So-net無料ブログ作成
検索選択

池袋周辺散歩 (西池袋~トキワ荘) [東京]

目白を抜けて西池袋に歩いて向かいます!

西池袋は勿論池袋の西口ですが、池袋の不思議はスタートした池袋東口に池袋西武デパートや西武池袋線があり、西口には東武デパートと東武東上線があります。

なので池袋に最初に来た人はデパートを目的にすると東西が逆になっちゃいます(笑)

そして西池袋と言えば立教大学があり、学習院や川村学園など大学が多いのも池袋の特徴になります(^^)

0509_01.jpg

そして最近西池袋で行列を作るのはこんなお店で、その名も「カレーは飲み物」と言うお店で、この名言はビジーフォーのウガンダが残した名言です(^^)

ちなみに、この日は既にカレー売り切れになっています。

0509_02.jpg

その後、僕の地元中の地元の椎名町と言う駅にはトキワ荘があった街って看板があります。

0509_03.jpg

このトキワ荘ですが、手塚治虫を中心に漫画家が住んでいたアパートがあったところで椎名町駅から10分くらい歩くとこんな幟が飾られています。

0509_04.jpg

そしてトキワ荘があった周辺を歩くと松葉と言う中華料理のお店がありますが、このお店はかなり昔からあります!

0509_05.jpg

入口とかになにやら飾られているものがありますが近寄ってみるとオバケのQ太郎に登場した小池さんが食べていたラーメンと紹介されている文字が!

0509_06.jpg

その他にも漫画に登場したラーメン店です!

そしてその反対側にはトキワ荘跡地にモニュメントが作られています。

0509_07.jpg

トキワ荘の部屋の詳細もありますがこうしてみると本当に有名な漫画家が集まったものだと思います。

0509_08.jpg

また近くの公園にはトキワ荘のヒーローたちのモニュメントもありサインもディスプレイされています。

0509_09.jpg

またトキワ荘の近くには2013年に作られたお休み処もあります

0509_10.jpg

中に入るとトキワ荘のリーダー的な存在だった寺田ヒロオの部屋を再現したものも有ります。

0509_11.jpg

横には、中華の松葉のラーメンを食べたあとやテーブルの上にある焼酎とサイダーでサイ酎と言ってのんでたものがあります!

その横にはトキワ荘のレプリカもありました。

0509_12.jpg

3回に渡って紹介しましたが地元でも以外と紹介出来る所が多いと気づいたので、その行動範囲を伸ばしてみたいと思います(^^)


池袋周辺散歩 (目白) [東京]

目白通りの千歳橋を渡り、早稲田方面にカメラを向けると前回登場したオレンジ色の都電[電車]が早稲田駅で折り返して三ノ輪橋行きになってやって来ました。

0507_01.jpg

その後、向かったのは目白の地名になった目白不動尊で東京の五色不動尊とも言われています。

その五色ですが、目黒不動、目白不動、目赤不動、目青不動、目黄不動で地名として残ったのは目黒と目白になり、正式名が真言宗豊山派金乗院になります。

0507_02.jpg

境内はそんなに大きく無いですが享保の時代に建てられた石碑もあります。

0507_03.jpg

0507_04.jpg

中には真言宗らしく弘法大師、空海の銅像もあります。

0507_05.jpg

また鐔塚なる物があり、刀の鐔の形をしていることから刀剣の供養をしたのだと思われます。

0507_06.jpg

その後、目白通りを目白駅方面に向かって歩くと道路の左側には広大な敷地を持つ学習院があり

0507_07.jpg

学習院の反対側には川村学園があります

0507_08.jpg

この川村学園は東京では有名なお嬢様学校で、芸能人も数名卒業しています。

目白駅を抜けて池袋方面に向かう為に裏道に入るとあるのは徳川の看板です。

ここは尾張徳川邸の約7000坪の敷地跡に、豪華なお屋敷が33邸あり、その中央には徳川家の美術品などを保管している徳川黎明会があります。

0507_09.jpg

ちなみに僕が中学生の頃はここは徳川生物研究所との看板がありました。

そしてこの日は門が閉まっていますがそこには水戸黄門の印籠で有名な葵の紋が付けられています。

0507_10.jpg

散歩はもう少し続きます(^^)


池袋周辺散歩(南池袋~雑司ヶ谷) [東京]

GWは何処に出かけても混んでいるので地元をぶら歩きしてみました!

