So-net無料ブログ作成
検索選択

漢字検定 漢字博物館から東京に戻ります [京都]

八坂神社で御朱印を貰って参拝した後は、歩いて四条駅まで戻り京都駅に向かう予定!

神社を出て少し歩くと

???こんなものあったっけ?

それは漢字検定を実施している協会が作った漢字博物館なるものがあります。

0216_01.jpg

中を覗いてみると入場料を払って見学するようになっています。

初めてだしな~!

って思いながら入場券を買いますが800円と結構ぉ高め!

入場券と一緒に貰えるのは鉛筆で、家に帰ってからPCの上に置いて撮影しました(^^)

0216_18.jpg

中に入ると、フラッシュをたかなければ撮影OKで最初にあるのは今年の漢字で、清水寺で毎年描かれていますが、今年は3回目の金で

0216_02.jpg

金と読めなくもないですが、達筆過ぎてどうなんだろうって漢字感じです(笑)

そしてその横には今年の漢字の1位から20位までがあります。

0216_03.jpg

あまり良い文字が無いので、金で良かったのかも?

そして過去20年の今年の漢字になった文字で2000年と2012年も金が選ばれているのが判ります。

0216_04.jpg

その後見るところは沢山あるのですが、お子ちゃまがぎっしりで撮影パスが続きます。

そして、一部に今年の漢字のコーナーがあり、いくつか漢字が掲げられていますが、メモってなかったので漢字が何なのか判らないです(^^)

0216_05.jpg

これは1995年の震で2011年の東日本大震災と結びつけてしまいますが、2011年は絆がそのときの漢字でした。

0216_06.jpg

こちらは多分金だと思います。

0216_07.jpg

そしてこの漢字はわかりやすく愛ですね(^^)

0216_08.jpg

また何故か漢字博物館の中にも祇園祭りの山車のレプリカもありました。

0216_09.jpg

そして京都駅に戻り京都タワーを撮影しますが、飛行機雲をバックにした京都タワーです。

京都は飛行機が上空を沢山飛ぶので飛行機雲は良く見ることが出来ます(^^)

0216_10.jpg

帰りは京都駅から新幹線ですが、先得EX-ICでグリーンがひかりだと13000円ちょいで購入出来、普通の指定券と殆ど変わらないお値段でグリーンに乗れちゃいます!

また京都駅でお土産に阿闍梨餅を購入ですが、前回伊勢丹で40分並んで買ったとかいたら、新幹線改札の中ではすぐに買えると言われて改札に入ってお土産コーナーを見たら並ばずに買えました(笑)

新幹線に乗り込むのは16時ちょいなので、夕飯がてらに京都の駅弁をかいます。

この日は京都牛善で原了解の黒七味付きです。

0216_11.jpg

パッケージを開けてみると牛肉だらけ(^^)

0216_12.jpg

黒七味を振って頂きます(^^)

0216_13.jpg

牛膳と一緒に頂くのはビールです(^^)

0216_14.jpg

ご飯を頂きながら外を見ると関ヶ原付近で、この当たりは雪深い所

0216_15.jpg

また上空を見上げると飛行機雲が星形に描かれようとしていました!

ブルーインパルスの☆より大きな☆です(^^)

0216_16.jpg

ビールの後はハイボールも飲んじゃいます。

0216_17.jpg

そんな京都でしたが、ここで悩むのが普通料金でも13000円近い新幹線、普通のグリーンだと16000円近くでお弁当とか飲み物は全て別料金!

それに比べると飛行機はプレミアムクラスとかは大阪→東京は16000円程度で、お弁当もでて、お酒も飲み放題、ただし時間は1時間弱・・・

どっちが得なんだろう(^^)


おこしやす!(183)  コメント(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

八坂さん [京都]

神武天皇が橿原の宮(前回ふりがなを振りましたので今夏は無しです)で天皇に即位した日が日本の始まりだと日本書紀には記載されていますが、神話の世界で1月1日は西暦で2月11日でこの日が建国記念日になりました!

そしてこの神社が出来たのはその1000年後で800年代に作られた八坂神社です!

そして参道は短いですが、何時も出店が出ています!

0214_01.jpg

そして牡蠣のお店もありそそられましたが、我慢しました!

