So-net無料ブログ作成
ちょっと旅行 ブログトップ
前の10件 | -

最上山専称寺と帰りの新幹線 [ちょっと旅行]

文翔館から次に向かったのは最上山専称寺で、ここは1483年に願正上人が開山したと伝えられています。

浄土真宗大谷派の寺院で、江戸時代中期の木造建築物としては 東北最大級。また、出羽五ケ寺のひとつとして掲げられ、本堂大屋根の天井四隅を支え ている名工・左甚五郎作の夜鳴力士像と言われています。

0902_00.jpg

山門をくぐると本堂が見えて来ます。

0902_01.jpg

また山門の柱ですがこれは1本の柱では無く2つの木を繋いだもので、これは斜めにしか入らない様に作られたもので、これも左甚五郎が繋いだ柱と言われています。

0902_02.jpg


0902_03.jpg

専称寺の大銀杏ですが、これも立派な木です。

0902_04.jpg

そして本堂です。

0902_06.jpg

この本堂の横にあるのは左甚五郎が作った夜鳴力士像で、毎夜ここから降りてきて騒ぐので足の所を釘で打って降りてこられなくしたとの伝説もあります。

0902_07.jpg

その後向かったのは日本最古の石鳥居がある所で、元木の石鳥居とも呼ばれています。

この日は大学のお偉い先生が調査をしていました。

0902_08.jpg

そんな感じで2時間のタクシー貸切り観光は終了し、駅に戻ります。

帰りの新幹線の時間まで1時間ほどあるので駅から近くにある霞城セントラルと言う所で産業科学館が無料で公開されています。

0902_09.jpg

ここはフーコーの振り子で地球が自転していることが判る仕組みになっています。

このフーコーの振り子が見られるところは日本では数カ所しか無く、東京だと国立科学博物館に展示されています。

0902_10.jpg

説明もアップしておきます。

0902_11.jpg

また科学館のマスコットなのかこんなのも飾られていました。

0902_12.jpg

そして水を浄化する装置もあったりします

0902_13.jpg

これ以外に沢山の展示物がありますので、寄ってみるのも良いと思います。

その後帰りの新幹線の時間になり山形駅に向かいます。

0902_14.jpg

帰りの新幹線で頂くのは牛肉どまん中のサンドイッチです。

このお弁当はよく食べますがサンドは初めてです。

0902_15.jpg

どんな感じかというと牛肉どまん中のお弁当に乗っている甘辛い牛肉がそのまま挟んでありました。

ビールと一緒においしく頂きました(^^)

0902_16.jpg

そしてビールの後は角ハイボールを頂きます(^^)

0902_17.jpg

そんな感じで楽しんだ山形ですが佐藤錦は終わっていましたが紅秀峰と言うサクランボを買ってきました(^^)

0902_18.jpg

サクランボもおいしく頂きました(^^)


さて、本日は朝からお出かけしておりますので、皆さんの所には日曜日にでもお邪魔させて頂きますm(__)m

おこしやす!(189)  コメント(31) 
共通テーマ:旅行

文翔館 [ちょっと旅行]

国分寺薬師堂から次に向かったのは文翔館!

この文翔館はと言うと旧県庁舎及び県会議事堂で大正5年に建てられた英国近世復興様式のレンガ造りの建物になります。

0831_01.jpg

そして入り口はこんな感じで時計台もついています。

0831_02.jpg

そして中に入ると正面に階段がありここから見学が出来ます。

0831_03.jpg

階段を上がると当時会議が行われていたテーブルが飾られています。

0831_04.jpg

その隣の部屋には山形県政の資料室になっています。

0831_05.jpg

周りには山形の知事の写真が飾られていました(^^)

0831_06.jpg

0831_07.jpg

また映画の撮影にも使われた場所みたいです。

0831_08.jpg

そして知事室には暖炉もありました。

0831_09.jpg

廊下はモダンな感じのデザインになっています

0831_10.jpg

ここは知事が会議をした場所です。

0831_11.jpg

そして前の廊下の反対側もカーブの壁が並んだ綺麗なデザインです(^^)

0831_12.jpg

その後、山形の鉄で作られた明治以降の歴史で、最初は明治維新の頃

0831_13.jpg

そして明治から大正のデモクラシーの頃でしょうか?