この日は池袋をスタートして南池袋に向かって歩き出します。

南池袋は駅で言うと有楽町線東池袋駅が最寄り駅ですが池袋から歩いても10分ちょいなので歩いて向かうと工事中だった南池袋公園が一部開園していましたが、公園の看板の上にある左側の工事中の頭下げているのが女性の絵になっています。

0505_01.jpg

そしてこの公園と一緒に新しくなったのは豊島区役所で、立て替え反対が多かったのですが、GW開けにオープン予定です。

下のチョット変わったデザインの所が区役所で、上はマンションになっているらしいですが、こんなに立派な区役所は必要なのでしょうか?

0505_02.jpg

周辺の案内図に豊島区役所周辺図となっていて、入口の豊島区役所の文字はブルーシートで覆われていました!

0505_03.jpg

しかし高い建物です!

0505_04.jpg

その後雑司ヶ谷に向かって歩くと都電と平行している道路に出ます。

そして都電がやって来たので撮影します。

0505_05.jpg

祝日なので日の丸が飾られています!

通り過ぎると後ろにも日の丸が付けられています。

0505_06.jpg

また一般塗装の都電です。

0505_07.jpg

前後に日の丸がついているので、東京都交通局は一体幾つの日の丸を保持しているのでしょうか?

途中にはオープントップのワーゲンが停まっていました。

0505_08.jpg

その後目白通りに出てみるとビルの間に雰囲気のあるお米屋さんがありました

0505_09.jpg

その後、目白通りと明治通りの交差する千歳橋から都電を撮影してみます。

0505_10.jpg

お散歩はまだまだ続きます(^^)


上野歴史の場所とアーティスト [東京]

今回は上野東照宮に向かいます。

東照宮と言うと日光東照宮が有名ですが、この東照宮は日本全国で500近い東照宮があると言われています!

日光東照宮は徳川家康、豊臣秀吉、源頼朝を祭っていますが、上野東照宮は徳川家康、徳川吉宗、徳川慶喜を祭っている所が違います。

さて、東照宮の内部に参拝すると猫では無いと思いますが、石版が最初に見ることができます。

0211_01.jpg 

そして日光東照宮よろしく、カラフルな壁と石灯籠が続いています。

0211_02.jpg

0211_03.jpg

そう言えば日光東照宮も裏側にある家康のお墓とかに向かう所には石灯籠が多かったような?

御神木だと思われる大楠があり、樹齢は600年を超えると言われています。 

0211_04.jpg

奥に進むとお狸様と言われる栄誉権現社があり、ここは受験や就職などの必勝の神様として信仰されているそうです!

0211_05.jpg

そして社殿の敷地に入りますが、前回紹介した唐門の内側になります。

0211_06.jpg

社殿(拝殿)はこんな感じで左・正面・右で撮影します。

0211_07.jpg

0211_08.jpg

0211_09.jpg

社殿の奥には本殿がありますが、そちらは向かうことが出来ませんので、社殿越しに撮影します。

0211_10.jpg

そして左から入って右側から出て来ました(^^) 

0211_11.jpg

上空からゴーと言う音が聞こえてくるのに反応し、五重塔の輪の2段目くらいに小さな白い横線見たいのがありますが、飛行機です(^^)

0211_12.jpg

上野東照宮を出るとチョットした遊園地もあります

0211_13.jpg

そして元来た場所に戻ろうと思うと、数十羽のカラスが上空でうるさく鳴いていて何だろうと思ったら地上でカラスがもんどり打って喧嘩をしていました。

0211_14.jpg

転がりながら上に乗ったりしてカラスの喧嘩は初めて見ました(^^)

そんな上野公園ですが、歴史的な部分があるかと思うと音大も近くにあるのでこんなパフォーマンスをしているミュージシャンが結構います。

0211_15.jpg

こちらはアンデス音楽を演奏している人で、口に笛と10弦のギターみたいなチャランゴを弾いて、右足でドラムのスネア―と左足には貝殻でガラガラ音を立てて演奏していました(^^)

0211_16.jpg

投げ銭するときに、どちらのアーチストにもブログに載せる事を了承して貰いました!

そんな上野公園でした(^^)


タグ:上野東照宮

上野東照宮 ぼたん苑 [東京]

本当は昨日の日曜日にブログ更新の予定でしたが、土日に旅行に出ていたので1日アップをずらしてみました! 