0214_02.jpg

また八坂さんの入り口にも小さな神社があり、ここは縁結びの神様になっています。

出雲神社にもありましたがウサギの像もありました。

0214_03.jpg

参拝している人も京都は着物の人がいます。 

0214_04.jpg

そして手水舎ですが逆光でした(笑)

0214_05.jpg

また舞殿も本殿の前にあります。

0214_06.jpg

本殿はお参りの人が並んでいます

0214_07.jpg

また八坂神社の中にはいくつかの社もあり

0214_08.jpg

八坂神社の中に伊勢神宮があるみたいです!

0214_09.jpg

日本の神は天照大神が伊勢神宮に祭られていて、女神ですが、仏教でも真言宗では最高の仏は大日如来でこれは天照大神を仏教的に表したと言われていて、神仏で同じ太陽の女性を奉ったのは偶然でしょうか?

その横には悪王子神社があり

0214_10.jpg

この悪王子は力の意味だそうです!

0214_11.jpg

またここにも美の神社もあります!

0214_12.jpg

そしてこの神社は美御前社となっています

この水も美容水になっています。

0214_13.jpg

 鳥居にもかかれています。

0214_14.jpg

そんな八坂神社ですが、小さな社も沢山あります

0214_15.jpg

そして頂いた御朱印ですが、何故か八坂神社は500円です!

一般的には300円のところが殆どです(^^)

0214_16.jpg

八坂神社はその昔い祇園社と言われていたので御朱印は祇園社になります。

そんな京都も次回は帰宅です(^^)


おこしやす!(166)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

河合神社 [京都]

下鴨神社参拝した後に向かったのは、糺すの森の入り口近くにある河合神社です!

この神社は女性の美の神社で多くの若い人が参拝しています。

0212_01.jpg

そして手水舎で清めてから向かいます。

0212_02.jpg

楼門を抜けると正面には舞殿があり

0212_03.jpg

その奥にはいくつかの祠があります。

0212_04.jpg

左右に小さな祠があり、その中央に河合神社があります。 

0212_05.jpg

また中央左には、日本の神様の多くにある鏡もありました。

0212_06.jpg

鏡と言うと、伊勢神宮のご神体も鏡と言われています。

またこんな感じの絵馬の奉納場所もありますが

0212_07.jpg

絵馬が鏡の形をしていて美人の神様って感じでしょうか?

0212_08.jpg

御朱印も貰いましたが神社名は判子でした(^^)

0212_09.jpg

そんな感じで河合神社を参拝しました!

また河合神社の敷地内には下鴨の鴨の名になった鴨長明の安居もあり 

0212_10.jpg

説明文です(^^) 

0212_11.jpg

そんな感じで参拝をしてから電車で次の場所に向かうのですが、鴨川(下鴨神社の下がった所なので)を撮影です(^^)

0212_12.jpg

出町柳の所には出町ふたばと言う和菓子屋さんがあり、ここは何時も数列の行列が出来ています。

0212_13.jpg

この日も3重に重なった列が出来ていましたが、ここの豆餅(東京では豆大福)は美味しいです(^^)

でも日持ちがその日となっているので今回は購入しませんでした!

そして出町柳から京阪で祇園四条で降りて向かったのは

0212_14.jpg

京都のメインの場所です(^^)

次回はここを紹介します!


おこしやす!(181)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

賀茂御祖神社(下鴨神社) [京都]

前回の更新で、鴨川が賀茂川と鴨川と名前が変わるとレポしましたが、何故?ってコメントが多かったので、京都市の見解から報告します。

京都検定でも賀茂川と鴨川の堺はとも出てきましたが、今では高野川と賀茂川の合流地点から先が鴨川となっていて、合流地点にあるのが下鴨神社です。

ここは鴨長明の庵もあったりしたことで、本来は賀茂御祖神社と言う名の神社が下鴨神社になりました。

また賀茂川は上賀茂神社の賀茂から取られて賀茂川となっています。

しかし、河川法では全てが鴨川となっていますが、京の都のと言う京都人は今でも賀茂川と鴨川と分けて使っているみたいです(^^)

さて、上賀茂神社から下鴨神社まではタクシーで1500円以下で到着出来ます。

下鴨神社と言えば昨年も紹介しましたが、その敷地は糺すの森(ただすのもり)と言われています。

0210_01.jpg

そして参道を歩くと鳥居が見えてきます。

0210_02.jpg

この日の京都は1月にしては暖かく、ダウンの前を締めて歩いていると汗をかく天候でした。

そして進むと楼門が見えてきます

0210_03.jpg

下鴨神社には京の七不思議があるみたいで看板がありました。 

0210_06.jpg

その七不思議の御神木です。

0210_04.jpg

また縁結びでしょうか?