0831_14.jpg

激震の時代は第2次世界大戦

0831_15.jpg

それが過ぎると戦後の時代になってきます。

0831_16.jpg

そして世界が輪で繋がれるのですが、北朝鮮やISがある世界はまだまだですね!

0831_17.jpg

その後、議事堂も見学できるのですが、この日は合唱コンクールの練習があるので中に入れませんでした(^^)

0831_18.jpg

そしてこの後は少し廻って2時間のタクシー貸し切り終了です(^^)

おこしやす!(192)  コメント(28) 
共通テーマ:旅行

鳥海月山両所宮から出羽国分寺薬師堂 [ちょっと旅行]

霞城跡から次に向かったのは鳥海月山両所宮(ちょうかいがっさんりょうしょのみや)で、厄除けと勝運のダブルのパワースポットと言われています!

この神社は大物忌大神と月夜見命を祀っています。

まず手水舎ですが、この時は7月の暑い土曜日なので人がいません(^^)

0829_01.jpg

そして普通は一対の狛犬ですが、二対の狛犬があるのは両所宮だからでしょうか?

0829_02.jpg

また本殿には月山の月夜見命と

0829_03.jpg

鳥海山の大物忌大神の二つの神が奉られいることがわかります。

0829_04.jpg

両所宮の説明もありました。

0829_05.jpg

大きな池もあります。

0829_06.jpg

ここのお水はわき水で、話によると地元の人がここでペットボトルに水をくんでいる人が多いとの事です。

ちなみに、話をしてくれたのはタクシーの運転手で、事前に2時間貸し切りで観光案内を頼んでいました(^^)

0829_07.jpg

そして横には厳島神社の祠もありました(^^)

0829_08.jpg

そして次に向かったのは出羽国分寺薬師堂ですが、今回観光ではiPhoneでの写真なので、曲がっちゃいました(^^)

0829_10.jpg

その横には戦没者慰霊の碑もありました。

でも山形は空襲が殆ど無かった土地らしいです。

0829_11.jpg

この国分寺の本堂ですが、中に入ることが出来ます

0829_12.jpg

中に入ると少し涼しい空気になります。

0829_14.jpg

そして木像の薬師如来像とかもありますが結構コケティッシュな像です

0829_13.jpg

0829_15.jpg

そんな感じで見学しました

本堂も立派な国分寺薬師堂でした(^^)

0829_16.jpg

そしてこの後は近代日本が判る場所に移動します(^^)

おこしやす!(194)  コメント(26) 
共通テーマ:旅行

霞城跡公園 [ちょっと旅行]

山形空港をチョット見学した後に向かうのは山形市内!

しかし、山形空港から山形市内に向かうバスは飛行機到着の15分後には出発しちゃいます。

山形空港で乗ってきた飛行機を見送ったのでバスには間に合いません、でもこれも計画(^^)

山形空港はJRのさくらんぼ東根駅に近いのでタクシーでも数メータ

電車の時間も調べていたのでさくらんぼ東根駅に向かいます

駅は結構新しい建物になっています。

0827_01.jpg

駅には待合室では無いのですが、利用出来る施設もあります。

0827_02.jpg

そして乗る電車は3両編成の電車で30分ほどで山形駅には到着できます。

0827_03.jpg

そして山形駅から向かったのは山形城主の最上義光の銅像がある霞城跡公園です。

ちなみに山形も鉄を作るのでは隠れた有名どころで、銅像も後ろ足だけで立っている銅像はここだけらしいです。

0827_04.jpg


0827_05.jpg

また山形城があったと言われる霞城跡公園は天守閣とかは再現されていません。

これは山形城の建物とかがどのように作られていたかの資料が無くて歴史に沿った再現が出来ないので天守閣とかは無い状態らしいです。

0827_06.jpg

でも周りの楼閣とかは再現されています。

ちなみに、仙台城も天守閣とかが再現されないのは、歴史的に証明する資料が残っていないから作られないそうです。

そして門とかは再現しているので見てみます。

0827_07.jpg

この中に入れるので見てみると2009年の放送された天地人の資料もありました。

0827_08.jpg

山形城に使われていた瓦も飾られています。

0827_09.jpg

そして当時の城下町の地図とかも飾られています。

0827_10.jpg

また背割りの説明もありましたが、よく判りません(笑)