さて上野公園を散策しながら東照宮に向かう所で前回は終了しましたが、今回向かったのは上野東照宮の敷地内にあるぼたん苑に寄って見ます。

普段あまり花とか撮影しないので、どのように撮影して良いか判らないですが、撮影してみます。

入口で入場料を払い中に入ります。

0209_01.jpg

入口には和傘が壁に掛けてあったので、まずはここから開始です(^^)

0209_02.jpg

そして牡丹を撮影していきます。

傘で雪よけされた牡丹ですが、傘を一緒に入れると花が小さくなっちゃいます(笑)

0209_03.jpg

他の牡丹には藁で作った笠がかかっています。

0209_04.jpg

そして白い牡丹があったので、昼の晴天ですが周りを暗くしてみました。

0209_05.jpg

白い牡丹には黒い背景がコントラスト的に良いかなと思い、遊んでみました(^^)

0209_06.jpg

ここは多くの牡丹があり、このようになっています。 

0209_07.jpg

0209_08.jpg

黄色い牡丹も綺麗に咲いています(^^) 

0209_09.jpg

この日は前日東京でも雪が降ったので、所々に雪が残っています。 

0209_10.jpg

白い牡丹をバックを黒くしないで撮影するとこんな感じです。 

0209_11.jpg

牡丹と葉牡丹が一緒に植えられていたので[カメラ] 

0209_12.jpg

0209_13.jpg

0209_14.jpg

牡丹の周りには、木の立て札があり、色んな事が書いてあるのですが、ここだけなんか相田みつをみたいな文字で書かれていたので、撮影しました(^^) 

0209_15.jpg

ぼたん苑から上野東照宮の五重塔も綺麗に見えたので撮影します。 

0209_16.jpg

ぼたん苑の出口に近くなると、枯山水の庭もあります。 

0209_17.jpg

ここで以前、博多の落水園でもあった紐で縛った石がここにもあります。

0209_18.jpg

これは何か意味があるのではと思い、ググってみると、紐で縛った石を関守石と言うらしく、意味はここから先は立ち入り禁止と言う事らしいです。

そう言えば博多の落水園でも庭の端っこの方にあったので、ここから先立ち入り禁止の目印だったのだと思います(^^)

そしてぼたん苑を出て次は上野東照宮に向かいます。

0209_19.jpg

上野東照宮も日光東照宮みたいにきらびやかに黄金の門が出迎えてくれます。

0209_20.jpg

ここは唐門と言う場所で、この先は拝観料を払って見ることができますが、それは次回になります(^^)


上野を散策 [東京]

先日チョコッと上野公園まで出かけてきました。

前回の東京タワーも久しぶりですが、上野公園もあんまり出かけない所で春の花見も花粉症を発症してからは避けるようになったので久しぶりに出かけました!

上野公園は上野の森と言われますが、正式には上野恩賜公園と言い、その中には江戸時代を彷彿させるエリアと、美術館や博物館、そして動物園などのエリアに分かれます(^^)

今回は上野駅不忍口から向かいます。

最初に向えてくれるのはカエルの噴水です!

0206_01.jpg

こんな感じで水を噴出していますが、なぜカエルなのだろう(笑)

0206_02.jpg

そして上野公園に入るために階段を上がると、上野駅前に聚楽第と言うレストランが昔あったのですが、今は新しくなってその裏側には

0206_04.jpg

上野で3153⇒さいごうさんとなっています。

その前には西郷さんの銅像があります(^^)

0206_05.jpg

また反対側にはレストランもあり、こちらは年期が入っています。

0206_03.jpg

その先には彰義隊戦死者の墓もあり、江戸から明治の時にはこのあたりで戦があったと、漫画の仁で書かれていました! 

0206_06.jpg

その後見えて来るのは時の鐘と言われるもので、確か川越のシンボルの鐘も時の鐘だったような?

0206_07.jpg

そして、上野の森とも言われるように小さな丘みたいな所とかがあり、合格大仏の文字が書かれています。

0206_08.jpg

その立て看板の横には階段があり、その奥にはパゴダと呼ばれる仏塔を見ることが出来ます!