こんな像もありました。

0210_07.jpg

そして楼門をくぐります。

0210_08.jpg

上賀茂神社に比べて人出が多いです。

ここは出町柳駅から歩いて5分ほどの所にあるので、参拝しやすいのかもしれません。

また下鴨神社にも雪が残っていました。

0210_09.jpg

そしてこちらも干支の酉のジャンボ絵馬がありました(^^)

0210_10.jpg

また下鴨神社と言えば鴨の社の干支詣でで

0210_11.jpg

僕の干支の丑年に参拝です。

0210_12.jpg

それ以外に午年や

0210_13.jpg

色々な干支の社があります。 

0210_14.jpg

0210_15.jpg

0210_16.jpg

0210_17.jpg

全部撮影していないので干支が無かったかたは申し訳ありませんm(__)m

そしてここでも御朱印を頂きます。

0210_18.jpg

下鴨神社では御朱印は参拝したのと同じなので、おつりの無いようにとの注意書きがありました。

下鴨神社の御朱印です(^^)

0210_19.jpg

緑色の葵の判子が下鴨らしいです。

これは、京都の3大祭りの祇園祭り、時代祭り、そして下鴨神社をスタートする葵祭りで、葵の紋です(^^)

そんな神社巡りはまだ続きます。

さて、明日の11日は雪模様の福岡にANAで日帰りのお出かけなので土曜日は朝晩のANAラウンジからNiceの押し逃げになると思いますm(__)m


おこしやす!(166)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

賀茂別雷神社(上賀茂神社) [京都]

京都で最初に向かったのは賀茂別雷神社で通称上賀茂神社です!

式年遷宮を行っているみたいで、看板も立っています。

この日は1月だったのですが、思ったより人出が少ない感じで、やはり上賀茂神社はアクセスが悪いところにあるのも要因かも?

0208_01.jpg

鳥井をくぐって歩くと舞の舞台なのかサクで囲まれた建物があります。

0208_02.jpg

しかし一月も土曜なのに人出が少ないです

0208_03.jpg

上賀茂神社の由来などがかかれた看板もあります。 

0208_04.jpg

そして2の鳥居をくぐります。

0208_05.jpg

その横には神馬舎がありますが、御神馬はいませんでした!

0208_06.jpg

そして手水舎で手と口を清めます。

0208_07.jpg

この手水舎の水は神山湧水といわれる名水で飲んでも美味しいお水みたいです。

0208_07a.JPG

そして上賀茂神社と言うと2つの砂の山で、これは神山をかたどったものらしく、神様を迎える原型で砂山の頂には松の葉があり(判りづらいですが)、左右で陰と陽を表しているとの事です。

0208_08.jpg

こちら側の写真だと手前の砂山に松葉が刺さっているのがわかります(^^)

0208_09.jpg

また、今年は酉年なので鳥の絵も飾られていました。

0208_10.jpg

そしてお神籤を結ぶのも鳥の形になっていました。

0208_11.jpg

そして奥に行くと長寿橋と言うのがあり、わたって起きます。

0208_12.jpg

また拝殿の所には大きな破魔矢がありました!

0208_13.jpg

また上賀茂神社は小さな祠もあり、こんな感じの神社がいくつかありました。

0208_14.jpg

そして北側の屋根には1週間前に降った雪がまだ残っていました!

0208_15.jpg

そして、御朱印を頂いてきましたが炭の移りを防止する紙に上賀茂神社の説明がありました。

0208_16.jpg

上賀茂神社を参拝した後に向かうのは下鴨神社ですが、それは次回です。

ちなみに上賀茂、下鴨で同じ「かも」でも漢字が違います。

そして上賀茂の横に流れている川は賀茂川で、下鴨神社のそばに来ると賀茂川が鴨川に漢字が変わります(^^)


おこしやす!(165)  コメント(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

東本願寺から東寺 [京都]

錦市場から歩いて向かうのは京都タワーをバックにした東本願寺です。

西にも本願寺もあるのですが、烏丸通り沿いを歩くとあるのが東本願寺です

1221_01.jpg

この時間太陽が眩しくなる時間で西側に太陽が沈むので眩しい感じです!

