So-net無料ブログ作成
国内旅行 ブログトップ
前の10件 | -

ワンダーエアポート 久米島空港と東京に戻ります。 [国内旅行]

久米島ツアーも結構アッサリと観光も終わり、久米島空港に到着したのは17時

帰りの飛行機のチケットを貰い、その後は搭乗まで自由時間で那覇空港行きの飛行機は18:30発です。

なので、久米島空港を紹介します。

ちなみに、昔からお越し頂いている方はご存じだと思いますが、空港を紹介するときのタイトルはワンダーエアポートとなります。

これは4年ほど前にBS日テレで放送されていたワンダーエアポートと言う番組があり、世界の空港を紹介する番組にならってワンダーエアポートを使っています。

なのでYAHOOとかの検索エンジンで「ma2ma2 so-net ワンダーエアポート」で検索すると過去に紹介したページが沢山出てきます(^^)

さて、久米島空港ですがカウンターはJTAとRACのカウンターしかありません。

0819_01.jpg

那覇からJTAが1便、それ以外はRACになります。

ちなみに、8月の期間だけ東京から久米島までの直行便がJTAで飛んでいます(^^)

お土産売り場はありますが、JALなどのお店は無く、地元のお店がお土産屋をやっています。

0819_02.jpg

僕は久米島の味噌クッキーを買ってきました(^^)

ご飯とかを食べる所はここ一軒だけあります。

また久米島は楽天EAGLESがキャンプで来るみたいで、島の至る所に楽天のものがありました。

0819_03.jpg

そして空港のターミナル中央には何故か船があります。

0819_04.jpg

久米島空港はお店も保安検査や待合室も全て1Fにあります。

マッサージルームもあります(^^)

0819_05.jpg

こちらは到着出口です(^^)

0819_06.jpg

そしてエスカレータで2Fに上がると展望デッキで何もありませんでした。

0819_07.jpg

滑走路を見てみますが飛行機はいません。

0819_08.jpg

またマッサージチェアがありましたが殆ど人の来ないデッキにあり、使う人いるのだろうか?

0819_09.jpg

そして保安検査場を抜けて待合室ですが、RACの場合50人乗りの飛行機か70人乗りの飛行機なので結構空いています。

0819_10.jpg

その後帰りの飛行機がやって来ますが、20分遅れでの出発です。

那覇までは30分の飛行ですが窓側の席です。

0819_11.jpg

そして離陸ですがInstagramなアップしました


そして那覇までの途中には慶良間諸島にある座間味島と奥には渡嘉敷島です。

0819_12.jpg

そうこうしていると那覇空港に着陸です。

着陸の模様もInstagramにアップしています。


そして乗ってきた飛行機は行きと同じBombardierのDHC8 Q300でした。

0819_13.jpg

そして帰りに乗る飛行機が駐機しています。

0819_14.jpg

久米島からの飛行機が遅れたので、乗り換え30分しか無くラウンジでビールが出来ません(笑)

すぐに飛行機に乗り込みますがツアーだとこんな後ろです(^^)