0827_11.jpg

そして歴史の資料を基に再現した山形城の模型ですが、天守閣とかが無い平城ではないかとの事でした。

0827_12.jpg

少し周りを見学します

0827_13.jpg

ここは再現された二の丸東大手門に繋がるところです。

0827_14.jpg

二の丸東大手門です

0827_15.jpg

そして正面にある石垣ですが、上の写真野方が判りやすいかもしれませんが、下半分と上半分で色が違うのは当時の石垣は下で、上の色が白っぽい所は後から再現したところらしいです。

0827_16.jpg

そして霞城跡公園を見学した後は山形の国分寺に向かいます。

そのレポは次回になりますm(__)m

おこしやす!(205)  コメント(29) 
共通テーマ:旅行

てつのクジラ館2 [ちょっと旅行]

今日は入院中なので事前投稿ですが、途中経過です。

今回カテーテルですが7mmの管を使うとの事で脚の付け根からのカテーテルになりました。

カテの時間は2時間半ほどで、無事に治療も終わりましたが脚からのカテーテルの為23時までは、うごけないです。

退院は土曜日の予定です(^ ^)

てつのくじら館の続きです。 

掃海艇などを見ながら向かうと、潜水艦くろしおの深度計があります。

深度計は浅い所を計る深度計と、深い所を計る深度計の2種類があります。

0113_01.jpg

そしてその横には潜水艦のベッドのディスプレイがあり、自分の目の高さより低いところに3段のベッドがあります。

潜水艦は狭いので、こんな空間で寝泊まりしているのは大変だと思います

0113_02.jpg

そして、このベッドに入るにはコツがいるみたいで説明がありますが、寝ているときに慌てて起きると顔面を思い切り強打しそうです(笑)

0113_03.jpg

絶対に新人とかはぶつけて鼻血を出す隊員もいそうです(^^)

また救命装備とかも展示されていたりします。

0113_04.jpg

また食事の食品サンプルもありますが、海上自衛隊と言えば金曜日はカレーですね!

これは、潜水艦とかだと曜日の感覚が無くなるので、金曜日にカレーで曜日の感覚を戻すらしいです(^^)

0113_05.jpg

また潜望鏡の模型もありますが、覗くとビデオの画像を見ることが出来ました!

0113_06.jpg

その後、掃海に使ったヘリなども飾られています。

0113_07.jpg

そして売店にクリアファイルとかも売られていた自衛隊の萌えキャラ?

調べて見ると自衛隊三人娘と言うのがいるみたいで以下から画像をお借りしました。

http://www.pri-sta.jp/threegirls_tokushima/index.html

自衛隊と言うとまずは陸上自衛隊で美陸まゆと言う二等陸尉で、なんだか色っぽいです(笑)

0113_08.jpg

そして海上自衛隊は三等海尉のハーフでしょうか?シャルロット・ハリス・鳴海です。

0113_09.jpg

航空自衛隊は三等空尉の空詩藍と全てが陸海空にちなんだ名前になっています。

0113_10.jpg

そして潜水艦の内部の模型などもあります。

0113_12.jpg

船や潜水艦には色々種類があるみたいですが、みな潮の名前がついています。

0113_13.jpg

そして潜水艦はどれだけ音を出さないかが重要になります。

0113_14.jpg

この後は潜水艦内部に入りますが、外に展示されている潜水艦であきしおの概要がありました(^^)

0113_15.jpg

そんなてつのくじら館ですが、まだ続きます(^^)

そして今日か明日には退院予定なので、15日の更新は予約ではないです!


おこしやす!(183)  コメント(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

博多ラーメンとブラタモリ [ちょっと旅行]

小倉を散策して時間は12時チョット!