0206_09.jpg

階段を上がると合格大仏と言われる上野大仏があります。

0206_10.jpg

この上野大仏は1631年に建立され、その後1647年の震災や1841年の火災、そして1855年の震災を乗り越えて顔だけが残ったのですが、これ以上落ちないとの事で合格大仏と言われているとの事です。

この日も多くの受験生が参拝していました(^^)

また、この場所は小さな山になっているので先ほど見上げた時の鐘がこんな風に同じ高さに見えます!

0206_11.jpg

その後上野東照宮に向かうために歩くと上野精養軒があり、看板の横には眠そうなパンダがいます(笑)

0206_12.jpg

また途中には佐久間大膳亮勝之が東照宮に寄進したと言われる高さ6mある灯籠で、お化け灯籠と言われるものがあります。

0206_13.jpg

その脇を抜けて東照宮に向かいますが、正面からでは無く横から向かっちゃいました(笑)

0206_14.jpg

上野公園の散策はまだ続きます。

さて、今度の土日ですがクラブツーリズムが主催の軍艦島ツアーに行って来ますので、次回の更新は日曜の予定ですが1回お休みします(^^)

また、土曜日は朝4時起きで羽田6時集合、そして日曜日は夜の23時頃に家に戻るので土日もネットはお休みしますので、ご了承下さいm(__)m


登ってみました [東京]

先日東京タワーの隣のビルで打ち合わせがあり、打ち合わせ終了が11:40でお昼休みになるので東京タワーに登ってみることにしました。

東京タワーの駐車場からまずは撮影しますが、撮影した後に気がついたのは画面左端に白い丸いものが写っています。

撮影している時は逆光だったので判らなかったのですが、何なのだろう?

0202_01.jpg

そしてもう一枚連続で撮影したのですが少し太陽の方にカメラを振っていますが、左側の白いのは右側に移動しています。

0202_02.jpg

アップでトリミングしてみますがハレーションとかでは無いみたいです。

そう言えば台湾でもUFOらしき物を台北101で撮影したことがあり(←リンクしてみました)ますが、今回のは何なのだろう?って感じです。

0202_02a.jpg

さて、この時はこんなのが写っていると知らなかったので、チケットを購入して大展望台に向かいます。

大展望台は地上150mの高さなので虎ノ門ヒルズ(左側)とかの高さの方が高いです。

0202_03.jpg

そして大展望台にはこんな物があります。

0202_04.jpg

地上306mの所で発見された謎のボールで軟式のボールだと思われますが飾られています。

0202_05.jpg

また東京で一番高いところにある神社でタワー大神宮と言います。

0202_06.jpg

そして折角なのでさらに上にある特別展望台にも登ってみます!

エレベータは1機しかないので降りてくるのを待ちます。

0202_07.jpg

エレベータにのり特別展望台に向かいますが、特別展望台は地上250mの所にあるのでさらに高くなりますが、エレベータの中から外を見るとビルが段々下になってきます。

0202_08.jpg

そして特別展望台からの風景でレインボーブリッジと空にゴミみたいに見えるのは羽田から離陸する飛行機も写っています(^^)

0202_09.jpg

ちょうど東京タワーの影もクッキリと見えたので撮影しました!

0202_10.jpg

こちらは六本木ヒルズですが最長部が238mとここより12m低い所にあります(^^)

0202_11.jpg

そして東京ゲートブリッジも撮影しちゃいます!

手前のビルは左側が東京ガスで、中央の高層マンションの奥にあるのは東芝本社ビルです。

0202_12.jpg

その後また大展望台に戻り、地上を真下に見ることが出来る場所が数カ所あります。

0202_13.jpg

そしてルックダウンウインドウと言われる場所に立ってみますが意外と怖いです(笑)

0202_14.jpg

その後地上に戻り真下から撮影してみます(^^)

0202_15.jpg

その後、今度は順光の東京タワーです(^^)

0202_16.jpg

しかし、考えて見ると東京タワーに登ったのって幼稚園の頃に親と一緒に登ったのと、会社に入った頃にタワーボーリングでボウリング大会があって、その時登ったのについで3回目でした(^^)

ちなみに地元にあるサンシャイン60の展望台は1回しか登った事がありません(笑)


経栄山 題経寺(帝釈天) [東京]

11月の最後の3連休にぶらっと出かけたのは男はつらいよの寅さんの「私生まれも育ちも柴又で帝釈天で産湯につかり」の台詞でも有名な柴又の帝釈天に行って来ました(^^)