0819_15.jpg

飛行機では500円でオリオンビールを飲んじゃいます。

0819_16.jpg

そして飛行機は東京に近づき無料wi-fiでフライトレーだを見てみます。

0819_17.jpg

そんな感じで楽しんだ久米島ツアーでした。


さて、8月12日にANA37便が羽田に緊急着陸しました。
偶然FlightRadarでスコーク7700を受け取ってANA機が伊豆の上空で引き返しているとの事を見ましたがまさかこんな大騒ぎになるとは思いませんでした。
ちなみにスコーク7700は飛行機がエマージェンシーを起こしたときで、7600は無線のトラブル、そして7500はハイジャックと決められています。
そこで、色々調べて見ると今回のANA37便と32年前の8月12日に起こったJAL123便の御巣鷹山への墜落事故の共通点が多いのでビックリしました。
それは32年前JAL123便 羽田から伊丹に飛び立つのが18:00です。
そして今回のANA37便も18:00に羽田を出発して大阪伊丹に向かう飛行です。
その後JAL123便が伊豆大島上空で18:24にスコーク7700を発信、この時は圧力隔壁が壊れて一気に室内の空気が押し出されて垂直尾翼と油圧のコントローラーが操縦不能になりました。
そして今回のANA37便は同じ場所で同じ18:24にスコーク7700を発信し、機内の気圧が下がり優先で羽田への着陸をリクエストした時間が同じです。
その後JAL123便が御巣鷹山に墜落したのが18:56ですが、ANA37便が無事に羽田に着陸した時間が18:56と奇妙なぐらいに同じ時間と同じ日に起きた偶然です。
これはJAL123便で犠牲になった方がANAを救ってくれたのではないでしょうか?
ちなみに8月12日は日本では飛行機のトラブルが多い日みたいで、昨年は20便以上がANAで荷物を積まずにトラブルになった日でした。
不思議な一致が起きましたが、JAL123便以降は日本の大きな航空会社では死亡事故が一切起こっていません!
これからも空の安全を守って欲しいですねm(__)m

本日19日(土)は朝からお出かけでANA機に乗って(チョット心配(笑))JRで夜に帰って来ますので、皆さんの所には夜か翌日にお邪魔させて頂ければと思いますm(__)m

おこしやす!(194)  コメント(39) 

ミーフガーからおばけ坂、五枝の松で観光終了 [国内旅行]

比屋定バンタから距離で約4Kmほどの所にある久米島のパワースポットと言われるミーフガーに向かいます。

バスでやはり15分ほどで到着しちゃいます。

ミーフガーは海岸の所にあるので、久米島の周回道路から横に入ると久米島のグスクの具志川城址で、最近やっと文化庁から予算がでて修復が始まった所との事です。

0817_01.jpg

この具志川城は沖縄本島の糸満市にもありますが、それとは別なものになります。

そして海岸までバスで向かいます。

0817_02.jpg

そしてパワースポットのミーフガーです。

人の大きさから岩の大きさが判ります。

0817_03.jpg

そのすぐ横は海です。

0817_04.jpg

近づいて見ると結構迫力があります。

0817_05.jpg

そう言えば沖縄の斎場御嶽(せいふぁーうたぎ)も大きな岩が重なっていました。


そして後ろを振り返ると具志川城の岩場も見えます。

0817_06.jpg

その後、ツアーが向かったのはやはり、10分ほどの場所にあるおばけ坂になります。

しかし、バスでの移動が10分から15分ですぐに到着しちゃうのでバスのエアコンも利きが悪いです(笑)

0817_07.jpg

このおばけ坂ですがこんな所です。

バスから見ると前方に下っているように見えます。

0817_08.jpg

ところがここは実は上り坂になっていて、バスが途中で停止してブレーキを話すと後ろに下がっていきます。

丁度バスのエアコンの水が左側についているのが見えますが、バスが下がっていくのでこのように前方に見えます。

0817_09.jpg

そしてバスはUターンして戻って来ます。

今度は上り坂に見えますが下りです。

0817_10.jpg

バスはニュートラルにギアを入れてブレーキ離すと前に進んでいきます。

0817_11.jpg

バスから降りて歩いてみますが下りに見えます(^^)

0817_12.jpg

YouTubeにホイール(この坂においてある)の転がる動画がありました。


そしておばけ坂から向かったのは五枝の松と言う所!

0817_13.jpg

この五枝の松は樹齢250年の琉球松だそうです。

0817_14.jpg

結構立派な枝振りですが一部が火災で燃えちゃったらしいです。

0817_15.jpg

そして五枝の松から空港までは10分ほど

3時間もかからずに久米島観光は終了です

0817_16.jpg

ここからは那覇経由で東京に戻るだけですが、もう1回続きます(^^)

おこしやす!(188)  コメント(36) 

奥武島(おうじま)から比屋定(ひやじょう)バンタへ [国内旅行]

久米島の島内ツアーは14:00からスタートです!