お腹も空いたのですが、この日は博多の有る場所で博多ラーメンを食べると決めていたので小倉駅から九州新幹線さくらで博多に向かいます。

この九州新幹線さくらはJR東海・西日本のN700系をベースに8両編成でも300Kmで走れる様にカスタマイズされた新幹線です!

0203_01.jpg

博多駅に到着し、歩いて向かうのは中州の手前にあるキャナルシティでここの5階にはラーメンスタジアムがあります。

0203_02.jpg

このラーメンスタジアムには九州各地のラーメンや横浜家系、札幌ラーメンなどもありますが横浜や札幌は東京でも食べられるので選んだのは中州奉天と言うお店です。

このお店は中州ブラックと言うラーメンも有名ですが、今回はオーソドックスな特製中州豚骨ですが、この中州豚骨は数両限定でこの日はまだ売り切れになっていなかったです(^^)

0203_04.jpg

注文したときに麺はバリ固より少し柔らかくと注文して数分後に出て来たのはこんなラーメンです。

0203_05.jpg

チャーシューは柔らかく、味玉も超半熟で美味しく頂きました!

このラーメンスタジアムには各地の方言で、メチャ美味しいが書かれている提灯がぶら下がっています。

0203_06.jpg

お腹も満足し、次に向かったのは博多の総鎮守の櫛田宮で、正面から入ると平坦な感じで中に入れます。

この櫛田宮は以前も紹介しましたが2度目で、今回はブラタモリで紹介された所にポイントを当てます。

そして正面の鳥居に掘られているのは延宝と言う年号でこれは1670年頃に奉納された鳥居と言う事が判ります。

0203_07.jpg

鳥居をくぐるとそんなに広くない敷地ですが山門の奥に本殿が見えます。

さて、この櫛田宮ですが、ブラタモリで紹介されたときに、高低差ファンのタモリがここは博多では珍しい高低差があると言っていた場所です。

0203_08.jpg

その高低差に向かう前に手水舎!

0203_09.jpg

その反対側には撫でられてピカピカな牛の銅像もあります。

この奥の駐車場は博多祇園山笠がここでUターンをして行きます。

0203_10.jpg

その後、山門をくぐると本殿です

0203_11.jpg

またその横に出ると山笠が奉納されていて、この櫛田宮は祇園山笠の総本山になります。

0203_12.jpg

そしてその奥に進むとこの神社にある高低差があります。

0203_13.jpg

正面から平坦になっているのですが、奥は階段で下がった場所になります。

0203_14.jpg

この高低差は結構あり、下からも撮影しておきます。

0203_15.jpg

この段差は、その昔は階段下が博多湾から入って来た汽水域で、漁とかに出たり安全に帰って来た漁師などが櫛田宮に船で着けてここから参拝したらしいです!

そして、この階段の所には櫛田神社の名物の櫛田のやきもちが売られていて、ブラタモリではお餅を貰ってタモリとアナウンサーの桑子アナウンサーがお餅を貰って食べていました(^^)

0203_16.jpg

そんな博多ですがこのあとは少しこのあたりをぶらつきます(^^)


おこしやす!(160)  コメント(34)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

指宿・砂蒸し温泉ツアー終了 [ちょっと旅行]

仙厳園を出発したツアーが向かったのが霧島連山の麓にある霧島神宮です!

仙厳園から高速で鹿児島空港ICで降りて一般道を1時間程走り到着します。

このツアーの時は11月中旬で、霧島神宮は少し標高の高い場所にあるので、普段は霧島神宮の後ろの杜が色づいているらしいのですが、今年は全国的に紅葉が遅かったので、緑がまだまだ沢山ありました(^^)