柴又の駅は成田に向かう京成の京成高砂駅で乗り換えて1駅2分で到着するのですが、電車が15分に1本なので高砂から歩いて向かいました。

そして柴又駅に到着するのですが、電車よりも早く到着しました(^^)

1208_01.jpg

そして駅前にはフーテンの寅さんの銅像が建っています。

偶然誰も撮影していなかったので、人が来る前にさっさと撮影しちゃいます[カメラ]

1208_02.jpg

この柴又駅から帝釈天までは10分もかからない距離で、駅前から色んなお店が沢山ありますが、いきなり駅前に寅さんグッズのお店があります。

1208_03.jpg

寅さんTシャツに描かれた腹巻きですが、誰が着るのでしょうか(笑)

でも売っていると言うことには外人には受けるのかもです(^^)

またこんなお店もありましたが、中はごちゃごちゃで撮影禁止だったので撮影はしませんでした。

1208_04.jpg

そして参道に向かうと道路の左右に鰻屋が並んでいますが、帝釈天のある柴又は中川と江戸川に挟まれた場所なので昔は天然の鰻が沢山取れたのではないでしょうか?

でも、僕は鰻が食べられないので、臭いだけ嗅いで通り過ぎます(^^)

鰻は食べませんが、焼いた臭いは好きです!

1208_05.jpg

そして参道を進むと草団子のとらやの看板があり、このお店は第1作~第4作まで撮影に使われたお店だと看板も出ていました!

1208_06.jpg

またみずいろのあまがえるの看板があり

1208_07.jpg

カエルのグッズが売られています! 

1208_08.jpg

また別なお店では寅さんと並んだこち亀の両さんの人形がありましたが、こち亀の両さんの破天荒な所は寅さんと似ているかもしれないです!

1208_09.jpg

そして帝釈天の二天門が見えてきます。

1208_10.jpg

そして帝釈堂と言われるお堂ですが、こちらが本殿ではありません!

1208_11.jpg

帝釈天の本堂は帝釈堂の右側にあり、こちらは閑散としています。

1208_19.jpg

帝釈天を見学していると、僕が反応する音が上空から聞こえてきますので、カメラのズームで飛行機を撮影します。

多分、成田から中国や韓国に向かう飛行機がこの辺り上空を飛ぶのだと思います。

トリミングとかしていませんがANAだということは判りますが、多分Boeing777-200だと思います。

1208_12.jpg

帝釈天には浄行菩薩があり、お水を掛けている人がいたので、手だけ参加の撮影(^^)

1208_13.jpg

そしてその横には御神水と呼ばれる所がありますが、白蛇の置物が沢山置かれています。

1208_14.jpg

そしてお線香をたく所もあり、煙を悪い所にかけると良いというので、心臓にかけました(^^)

1208_17.jpg

またこの帝釈天ですが、帝釈堂には沢山の彫刻があり、帝釈堂の裏はガラスの建物に囲まれて彫刻ギャラリーがありますが、撮影禁止なので入りませんでした。

1208_15.jpg

外にも沢山の彫刻があります。

1208_16.jpg 

そんな帝釈天ですが、今回は1回で終わらせます。

帰りは柴又の駅から電車にのりますが使われている電車は結構古い電車が使われています。

1208_20.jpg

京成高砂で上野行きの電車を待っているとスカイライナーが通過しますが、この当りではもの凄くスピードが遅いです!

1208_21.jpg

帰りの電車がやって来て乗っているとスカイツリーが見えたのでiPhoneで撮影しますが、少し逆光です(笑)

1208_18.jpg

ちなみに、今回はデジタル一眼とiPhoneの両方で撮影していますが、縦横比で縦の比率が短いのがデジ一で四角に近いのがiPhoneの写真になります(^^)


2度目の谷中銀座 [東京]

谷中から根津、千駄木を谷根千と呼び、昨年の1月に一回ぶら歩きで紹介しましたが、今回は日暮里(にっぽり)に用事があり、帰りに少し時間があったので谷中銀座をぶらりとしてみました。

昨年のレポは谷根千とここから

日暮里駅から5分程歩くと現れるのが谷中銀座の名物である谷中銀座を見下ろす階段です。

0618_01.jpg

マルチフォーカスで少し両サイドにピンが行ってしまいました(笑)

階段を下りるとインド料理のお店がありますが、お腹すいていないので入りません(^^)

0618_02.jpg

そしてちょいと目を移すと昭和を感じさせる美容室の看板があります。

0618_03.jpg

また、谷中には似つかわしくないお店があります。

0618_04.jpg

よく見るとイラン・トルコのお店でレストラン&売店みたいです。

0618_05.jpg

少し歩を進めると邪悪なハンコ屋なるお店が!