1221_02.jpg

この東本願寺ですが本堂が立派なお寺です

1221_03.jpg

手水舎もこんな感じです

1221_05.jpg

東本願寺の手水舎龍の口から水が出ています。

1221_06.jpg

ここで御朱印を貰おうと思ったら東本願寺は御朱印やっていませんでした(笑)

そして帰りの時間も近づいて来ますがここからタクシーで向かったのは東寺です!

1221_08.jpg

タクシーを降りて東寺の敷地に入ります。

1221_09.jpg

ここは宝蔵で下の説明を読んで下さい(笑)

1221_10.jpg

また東寺は日本最高の五重塔もあるお寺です!

1221_11.jpg

そして御朱印を貰う所に向かいます。

1221_12.jpg

御朱印は弘法大師と中心に書かれています。

1221_16.jpg

また紅葉越しの五重塔も撮影してみます。

1221_13.jpg

こんな灯籠もあったりします。

1221_14.jpg

そんな東寺ですが

1221_15.jpg

ここから帰る為に京都から新大阪に向かう新幹線です!

1221_17.jpg

新大阪から伊丹に向かって帰りの飛行機です!

そして飛行機と言うとラウンジですが、それは次回です(^^)


おこしやす!(175)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

錦市場へ [京都]

日大で処方されたニコランジルは偏頭痛とかの副作用が懸念されましたが、金曜のお昼から服用していますが今のところ、僕の体には問題無いみたいで偏頭痛も目眩も副作用が起こっていません。

このまま1月のカテ治療まで飲み続けられそうです(^^) 

さて、押小路にある牛の助で食事をした後は、次の場所に向かいます。

京都の中心地は丸太町通りから横に伸びる道を覚えるために覚え歌があり、まるたけえびすにおしおいけ!

これを漢字に直すと丸竹夷二押御池となります。

まるは丸太町通りで、たけは竹屋町通り、えびすは夷川通りで、「に」は二条通り、おしは押小路で

おいけで御池通りとこんな感じで進みます。

そして「あねさんろっかくたこにしき」となるのですがさんの所は三条通で、最後のにしきは錦通りで

1219_01.jpg

錦市場になります。

錦市場は京都の台所とも言われますが、京都の人間に聞くと、ここではたまにしか買わないとのことでやっぱり観光客が多いです!

お店には大好きな牡蠣があったり

1219_02.jpg

京野菜の聖護院大根とかもありますが、これは千枚漬けになるものです(^^)

1219_03.jpg

また万願寺唐辛子も売っていますが高いし、何に使うのが美味しいのだろう?

ピーマンの肉詰めと比べて代わりはあるのだろうか?

1219_04.jpg

そんな野菜の他に魚介類もあrます。

柔らかいタコは美味しいですね(^^) 

1219_05.jpg

そして京都というと名物の鱧の蒲焼きも売っています。

1219_06.jpg

そして牡蠣やサザエも売っていますが、サザエで一番美味しかったのは小学生の頃に家族で言った宇佐美で取れたてを食べたサザエでした(^^) 

1219_07.jpg

その横ではアワビも売られていますが少し小ぶり?

1219_08.jpg

その奥を進むと、伊勢神宮のおはらい町で見たスヌーピー茶屋がここにもありました!

1219_09.jpg

魚介類などでスヌーピーを作るのは難しいみたいですね(^^) 

1219_10.jpg

そんな中におでんやとか

1219_11.jpg

乾物(干物)のお店もあります。 

1219_12.jpg

でもって角にあるのは、ツイッターなどでも相互ホローしている、錦の鳥清さんです(^^)

1219_13.jpg

ここでは唐揚げとかも色々美味しい物を売っています。

そして錦市場を楽しんだ後に向かうとお家が竹で支えられています。

1219_14.jpg

一軒家を竹を切り裂いたの2本で支えるとは(笑)

これはのれんを掛けて日陰にするものだと思います(^^)

京都はもう少し続きます!


おこしやす!(182)  コメント(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

インクラインから牛の助 [京都]

水曜日から2泊3日で日大板橋病院の循環器科に入院してきました!