1221_01.jpg

霧島神宮の入口には君が代に出てくるさざれ石があり、今年は下鴨神社でもさざれ石を見たので調べてみると、色んな所にあるみたいです。

1221_02.jpg

本殿に向かって歩きますが半袖の人もいるくらい暖かかったです。 

1221_03.jpg

すこし望遠で撮影しますが参拝する奥に本殿の屋根が重なって見えます。 

1221_04.jpg

参拝する前に手水舎で清めて向かいます。

1221_05.jpg

そして参拝します。

1221_06.jpg

参拝を終えて戻る途中で上空から音が聞こえるので見上げると4本の飛行機雲を引いたジャンボ?かなが気持ち良さそうに飛んでいます。

1221_07.jpg

霧島神宮を参拝したツアーはそのまま空港に戻ると思ったら空港のすぐ横にあるバレルバレーPRAHA&GEN(Spirits Park GEN)に寄ります。

バスから降りる一升瓶のモニュメントがあります。

1221_08.jpg

ここは河内源一郎商店とも言われ、焼酎や日本酒などを作る時に必要な麹菌を作っている所で、焼酎の場合だと日本の80%の酒造メーカーがここで作っている麹菌を使っているとの事です。

麹の歴史など説明を受け、その後はここでしか買えない焼酎を買ったりしました。

中は撮影禁止なので外観を撮影しておきます。

1221_09.jpg

ここに河内と書いてありますが、ここの河内源一郎博士が発見した河内菌が焼酎の品質を向上させたらしいです。 

1221_10.jpg

杉玉もありますが、ここは麹菌のメーカーなので、焼酎を他のお店で販売すると、麹菌をかっている酒造メーカと競合してしまうので、焼酎を造っているけど、ここでしか売っていないそうです。

1221_11.jpg

そしてツアーは鹿児島空港で解散になります。

帰りのチケットを貰い、すぐに向かうのはANAのカウンターでラウンジに入る為にマイル付けをして貰い、ついでにプレミアムクラスが空いているかダメ元で聞いてみると1席キャンセルがさっき出たとの事で、アップグレードポイントがあまっているのでアップグレードして貰いました(^^)

なので、鹿児島空港で夕食を食べる予定だったのを中止し、少しぶらつきます。

クリスマスの飾り付けがありますが、白い犬と白クマサンタ?

1221_12.jpg

鹿児島の名物にかき氷の白クマがあるから?

1221_13.jpg

そしてチェックインしてラウンジで飲むのはトマトジュースです(笑)

1221_14.jpg

このツアーは朝早かったので車で羽田にきていたのでビールはお預けです!

そして飛行ではプレミアムクラスの食事を頂きますが、お品書きです。

1221_15.jpg

おかずと

1221_16.jpg

ご飯の鮭ご飯ですが、イクラでは無くトビ子でした(^^ゞ

1221_17.jpg

で飲み物はノンアルコールビールですが、やはりビールに比べて残念(笑)

1221_18.jpg

そんな指宿砂蒸し温泉の旅は終了しました。


おこしやす!(171)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

仙厳園 菊展 [ちょっと旅行]

最近同じと思われる方が複数の名前を使ってNiceだけを頂いていますが、こちらからはNiceは遠慮させて頂いていますm(__)m

同じ名前で複数のサブブログは別です(^^)

さて仙厳園は結構広くて食事処やお土産屋などもありますが、この時期は菊展が開催されています!

食事をしたあとにぶら歩くと色んな菊展が開催されています。

1219_01.jpg

こちらは大名行列の籠に菊を模した物や

1219_02.jpg

奥に見える三重塔などに菊があしらわれています。

1219_03.jpg

それ以外に大きな菊や

1219_04.jpg

小さな菊まであります。

1219_05.jpg

そして黄色い小さな菊もあります。

1219_06.jpg

そして菊人形とかもあり

1219_07.jpg

撮影していると黄色いものがあるので撮影すると菊では無く、桜島の火山灰を回収する克灰袋でした!

1219_08.jpg

鹿児島では桜島の火山灰をこの袋に入れて出すのが恒例だそうです!

