So-net無料ブログ作成

那覇から久米島へ [国内旅行]

前回、羽田から那覇空港に向かう飛行機の途中で終わりましたが、それは沖縄に向かう飛行機の左側の座席だったからで、那覇まで向かう場合、羽田から名古屋まで海の上を飛行し、その後紀伊半島を右に見ながらそのまま那覇に向かいます。

この為、左側の座席だと殆ど海か雲しか見れません(^^)

そして普通那覇空港は北風運用の事が多く、その場合沖縄の左側を飛ぶため殆ど地上も見れませんが、この日は南風運用なので、その場合左側の座席から沖縄の風景を楽しめます。

沖縄が近づき見えてくるのは与論島で、この先が沖縄になります。

ちなみに与論島は鹿児島県になります(^^)

0807_01.jpg

与論を過ぎると伊平屋島が見えて来ます。

普段はここから左に旋回して沖縄本島の反対側になるのですが、この日はそのまま南に飛行していきます。

0807_02.jpg

沖縄本島に近づくと古宇利島が見えて来ました。

0807_03.jpg

古宇利島を過ぎると見えてくるのが瀬底島で、近くには美ら海水族館もあります。

0807_05.jpg

遠くに普天間基地も見えて来たので写真を撮影しましたが、写真だと判りづらいです(笑)

0807_06.jpg

そして那覇空港に着陸です。




那覇空港のJAL側ターミナルに到着です。

0807_07.jpg

那覇空港ではクラブツーリズムの現地添乗員が向かえに来ていて、乗り継ぎの案内があり、1時間の乗り継ぎ時間があります。

0807_08.jpg

なので、向かうのは那覇空港の新しくなったサクララウンジです。

0807_09.jpg

以前はこの入り口を入るとすぐに座席でしたが通路になっていました。

0807_10.jpg

サクララウンジではオリオンビールを頂きます(^^)

0807_11.jpg

そしてビールで一息です(^^)

0807_12.jpg

そうしてビールを楽しんでいると久米島に行く飛行機の時間になります。

バスで飛行機に向かいます。

0807_13.jpg

そして飛行機に搭乗です(^^)

乗るのは琉球エアコミューターで初めてのRAC搭乗です!

0807_14.jpg

ちなみに、乗る飛行機はBombardier DHC-Q300ですが、この飛行機暑いです!

エンジンでプロペラが回るとやっと冷房の風が出てきますが、沖縄の暑さではなかなか涼しくならずに乗客みな汗をかいて飛行機にのっています。

中では先島諸島の案内が配られました。

0807_15.jpg

そして那覇から久米島の飛行時間は30分なのですぐに到着です。

0807_16.jpg

久米島は小さな島で、観光は翌日になります。

0807_17.jpg

バスでホテルに向かい、この日は終了です。

なので、ツアーと言っても1日目は移動の旅でした(^^)

おこしやす!(206)  コメント(43) 
共通テーマ:旅行