バスでホテルを出発して最初の場所に到着するまでは15分ほどです。

0815_01.jpg

ホテルを出て橋を渡るとすぐに到着するのは奥武島と言う所です。

0815_02.jpg

久米島から橋で結ばれた小さな島です。

0815_03.jpg

ここは畳石と言うものがあり、国指定の天然記念物になっています。

海岸に行くとこのような風景が広がっています。

0815_04.jpg

丁度引き潮だったのでそのまま畳石に下りることが出来ます

0815_05.jpg

横には説明もあります。

0815_06.jpg

下りてみるとこんな感じで5角形や6角形の石が一面にあります。

0815_07.jpg

これは安山岩質の溶岩がゆっくり冷えて岩石になる時に割れ目ができる柱状節理と呼ばれるもので世界でも珍しいものらしいです。

0815_08.jpg

別名はカメの甲羅に似ている事から亀甲岩とも言われています。

場所的にイーフービーチのすぐ隣だと言うことが判ります。

0815_09.jpg

また何故か浦島太郎と乙姫の銅像がありました(^^)

0815_10.jpg

それは浦島館が有るからみたいです(笑)

0815_11.jpg

20分の見学の後に向かうのはバスで10分ほどの所にある比屋定バンタと言う展望台です。

0815_12.jpg

場所はこんな所です

0815_14.jpg

展望台はこんな感じで、標高は200mほどの高さの所にあります。

0815_16.jpg

ここからの風景ですが、右奥には朝に訪れたはての浜も見ることが出来ました。

0815_13.jpg

そして反対側の風景ですが、こうして見ると久米島はイーフービーチ以外は岩場が多いと思います!

0815_15.jpg

この後は久米島のパワースポットに向かいますが次回に続きますm(__)m

おこしやす!(188)  コメント(26) 

ホテルでのんびりとお昼も車エビ [国内旅行]

はての浜を朝一番で見学した後はホテルに戻り、レイトチェックアウトでホテルでのんびりしています。

テレビを見ていると地震速報ですが、沖縄だと震度1でも地震速報が流れます!

0813_01.jpg

そしてチェックアウト時間になり、チェックアウトをするとお昼の時間!

ツアの2日目のバススタートまであと2時間あるので、ホテルに荷物を預かって貰い、ホテルで食事をすることにします。

ホテルにはブルーマリーンの尻尾と角も飾られています。

0813_02.jpg

食事ですがホテルのレストランで頂きます。

0813_03.jpg

外でも食べられるみたいですが暑いので室内で頂きます

0813_04.jpg

お水を持ってきて貰い、注文するのは車エビのピラフで、前日から車エビオンパレードです!

0813_05.jpg

外を見ながら料理が来るのをまっています。

0813_06.jpg

最初にサラダです!

0813_07.jpg

ドレッシングも一緒に出されます!

0813_08.jpg

またスープは朝も飲んだオニオンスープです(^^)

0813_09.jpg

そしてメインの車エビピラフでピラフにフライの車エビが2匹載っています。

頭から美味しくいただきました(^^)

0813_10.jpg

そして食後にアイスコーヒーも美味しくいただきました!

0813_11.jpg

そして集合時間まで1時間近くあるので、少しぶらつきます。

このイーフービーチホテルがあるところが久米島の繁華街との事ですが、結構寂しいかもしれません!

0813_12.jpg

昔は人気のホテルかも?

そしてこれは個人宅のポストです。

0813_13.jpg

またペンションなんかもあったりしますが、人通りが昼間だと殆どありません!