そして大きな菊

1219_09.jpg

色違いですが

1219_10.jpg

僕は花を撮影するのが苦手で下手と言う事が今回ハッキリ判りました(^^)

どうも高速で動くものじゃ無いとダメなのかもしれません(笑)

またここには博物館もあり、内部は撮影禁止でしたので、外観だけを撮影しておきます。

まずは明治天皇が来られた時の記念碑。

1219_11.jpg

で明治に建てられたと思う建物です(^^)

1219_12.jpg

また仙厳園には猫神社もあります。

1219_13.jpg

絵馬は猫だらけで

1219_14.jpg

その横には猫の彫り物もありました(^^)

1219_15.jpg

そんな感じで鹿児島の指宿ツアーですが、次回で終了します(^^)


タグ:仙厳園 菊展
おこしやす!(158)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

鹿児島仙巌園 [ちょっと旅行]

知覧を出発してツアーが向かったのは鹿児島仙巌園でここは軍艦島などと一緒に今年7月に明治日本の産業革命遺産としてユネスコの世界遺産に登録された場所です!

ここには反射炉あとがあり、今回の世界遺産登録では伊豆の韮山反射炉が現存する反射炉で有名ですがここにも反射炉がありました。

今残っているのは反射炉あとと模型の反射炉ですがこんな建物だったみたいです。

1217_01.jpg

説明にはこんな感じで説明がかかれています。

1217_02.jpg

そして反射炉のあった場所は石垣で地盤が作られていて途中に空気を取入れて炉を燃やすための仕掛けがあります。

1217_03.jpg

石垣の上に登ると地盤のあとがあります。

1217_04.jpg

その横には反射炉跡の石碑もあります。

1217_05.jpg

またその近くには薩英戦争でつかわれた?大砲もありますが、日本の1つの県とイギリスが戦争したのを考えると凄い事です(^^)

1217_06.jpg

そして、少し見学をしたあとは昼食の時間になります。

今回お弁当ですがチョット寂しい感じです!

1217_07.jpg

何故か味噌汁がこんな感じでここだけ熱々です(^^)

1217_08.jpg

ご飯は薩摩芋の炊き込みご飯でした!

1217_09.jpg

そして食堂を出ると仙巌園の裏山に垂直の岩に文字が書かれています。

1217_10.jpg

そして反対側を見ると、前日は雨でよく見えなかった桜島が見えます

 1217_11.jpg

そしてここは薩摩の島津家の別邸ものこされています。

1217_12.jpg

そして、もう少し仙巌園を散策します(^^)


おこしやす!(154)  コメント(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

知覧武家屋敷3 [ちょっと旅行]

知覧武家屋敷で3回も引っ張りましたが、ここは見るところが沢山あります!

一つの家で色々撮影するので写真だけは沢山あります(^^)

そんな知覧武家屋敷ですが前を歩いているのは韓国からの観光客です

ハングルは少し話せるので、話しの内容で韓国と判ります!

1215_01.jpg

知覧にはネコが沢山いましたが、その可愛らしさを振り切って次の家を見学します。 

1215_02.jpg

こちらの家も垣根で庭園の入口が作られています。

1215_03.jpg

それを抜けて庭です

1215_04.jpg

手前の石だとよく判らないですが庭の風景と奥に見える山を一緒にして完成するらしいです。

1215_05.jpg

手前の垣根の山と奥の山が同じ稜線になります。

そして別な屋敷に向かいますが、横道も垣根で区切られています。

1215_06.jpg

今回は知覧の灯籠が翌日(この日の夜)に延期されたのでこんな灯籠もあります。 

1215_07.jpg

また知覧には二つ家と言うものがあり、説明を読んで下さい(笑) 

1215_08.jpg

その家は藁葺きで出来た屋根の家です。

1215_09.jpg

そして庭にはみかんです(^^)

1215_10.jpg

外から見ると尖った垣根がありますが、これは中から見ると本物の山の稜線に合わせた形です。

1215_11.jpg

中に入ると外の山と良くなじんでいます(^^) 

1215_12.jpg

そして知覧の灯籠ですが、綺麗に並んでいます。 

1215_13.jpg

中にはこんなものもあります(^^)

1215_14.jpg

色々な庭を見ますが、垣根と山の稜線をうまく合わせています。 

1215_15.jpg

そんな知覧武家屋敷でした(^^)

1215_16.jpg

次回は鹿児島市内にある観光スポットを紹介します(^^)


おこしやす!(168)  コメント(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - ちょっと旅行 ブログトップ