店名がしにものぐるいとはなんとも(笑)

0618_06.jpg 

そして招き猫のあるお店があったり

0618_07.jpg

焼きかりんとうのお店があったりと、前回谷中銀座を紹介したときには撮影しなかったお店を中心に撮影します(^^) 

0618_08.jpg

また前回はメンチのお店が行列を作っていましたが、最近は写真を撮るなとうるさいらしいのでそこは無視して別な行列を発見。

なんと焼き鳥のお店でつくねやネギマが1本50円と激安(^^)

0618_09.jpg

こちらはひみつ堂なるお店で何が秘密なのか興味がわきましたが入りません(笑)

0618_10.jpg

また変わった看板を掲げたお店があり「ライダータロット」ってどんなタロットなのだろう? 

0618_11.jpg

そしてついに見つけてしまった琥珀エビスの生ビール[ビール]の文字(^^)

このお店はビール以外にも日本酒とかも立ち飲み出来て、若い女の子が升に入ったグラスでなみなみの日本酒を飲んでいました(笑)

0618_12.jpg

でも僕が飲むのは琥珀エビスですが、店内が暗くてボケテしまいました(^^ゞ

0618_13.jpg

ビールを飲んでまた歩き出すとシューイチで紹介されたとの猫のチャームなる物がありました。

0618_14.jpg

そして日暮里に戻ると東北線(高崎線?)と常磐線が並んで走っていたので[カメラ]

0618_15.jpg

また、日暮里からはスカイツリーもよく見えました(^^)

0618_16.jpg

ちなみに、このレポートもGWの時に撮影したものでした(笑)


池袋 乱歩邸 [東京]

東京の池袋周辺にはチョットした場所があります。

僕の住んでいる近くにはトキワ荘という手塚治虫や赤塚不二夫、藤子不二雄Aなどの漫画家が住んでいた漫画界では有名な場所とか、アトリエ村という画家が沢山住んでいた場所などもありますが、池袋駅から徒歩10分程の所にあるのは怪人二十面相で有名な江戸川乱歩が晩年住んでいた所で、現在では立教大学がその敷地を管理しています。

江戸川乱歩は引っ越し摩で有名だったらしいのですが、この地が気に入り亡くなるまで30年間この地に住んでいたとの事です。

そんな立教通りの途中に江戸川乱歩邸があった事を示す案内があります。

0527_01.jpg

立教通りから50mほど横に入った所に乱歩邸がありますが、公開は毎週金曜日の限られた時間になります。

0527_02.jpg

入口を入り木々の間を抜けると乱歩邸の玄関になります。

0527_03.jpg

現在では乱歩邸内部には入ることは出来ませんが玄関には幾つかの展示物があります。

0527_04.jpg

江戸川乱歩が描いた原稿とか、二十面相のお面?とかも飾られています。 

0527_05.jpg

また江戸川乱歩が使っていたメガネやインクにつけて使用する万年筆とかもあります。

0527_06.jpg

また刊行当時の怪人二十面相の本やその他の本も飾られています。

0527_07.jpg

次の展示スペースに向かうために住居の横を抜けて行きます。

0527_08.jpg

すると応接間があり、当時の出版者の担当がここで原稿が出来上がるのを待っていたのかもしれません(^^)

0527_09.jpg

0527_10.jpg

その応接の奥には蔵書蔵があり

0527_11.jpg

入口まで向かうとそこから中には入れませんが1階と2階には江戸川乱歩の蔵書とかを保存しているみたいです。

0527_12.jpg

江戸川乱歩は自分の描いた本を出版の年度毎に並べていたそうで、かなりの数の本を主筆していたみたいです!

0527_13.jpg

そして玄関に戻ると表札が出ています

0527_15.jpg

江戸川乱歩の本名は平井太郎で、生涯40カ所の家を住んだらしいのですが、昭和9年に池袋に住んでから30年間この場所に住んだとの事です。

そんな池袋にある乱歩邸でした!