0813_14.jpg

また沖縄に行くと色んな所でこの文字を見ることが多いです。

0813_15.jpg

これは石敢當と書いていしがんどうと読みます。

これは沖縄ではよく見る魔除けの文字で、鹿児島なんかでも見ることが出来ます。

また何故この名前を付けたのだろうと思うお店で亀吉です(^^)

0813_16.jpg

そしてまた石敢當の文字です

0813_17.jpg

そうして、14時に近くなり、バスでの島内観光が始まります。

しかし、このツアーはまる一日はほったらかし(移動と自由時間で朝2時間はての島を観光しただけ)のツアーでしたがこれからが本格観光になります(^^)

おこしやす!(190)  コメント(32) 

はての浜 [国内旅行]

翌日は朝8時半に集合なので、朝7時に朝食を食べに行きます。

食事はバイキングですが、あまり取らずに軽く食べられる程度にします。

サラダとポテトにベーコンです!

0811_01.jpg

そしてカレーがあったので朝カレーを頂きますが、ご飯は半膳ほどにしておきます。

0811_02.jpg

またスープはオニオンスープを頂きました(^^)

0811_03.jpg

そしてマイクロバス(ツアー参加者は15人ほど)でホテルから15分ほどの場所に向かいます。

0811_04.jpg

ここから船に乗り換えです。

0811_05.jpg

乗った船はこんな感じです

0811_06.jpg

ツアーによっては漁船見たいので向かうのもあるみたいで、途中すれ違った船は跳ねる水でバスタオルを体にまとっていた船もありましたが、この船は屋根も着いています。

船はグラスボートなのですが、海中を楽しむものではありません!

0811_07.jpg

波が跳ねるほどの全速で走っています。

0811_08.jpg

そして15分ほどで到着したのはこんな所です。

0811_09.jpg

ここは久米島の沖合にある「はての浜」と言う所で小さな砂浜の島。

0811_10.jpg

ハワイにもサンドバーと言う海の中で立てる場所もありますが、国内でこういう所があるのは知らなかったです。

0811_11.jpg

横幅は100mも無い白い砂浜の島です!

0811_12.jpg

はての浜にはトイレが一つだけあります!

0811_13.jpg

その他は白い砂だけです!

0811_14.jpg

そしてパラソルを貸し出しているのがありますが、それ以外は綺麗な浜です!

0811_15.jpg

滞在時間は30分ほどで、ツアーはホテルに戻ります。

ホテルのチェックアウトは11時ですが、1時間のレイトチェックアウトにしてホテルの部屋でオリオンビールを飲みます。

0811_16.jpg

そしてベランダでオリオンのロング缶です(^^)

0811_17.jpg

そしてツアーは14時集合でバスで島内の見学になりますが、それまでは自由時間!

ちなみに、久米島から那覇に戻る飛行機は18:30で3時間でも島内観光が出来ちゃいます(^^)

この後はツアー集合までご飯を食べてチョット街をブラ歩きますが、次回に続きます。

おこしやす!(195)  コメント(38) 

久米島で車エビ [国内旅行]

今回の久米島ツアーで宿泊するホテルですが、ツアーのデフォルトはリゾートホテル久米島アイランドですが、ホテルのアップグレードも出来ます。

トリップアドバイザーなどで見てみると部屋が1階とかだとチョット残念なレポートが多かったので、アップグレード(4000円アップ)して宿泊するのはイーフービーチホテルにしました。

0809_01.jpg

EEFでイーフーになるのでした!