と言うのも以前もブログで書きましたが少し違和感を感じたので病院に行って検査入院することになったとのですが、この違和感は少し心音の打つのが強い(寝ていると心音が強く聞こえる)のと、階段を上がったりするときに以前に比べて息が上がるのと、左肩が少しコリが強く出ていることで、普段なら全然気にしませんが、僕の場合2年半前に心筋梗塞で緊急入院していて、その後、心臓に関する色んな書物や情報を取り入れていたので、全て心臓が影響すると現れる症状です。

一般の人は、このくらいでは気にしないと思いますが、僕の場合ステントも入っているので、気になって大学病院で医者に診断を受けて、今回カテーテル(造影検査)をやることになりました。

結果はと言うと、心臓には3本の冠状動脈があり、右冠状動脈のステントが入っていない部分に狭窄(血管が狭くなる所)が出ていてそのままにしておくと、狭心症やそこが詰まると心筋梗塞になる可能性があることがわりました!

この為、再度1月に2泊3日でカテーテルでバルーン(ステント留置)での治療を行うことになりました!

医者曰く、今回やっておいて良かったとのことで、普段なら見過ごすことが多いとのことです。

今回次回のカテまでの間だ、予防の為にニコランジルを処方されましたが、これは全身の血管の抵抗を減らして心臓の負担を軽くする薬ですが、「とし@黒猫さん」の所で偏頭痛の原因になった薬の固形薬で、主な副作用として、動悸、顔面紅潮、頭痛、めまい、発疹、吐き気、嘔吐、食欲不振などが報告されているとのことで、これらの症状が出たら病院に連絡することになっています。

いずれにしても、違和感を感じた原因の部位は1カ所だったので、1月のカテで直れば良いと思っています。

インクラインで見たかったのはブラタモリでもやっていた犬釘です

犬釘とはレールを押さえるものです(^^)

1217_01.jpg

ちなみに、この犬釘は上から見ると亀の甲羅みたいな形をしていてアメリカ製です。

またインクラインには船を運んでいた台車も飾られています。

1217_02.jpg

正面から見ると酒樽と運んでいるのが判りますが、以前伏見に行ったときに酒蔵から船に乗せてお酒を運んだとありましたので、伏見から来たのでしょうか(^^)

1217_03.jpg

インクラインの所も紅葉が始まっていました。

1217_04.jpg 

またインクラインのレールを構成しているのはイギリス(バーロウ社)、アメリカ(カーネギー社)、ドイツ(ウニオン社)、フランス(バンデル社)、日本(八幡製鉄と日本製鉄) のを使っているらしいです。

1217_05.jpg

さて犬釘ですが、レールの内側を押さえているのはイギリス製のもので、こちらは犬がレールを咥えているのがわかります(^^) 

1217_06.jpg

レールの内側はそろって頭の四角い犬がレールを咥えています(^^) 

1217_07.jpg

そして外側はアメリカ製の亀の甲の犬釘となっています!

1217_08.jpg

ブラタモリではこの犬釘を一生懸命説明していました。

そして台車の所から道路に降りて向かうのは

1217_10.jpg

地下鉄東西線の蹴上駅ですが途中にインクラインをくぐるレンガ作りのトンネルもあります。

1217_11.jpg

そして蹴上駅ですが、ここは都ホテルの最寄りのえきです。

都ホテルには2回ほど宿泊しましたが、市内への交通の便が悪いのが玉に瑕です(笑)

1217_12.jpg

東西線で向かったのは烏丸御池でここで降りて烏丸通りを上がり、押小路を左に入るとあるのは、昔からお馴染みの牛の助です。

前の日の電話でランチやっているか確認して向かいました。

1217_13.jpg

中に入り、店長に毎度!と言いながらカウンタに座ります。

1217_14.jpg

このお店は牛肉を扱った牛鍋や牛ステーキのお店で、そのときの美味しい牛肉を仕入れて出していますがランチはもの凄くリーズナブルです。

まずは生ビールを頂きながら頼んだのは特上すき焼き弁当(930円)で、普通のすき焼き弁当は(850円)で食べられちゃいます。

1217_16.jpg

牛肉は注文してから一枚一枚調理してくれるので、お肉も暖かいです。

そしてこれにご飯とお味噌汁も付いています(^^)

マスターと1時間半ほど喋りながら、その後は次の場所に向かいます。

1217_17.jpg

牛の助は町屋作りで夜の料理も美味しいお店です。

お店を予約するときはメールホームから連絡頂ければ、名前をお教えしますので、東京のma2ma2から聞きましたと言うともしかしたら何かサービスあるかも(笑)

ちなみにma2ma2では通じないと思います(^^)

そんな京都ですが、もう少し続きますm(__)m


おこしやす!(167)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

建仁寺からインクライン [京都]

今回はカテーテル検査で日大病院に入院していますが、記事は予約投稿で進めます!

