So-net無料ブログ作成
検索選択

那覇空港と帰りの飛行機 [沖縄]

梅雨の沖縄も何とか昼間は天気がもっていたが、那覇空港に戻るとどんよりとした天気になってきて飛行機を撮影しようかな?と思ってデッキに出てみると航空自衛隊のE-2Cが離陸していきます。

昼間は天気も良かったのですが、雨が降り出しそうな天気にグレーの飛行機で見栄えしないです(^^ゞ

0830_01.jpg

この飛行機はGrumman E-2 Hawkeyeと言われ早期警戒機となります。

そしてグランドを見るとピンクのジンベイジェットとお揃いのトーイングトラクターでこれはコンテナを運ぶものになります。

0830_02.jpg

そしてピンクのジンベイジェットのトーイングカー(航空機牽引車)もあります。

0830_06.jpg

そしてお馴染みのソラシドエアのくまモンジェットも駐機しています。

0830_03.jpg

その後離陸していくのは琉球エアコミュータから第一航空に移籍したBritten-Norman BN-2B-20 Islanderでセスナではありません。

この飛行機はと言うと那覇空港と粟国島や沖永良部などを結んでいます。

0830_04.jpg

そしてJALのBoeing767-300も離陸していくところを撮影していると雨が降り出してきたので撤収します。

0830_05.jpg

撤収しようと歩いているとスカイマークのBoeing737-800が着陸してきたのですが、おや?と思ったのはスカイマークのウイングレット(翼の曲がった部分)にトランプの絵柄が描いてあるのは有名ですが、内側と外側でマークが違うのは初めて見たような?

0830_07.jpg

そして喉が渇いたのでオリオンビールと

0830_08.jpg

ゴーヤチャンプルー

0830_09.jpg

を頂いて帰りの飛行機の搭乗時間を待ちます。

この日の帰りはANAで株主優待でプレミアムクラスで東京に戻ります。

離陸すると雲が放射状に延びているので撮影をします。

0830_10.jpg

その後、ご飯が運ばれてきます。

0830_11.jpg

そして一緒に赤ワインを頂きます。

0830_12.jpg

そうしてワインを楽しんでいると既に四国の横を飛行しています。

0830_13.jpg

あと1時間弱の飛行時間なので、もう一本白ワインを頂きます。

0830_14.jpg

そうこう楽しんで、帰宅しました(^^)

8月も終わりなのですが、ネタが色々あるので、次回は何にしようか?と考え中です(笑)


おこしやす!(155)  コメント(52)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

パワースポット 斎場御嶽(せいふぁーうたぎ) [沖縄]

グスクの勝連城跡をみた跡に向かったのは、斎場御嶽(せいふぁーうたぎ)と言われる所で、沖縄最高のパワースポットで知念半島にある斎場御嶽は琉球の始祖「アマミキヨ」が造ったとされ、国始めの七御嶽の一つといわれる琉球最高の聖地です。

駐車場は近くには無く、中学校の敷地に車を止め歩いて15分くらいで向かうと建物が見えて来ます

0828_01.jpg

そして最近作られたものですが、ここも世界遺産になっている場所です。

0828_02.jpg

入場料を払い、建物に入ると、DVDで城内の案内と聖地である部分にはさわったりしたらいけないと言うビデオを見て、から森の中に入ります。

0828_04.jpg

木々に覆われた道を進むと途中には石塔などもあり、雰囲気を醸し出しています(^^)

0828_05.jpg

そして奥に進むと大庫理(うふぐーい)と言われる祈りの場所に到着します。

この石畳は聖地なので入る事が出来ません。

0828_06.jpg

そして途中には太平洋戦争で、聖地に爆弾が落ちて出来た砲撃穴があり、ここにもその名残があります。

0828_07.jpg

0828_08.jpg

そしてここは寄満(ゆんいち)と言われる所で、正式なホームページに書かれているのは寄満とは首里城内にある建物の名前で、国王のために食事を作る厨房を指します。当時、ここには国内外からの海幸・山幸が集まりました。それが、豊穣の寄り満つる所」と理解されていったのでしょう。同じ名前を持つ斎場御嶽のこの場所には、第二次世界大戦前まで、その年の吉兆を占う馬の形をした石(うまぐゎーいし)が置かれていましたとの事です。

出典:http://www.odnsym.com/isan/sefa.html

0828_09.jpg

その後この壺に落ちる水も聖なるものなので、手でさわることは出来ない場所です。

0828_10.jpg

その水滴が垂れてくる所はと言うと、鍾乳石みたいな感じで、同じ場所に水滴が落ちてきます!