久米島は小さな島なので、ホテルは数件しか無く、イーフービーチホテルも3階建ての可愛いホテルです。

0809_02.jpg

ロビーも木の床でなんか南国のリゾートって感じです。

0809_03.jpg

部屋は2階だったので階段で部屋に向かうと(エレベータもあります)階段の踊り場も木の床にランプで良い雰囲気が出ています。

0809_04.jpg

部屋はツインルームでそれなりに広い部屋でした。

0809_05.jpg

バスルームも普通の感じで、悪い感じではないです(^^)

0809_06.jpg

テレビで天気予報を見ると翌日も良い天気みたいです(^^)

0809_07.jpg

そしてホテルから歩いて5分ほどの所にあるファミマで買ってきたビールで一息つきます。

ちなみに久米島にはファミマは2店舗しかありません(^^)

0809_08.jpg

喉も潤って(羽田でも那覇でもラウンジでビールでしたが(笑)

少しビーチに出てみますが、部屋の鍵は少しくたびれた魚のキーホルダーがついていました(^^)

0809_09.jpg

ホテルはイーフービーチに面していてホテルから出るとすぐにビーチです。

6月なので日は長くなっていてこの時間で18時過ぎですが、まだ明るいです(^^)

0809_10.jpg

ホテルはこんな感じで全ての部屋がオーシャンビューです(^^)

0809_11.jpg

そして19時からはホテルで夕飯ですが、久米島は沖縄で一番の車エビの養殖地です。

なので、夕飯を1200円プラスして車エビ御膳にしてみました。

料理が来る前にはやはりオリオンビールの生を頂きます(^^)

0809_12.jpg

ちなみに、この日は羽田でビール2杯、那覇空港でビール2杯、そしてホテルでオリオンビールを飲んでいるのでこのビールで合計2リットルぐらいかも(^^)

その後出てきたのはこんな感じです。

0809_13.jpg

ご飯は車エビ2匹の天ぷらです。

0809_14.jpg

メインは車エビ2匹の焼いたもの

0809_15.jpg

それとお刺身です。

0809_16.jpg

お椀は写真載せませんがタマゴスープでした。

車エビは頭も全て食べられる柔らかさでした(^^)

その後部屋に戻りコンビニで買っていた一番搾りの沖縄に乾杯です。

ちなみに製造工場は福岡工場でした(^^)

0809_17.jpg

その後は泡盛では無く東京から持ってきた白霧島でした(^^)

0809_18.jpg

そんな感じで久米島1日目は過ぎてゆきました(^^)

翌朝は8時半にホテルを出発ですがチェックアウトはしません!

おこしやす!(188)  コメント(34) 

那覇から久米島へ [国内旅行]

前回、羽田から那覇空港に向かう飛行機の途中で終わりましたが、それは沖縄に向かう飛行機の左側の座席だったからで、那覇まで向かう場合、羽田から名古屋まで海の上を飛行し、その後紀伊半島を右に見ながらそのまま那覇に向かいます。

この為、左側の座席だと殆ど海か雲しか見れません(^^)

そして普通那覇空港は北風運用の事が多く、その場合沖縄の左側を飛ぶため殆ど地上も見れませんが、この日は南風運用なので、その場合左側の座席から沖縄の風景を楽しめます。

沖縄が近づき見えてくるのは与論島で、この先が沖縄になります。

ちなみに与論島は鹿児島県になります(^^)

0807_01.jpg

与論を過ぎると伊平屋島が見えて来ます。

普段はここから左に旋回して沖縄本島の反対側になるのですが、この日はそのまま南に飛行していきます。

0807_02.jpg

沖縄本島に近づくと古宇利島が見えて来ました。

0807_03.jpg

古宇利島を過ぎると見えてくるのが瀬底島で、近くには美ら海水族館もあります。

0807_05.jpg

遠くに普天間基地も見えて来たので写真を撮影しましたが、写真だと判りづらいです(笑)

0807_06.jpg

そして那覇空港に着陸です。




那覇空港のJAL側ターミナルに到着です。

0807_07.jpg

那覇空港ではクラブツーリズムの現地添乗員が向かえに来ていて、乗り継ぎの案内があり、1時間の乗り継ぎ時間があります。

0807_08.jpg

なので、向かうのは那覇空港の新しくなったサクララウンジです。

0807_09.jpg

以前はこの入り口を入るとすぐに座席でしたが通路になっていました。

0807_10.jpg

サクララウンジではオリオンビールを頂きます(^^)

0807_11.jpg

そしてビールで一息です(^^)

0807_12.jpg

そうしてビールを楽しんでいると久米島に行く飛行機の時間になります。

バスで飛行機に向かいます。

0807_13.jpg

そして飛行機に搭乗です(^^)

乗るのは琉球エアコミューターで初めてのRAC搭乗です!

