合室ですが、RACの場合50人乗りの飛行機か70人乗りの飛行機なので結構空いています。

0819_10.jpg

その後帰りの飛行機がやって来ますが、20分遅れでの出発です。

那覇までは30分の飛行ですが窓側の席です。

0819_11.jpg

そして離陸ですがInstagramなアップしました


そして那覇までの途中には慶良間諸島にある座間味島と奥には渡嘉敷島です。

0819_12.jpg

そうこうしていると那覇空港に着陸です。

着陸の模様もInstagramにアップしています。


そして乗ってきた飛行機は行きと同じBombardierのDHC8 Q300でした。

0819_13.jpg

そして帰りに乗る飛行機が駐機しています。

0819_14.jpg

久米島からの飛行機が遅れたので、乗り換え30分しか無くラウンジでビールが出来ません(笑)

すぐに飛行機に乗り込みますがツアーだとこんな後ろです(^^)

0819_15.jpg

飛行機では500円でオリオンビールを飲んじゃいます。

0819_16.jpg

そして飛行機は東京に近づき無料wi-fiでフライトレーだを見てみます。

0819_17.jpg

そんな感じで楽しんだ久米島ツアーでした。


さて、8月12日にANA37便が羽田に緊急着陸しました。
偶然FlightRadarでスコーク7700を受け取ってANA機が伊豆の上空で引き返しているとの事を見ましたがまさかこんな大騒ぎになるとは思いませんでした。
ちなみにスコーク7700は飛行機がエマージェンシーを起こしたときで、7600は無線のトラブル、そして7500はハイジャックと決められています。
そこで、色々調べて見ると今回のANA37便と32年前の8月12日に起こったJAL123便の御巣鷹山への墜落事故の共通点が多いのでビックリしました。
それは32年前JAL123便 羽田から伊丹に飛び立つのが18:00です。
そして今回のANA37便も18:00に羽田を出発して大阪伊丹に向かう飛行です。
その後JAL123便が伊豆大島上空で18:24にスコーク7700を発信、この時は圧力隔壁が壊れて一気に室内の空気が押し出されて垂直尾翼と油圧のコントローラーが操縦不能になりました。
そして今回のANA37便は同じ場所で同じ18:24にスコーク7700を発信し、機内の気圧が下がり優先で羽田への着陸をリクエストした時間が同じです。
その後JAL123便が御巣鷹山に墜落したのが18:56ですが、ANA37便が無事に羽田に着陸した時間が18:56と奇妙なぐらいに同じ時間と同じ日に起きた偶然です。
これはJAL123便で犠牲になった方がANAを救ってくれたのではないでしょうか?
ちなみに8月12日は日本では飛行機のトラブルが多い日みたいで、昨年は20便以上がANAで荷物を積まずにトラブルになった日でした。
不思議な一致が起きましたが、JAL123便以降は日本の大きな航空会社では死亡事故が一切起こっていません!
これからも空の安全を守って欲しいですねm(__)m

本日19日(土)は朝からお出かけでANA機に乗って(チョット心配(笑))JRで夜に帰って来ますので、皆さんの所には夜か翌日にお邪魔させて頂ければと思いますm(__)m

おこしやす!(194)  コメント(39) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 国内旅行 ブログトップ