So-net無料ブログ作成

五箇山金沢ツアー6(雪の兼六園) [国内旅行]

翌日のツアー一行が向かったのは兼六園です。

金沢も前日の夜に降った雪で道路とかも少し雪が残っています。

宿泊先から20分ほどで兼六園に到着します。

0320_01.jpg

兼六園の看板にも薄らと雪が積もっています。

そして兼六園の中も雪が綺麗に積もっています。

0320_02.jpg

ツアーの添乗員が言っていたのは何回も兼六園にきているけど、今回が一番綺麗だとの事!

確かに大雪ではなく、薄く雪化粧が綺麗です。

0320_03.jpg

ツツジだと思いますが枝とかにも雪が残っています。

この日の天気は晴天なので、午後には雪は無くなってしまうので、朝一番の兼六園は正解でした(^^)

0320_04.jpg

今回で兼六園は3回目で最初は真夏の暑いときで、2度目は金沢でノロウイルスを発症して見学どころでは無かったので、今回は綺麗な兼六園を見ることが出来ました(^^)

0320_05.jpg

ここは鶄鴒島と書かれていますが読めません(笑)

別な角度からですが鳥居があるので、何かを奉っているのかもしれません。

0320_06.jpg

そして冬の兼六園と言うと木にかけられた雪囲いが雪化粧に会っています。 

0320_07.jpg

松の木などはロープを枝に結んで雪の重みで枝が折れないようになっています。 

0320_08.jpg

でもこちらの雪囲いの方がそれらしいですね(^^) 

0320_09.jpg

0320_10.jpg

そしてこちらは鳩が止まらないと言われている銅像です! 

0320_11.jpg

そしてこちらは3重の雪囲いがされている松で唐崎松になります。

0320_12.jpg

この松の歴史は看板写しておきました(笑)

0320_13.jpg

こちらは雪がだいぶ溶けてしまっています。 

0320_14.jpg

こちらは4重になった雪囲いの松で、立派な松が沢山あります。

0320_15.jpg

兼六園と言えば徽軫灯籠(ことじとうろう)です。

0320_16.jpg

そんな雪の兼六園でした。

次回も金沢市内を見学します(^^)


おこしやす!(175)  コメント(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行