0807_14.jpg

ちなみに、乗る飛行機はBombardier DHC-Q300ですが、この飛行機暑いです!

エンジンでプロペラが回るとやっと冷房の風が出てきますが、沖縄の暑さではなかなか涼しくならずに乗客みな汗をかいて飛行機にのっています。

中では先島諸島の案内が配られました。

0807_15.jpg

そして那覇から久米島の飛行時間は30分なのですぐに到着です。

0807_16.jpg

久米島は小さな島で、観光は翌日になります。

0807_17.jpg

バスでホテルに向かい、この日は終了です。

なので、ツアーと言っても1日目は移動の旅でした(^^)

おこしやす!(206)  コメント(43) 

久米島ツアースタート [国内旅行]

オーストラリアの旅行レポもやっと終わった所ですが、レポをしている間に6月の初旬の土日でクラブツーリズムが主催する久米島ツアーに行って来ました!

久米島は球美の島とも言われる所で、本当は昨年の9月にツアーを申し込んだりしていたのですが、なんだかんだで結局この時期になりました。

そしてツアーだと早朝出発なのですが、本来このツアーは初日早くて翌日早めに帰るのですが、スケジュールの変更で初日はゆっくりのスタートです!

なので、土曜日の8時以降は羽田の駐車場は満車になってしまうので向かうのは電車です。

池袋から品川に向かい、そこから京急で羽田に向かいます。

0805_01.jpg

そして羽田空港は第1ターミナルでツアーデスクに向かいます。

0805_02.jpg

チケットを貰いますが、クラブツーリズムの場合JALだと無記名の為マイルが積算されません!

0805_03.jpg

座席も19Dで中央席の通路側です。

那覇から久米島まではRAC(Ryukyu Air Commuter)で向かいます。

0805_04.jpg

ちなみにこのRACの座席は非常口扱いの席です。

0805_05.jpg

ちなみに、JALは無記名でマイルの積算は出来ませんが、このカードを見せて手続きするとラウンジは使えます

0805_06.jpg

JGC(JAL GLOBAL CLUB)のカードです(^^)

そしてラウンジでビールを飲んじゃいます!

0805_07.jpg

この日はキリンを頂きました

0805_08.jpg

ラウンジでは何時もの座席で出発までの時間を潰します。

0805_09.jpg

ここから飛行機を見ていると一日いれそうです(笑)

0805_10.jpg

そして搭乗時刻になり荷物もあるので先行搭乗で荷物スペースを確保します。

今回の機体はBoeing767-300で中型機で、座席は中央です

0805_11.jpg

そしてドアクローズすると斜め前の窓側座席2つが空席!

速攻で移動しました、なので窓の外が見えます(^^)

0805_12.jpg

座席も羽の前なので視界も良いです

0805_13.jpg

そしてA滑走路に向かう途中ではANAのBoeing787-8も見えました。

0805_14.jpg




離陸すると最初に見えてくるのはアクアラインの海ほたるです!

0805_15.jpg

そしてお昼に近い時間だったので万世のカツサンドです。

0805_16.jpg

パッカとオープン

0805_17.jpg

美味しくいただきました!

またJALでは機内wi-fi無料を続けているのでエンターテーメントのアメトークを見ながら沖縄に向かいます

0805_18.jpg

今回は次回の記事でも那覇までのフライトが続きます(^^)

さて、今日は朝から夕方までお出かけなので、皆さんの所には夜にお邪魔したいと思っていますm(__)m

漆器店から上野へ [国内旅行]

渋川問屋で食事をした後に向かったのは鈴善と言う漆器店です!