0828_14.jpg 

そしてこのせいふぁーうたぎのメインとなる三角岩で三庫理(サングーイ)と言われ二本の鍾乳石と、三角形の空間の突き当たり部分は、それぞれが拝所となっています。

ちなみに、このせいふぁーうたぎはその昔は男子禁制だったらしいです!

0828_11.jpg

その三角岩と言うとこんな感じで2枚の岩が寄りかかっているようになっています。

0828_12.jpg

くぐって反対側からも撮影しておきます(^^)

0828_13.jpg

この三角岩をくぐったところにあるのは久高島遥拝所があります。

0828_15.jpg 

多分ここから見える久高島は聖なる島だったのかもしれません。

0828_16.jpg

ちなみに、この久高島ですが前回沖縄着陸時に撮影した島でこの島を聖なる場所から見てみました(^^)

0826_03.jpg

今回の沖縄は日帰りだったのですが、ここまでは良い天気でしたが、この後那覇空港に戻る頃には梅雨なので雨が降りそうな天気になってきました。

そして、曇り空の中で撮影する飛行機は次回となります(^^)


おこしやす!(140)  コメント(42)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

グスク 勝連城跡 [沖縄]

今年の梅雨の時季に沖縄に行ったレポも紹介していなかったので、今回は沖縄の紹介になります。

この時の東京梅雨まっただ中で、沖縄も梅雨明けしていないので大丈夫かな?って思いながら羽田のJAL Diamond Loungeから外を見ているとBritish Airが着陸してきたので、慌ててiPhoneを取り出して撮影しますが、翼端のナビゲーションライトが光った所を偶然に撮影出来ました(^^)

0826_01.jpg

そして羽田を8時に離陸し、沖縄に向かいます。

沖縄が近づくまでは雲だらけで飛行機からの風景も楽しめなかったのですが、沖縄が近づいて来ると雲が取れてきて飛行機からの景色も楽しめます!

僕は基本晴れ男で、お出かけで雨に降られるのは10%も無いので、梅雨明け前の沖縄もこの日は天候が良くなってきています(^^)

そして見えて来たのは喜界島でいつも沖縄に向かう飛行機は奄美大島上空をパスするのですが、この日は少し東よりを飛行しているみたいです。

0826_02.jpg

そして最終着陸体勢に入る直前に見えたのは久高島で南城市から見ることの出来る島です。

0826_03.jpg

そして、その後は那覇空港に着陸し、いつものフジレンタカーでガソリン満タン不要プランで借りた車で向かったのは沖縄中央に位置するうるま市にある勝連城跡です。

この勝連城跡ですが、琉球王国が安定していく過程で、国王に最期まで抵抗した有力按司(あじ)阿麻和利が住んでいた城と言われ、首里城を中心とした琉球王国と戦った城になります。
沖縄はそんなに大きくないですが、その中に190以上の城(グスク)跡があるお城王国なので色んな城跡を見てみようと思っています。

0826_04.jpg

沖縄のグスク独特の巨大な石垣が見えますが、沖縄でこれだけの石垣をもっている城は数える程で、中小のグスクは石垣もないような所が殆どです。

この勝連城跡は「琉球王国のグスク及び 関連遺産群」として世界遺産に登録されています。

0826_05.jpg

グスクを登ると

0826_06.jpg

この勝連城跡は入場料とかも取っていないので、城に登る石段も結構整備されていませんので、上り下りには注意が必要かもしれません!