建仁寺は敷地が広いので外に出てからも見学するところがあります。

天井の龍の絵がある建物ですが、立派な建物です。

1215_01.jpg

そして建仁寺の敷地内にある別なお寺だったり

1215_02.jpg

門から建物を見て見たりしますが、門柱のキャンパスに建仁寺の建物が描かれます!

1215_03.jpg

その後、建仁寺の敷地内にある摩利支天で以前にも来たことがありますが、建仁寺の敷地にあるとは知らなかったです!

1215_04.jpg

摩利支天は猪が守り神みたいで、手水社も猪でした!

1215_05.jpg

そんな感じで建仁寺を見た後は祇園の花見小路を抜けて次の場所に向かうのですが、エルメスが出店していました(^^)

1215_06.jpg

祇園でもエルメスの馬車マークが目立ちます。

1215_07.jpg

しかし、京の都の祇園にエルメスは少し変な感じですね!

でもバブルの頃にニューヨークのロックフェラーを日本の企業が買ったりとしたときと同じ感じなのかもですね!

そしてその後向かったのは京都の疎水と発電を担ったインクラインです

1215_08.jpg

インクラインに降りるのは途中からも向かえますが琵琶湖疎水記念館から降りることも出来ます。

琵琶湖疎水とは京都に琵琶湖の水を運んだ時に、その水路を使って物資を運んだり発電したりとするためのもので、南禅寺の水路閣とかもこのインクラインに関係しています。

琵琶湖疎水記念館にあるインクラインや疎水の模型です。

1215_09.jpg

1215_10.jpg

そして琵琶湖疎水記念館の前にはこんな噴水の池もあったりします。

1215_11.jpg

インクラインに降りてみます。

1215_12.jpg

反対側はインクラインの終点です。

1215_13.jpg

そんなインクラインですが説明です(^^)

1215_14.jpg

今回は入院中なので返事とかは出来ませんが、コメント欄は開けておきます。

そんなインクラインでしたが、次回は何時ものお昼の場所も出てきます(^^)


おこしやす!(157)  コメント(31)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

建仁寺2 [京都]

建仁寺は龍のふすま絵や天井絵以外にも色々見所はあります。

天井絵の所と本堂を結ぶ場所に、横切る場所がありますが、天井絵とか見るには拝観料を払いますが横切るにはその通路を横切るので係員が勝手に入らない様にチェックをしています。

1213_01.jpg

そして本堂に戻り龍では無いふすま絵を見て歩きます。

1213_02.jpg

鈴(りん)をはさんで見る方角を変えますが中国の水墨画のふすま絵って感じです。 

1213_03.jpg

そして木魚を挟んでのふすま絵です(^^)

1213_04.jpg

また隣の部屋に行くと山水図のふすま絵です。

1213_05.jpg

1213_06.jpg

1213_07.jpg

三方をいっぺんに紹介しました(^^)

しかし、こう言うふすま絵を公開してくれるのは嬉しいですね!

1213_08.jpg

また建仁寺では写経もする場所があります。

写経はおそらく般若心経だと思います。

1213_09.jpg

そして室内には 対馬行列輿があります。

詳しくはその次の写真を見て下さい。

1213_10.jpg

1213_11.jpg

またこんなふすま絵の部屋もあります。

1213_12.JPG

そして部屋には丸窓もあり、この丸窓の外にはここからだけ見るような木も植えられて、その奥には障子があり、四角い空間を表しています。

1213_13.jpg

丸窓を見せるだけのお寺とかも多いですが、丸と四角を組み合わせるとはなんとも粋です(^^)

そして建仁寺で有名なのは風神雷神の屏風絵ですが、これはレプリカでキヤノンが複製したものと言われています。

本物は大事にしまわれています。

1213_14.jpg

そんな建仁寺ですが、京都最古の禅寺とも言われているお寺です。

そして建仁寺の庭には紅葉の木々があります

1213_15.jpg

今回全てiPhoneで撮影しましたが、遠近感を出すのに数枚撮影しました(^^)

そして建仁寺で頂いた御朱印です

1213_16.jpg

さて、明日から2泊3日で日大板橋病院に検査入院してきます。

皆さんの所にはiPhoneを持って入院するので、お越し頂いた方の所だけにはniceのお返事出来そうです!

そして15日は予約投稿で、引き続き京都の記事を続けます(^^)


おこしやす!(169)  コメント(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行