このお店はお土産だけでは無く、昔の漆器とかを展示しているスペースもあり、お買い物しなくても問題無いお店です。

お店は蔵作りの建物を利用したものになっていて展示している所とお店分かれています。

0519_01.jpg

展示している所は蔵跡になっています。

0519_02.jpg

中に入ると色んな漆器が展示されていますが売り物ではありません。

0519_03.jpg


0519_04.jpg

色んな漆器が飾られています。

0519_05.jpg

漆器の事はあまり良く判りませんが、高いのは判ります!

0519_06.jpg

なぜならガラスケースに入っているからです(^^)

0519_07.jpg

こう言うお椀で出されると料理も美味しくなるのかもしれないですね!

0519_08.jpg

そんな漆器が飾られています。

0519_09.jpg

0519_10.jpg

古いものも沢山ありました

0519_11.jpg

ちなみに、売り物もあったので撮影しましたが、これが250万でした(^^)

0519_12.jpg

そして会津は蔵の街とも思いますがここも蔵を展示場にしていました。

0519_13.jpg

そして漆器を売っているお店ですが

0519_14.jpg

漆器を買わなくてもツアー客には一人一膳のお箸が貰えました!

そしてツアーは柏屋と言う福島銘菓の薄皮まんじゅうのお店でお買い物休憩して、一路東京へ向かいます。

0519_15.jpg

2日目はしっかり一番前の席になっています(当たり前ですが)

途中のトイレ休憩でバスを撮影

0519_16.jpg

その後首都高に入り上野に向かいます。

途中ではスカイツリーも綺麗に見えましたが、バスだと映り込みが(笑)

0519_17.jpg

その後バスは下車する上野と新宿に停車しますが、僕は新宿で乗って上野で降りました!

そんな感じで楽しんだ星野リゾート磐梯山温泉ホテルに17時間宿泊するツアーが終了しました(^^)

次回はまだオーストラリア旅行は始まりません(笑)

渋川問屋で昼食 [国内旅行]

鶴ヶ城を見学した後にバスで15分ほどで向かうのは渋川問屋で昼食になります。

お店は立派な昔の家って感じです。

0517_01.jpg

中は30人以上が入っても全然問題の無い部屋に通されます。

出てきた料理はこんな感じで福島の伝統的な料理って感じです。

0517_03.jpg

お品書きを見てみるとニシンの料理が多いです。

そう言えばお袋の実家が福島の郡山でしたが、ニシンの昆布巻きとかニシン料理が結構でていましたので、海から離れた中通りや会津は保存食のニシンを使った料理が多いみたいです。

0517_02.jpg

椀に入ったお新香や天ぷらもあります。

0517_04.jpg

なんか懐かしい味で福島の味は甘辛いものが多いです(^^)

食後にはお店を散策しちゃいます。

0517_05.jpg

かなりお金持ちの家だった見たいです。

家の中にこんな看板があり昔の商社だったみたいです。

0517_06.jpg

中庭に出てみると蔵がありました。

0517_07.jpg

庭には奥に鳥居が見えますが、小さな神社も有るみたいです。

0517_08.jpg

そして食事をした所と反対側ですが、家の中にも蔵があり、今は食事の部屋で使われています。

0517_09.jpg

ここの頭首は渋川善治郎という人みたいで、お酒も扱っていたみたいです。

0517_10.jpg

そして外に出てみますが渋川商店の看板もありますが、暖簾は今のお店の渋川問屋になっています。

0517_11.jpg

そして店の横にはこのお店の説明看板もありました。

0517_12.jpg

この後ツアーはもう一カ所寄ってツアーは東京に向かいますが、次回に続きます。

前の10件 | - 国内旅行 ブログトップ