多分左側は昔の城に登る道だと思われますが、今では危ない所は石段で登れるようにしたのではないか?と思われます。

0826_07.jpg

そして普通の城では二の丸とか言われるのかもしれないですが、沖縄のグスクでは二の曲輪(くるわ)と言われる場所です。

0826_08.jpg

0826_13.jpg

また途中にはソテツの花が咲いていたので撮影しておきます。

0826_09.jpg

そして多分ここが王が住んでいた一番高い場所になります。

0826_10.jpg

ここからは中城跡とかも見ることが出来るらしいのですが、探せませんでした(^^ゞ 

0826_11.jpg

またここはうるま市なので、以前紹介した海中道路とかも望む事が出来ます(^^)

0826_12.jpg

今まで首里城や今帰仁城跡、中城跡なども見学しましたが、この勝連城跡も結構楽しめるお城だと思います。

次回も沖縄を紹介します(^^)


おこしやす!(144)  コメント(48)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

陸上自衛隊広報センター りっくんランド [自衛隊]

オーストラリアのゴールドコーストマラソンレポを優先した為、少し古く6月のネタですが陸上自衛隊広報センター、通称りっくんランドに行ったので、紹介します。

このりっくんランドですが、埼玉県朝霞市にあるので僕の住んでいる池袋からは車で1時間もかからずに到着します。

この日は土曜日と言う事もあり、混んでいるかな?と思ったのですが、意外と空いていて一般の駐車場は40台止められるのですが半分以上空いていました。

りっくんランドですが、駐車場から建物を撮影します。

0824_01.jpg

そして受付通り入ると最初は2階にあがり、そこから見学をします。

2階は陸上自衛隊の組織とか任務が紹介されています。

0824_02.jpg

そして1階を見るとこんな感じで陸自のヘリとかも飾られています。

0824_03.jpg

1階に下りて上から見たヘリを撮影します。

このヘリはAH-1Sと言うものでAHはAnti-tank Helicopterから対戦車ヘリコプターでコブラとも呼ばれています。

0824_04.jpg

操縦席を見ると、前席と後席があり、後席は操縦席で、前席はガナー席と言われ射撃用の座席になります。

ちょうど中央にあるのは目標を捕らえる為のスコープになります!

0824_05.jpg

そして外に出て見ると色々な戦車が展示されていて75式(ななごうしき)自走155mmりゅう弾砲です。

0824_06.jpg

そして隣には74式(ななよん)自走105mmりゅう弾砲

0824_07.jpg

94式(きゅうよん)水際地雷敷設装置 

0824_08.jpg

87式(はちなな)自走高射機関砲で愛称はスカイシューターとなっています。 

0824_09.jpg

89式(はちきゅう)装甲戦闘車で愛称はライトタイガー

0824_10.jpg

その横には奥から74式(ななよん)戦車と10式(ひとまる)戦車 が並んでいます!

0824_11.jpg

その他にも色々展示されていますが、今回は省略します。

そして室内に戻ると戦場で食べる食料の展示もありますが、全て高カロリー食で1食1000Kcal以上あるものばかりです(^^)

なので、自衛隊員みたいに訓練とかで消費カロリーが多く無いと、絶対に太る食料だと思います(笑)

0824_13.jpg

そして、室内にはヘリのフライトシミュレータがあり、これは自分で操縦するのでは無いですが乗ってみる事に!

0824_14.jpg

1フライト10分程度で、内部は撮影禁止なのですが、自分しか乗っていなかったのでこっそり撮影しちゃいました(^^ゞ

0824_15.jpg

映像が写り後席に乗っているような感じで、ヘリの動きに合わせて上下左右に動きます。

ちょうど、砲撃を行ったところで目標に向かって飛んで行く砲弾の光が見えます!

その後、お土産に自衛隊オリジナルカレーの撃(GEKI)カレーを購入しました(^^)

0824_16.jpg

まだ食べていませんが昭和レトロ味ってどんな味なのか楽しみです(^^)


おこしやす!(139)  コメント(64)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

シドニーから帰国 [オーストラリア]

シドニーで一泊した後に向かうのは正式名:シドニーキングスフォード・スミス空港で飛行機の出発時間は朝8:15なのでホテルのロビー集合は朝5時となります。

なので5時前にはチェックアウトしなければならないので起きるのは朝4時、本当に海外ツアーは早起きばっかしです。

シドニー空港に到着後チェックインカウンターでチケットを受け取り、ワンワールドのemerald会員の特典で優先的に出国手続き、保安検査を抜けて行きます。

そして真っ先に向かうのは昨年も利用したカンタス航空のFirst Loungeで時間は朝の6時半ですが、ビール飲む気満々です。

0822_01.jpg

座席は流石に朝早い事もあるのと、ビジネスクラス利用の人も、このLoungeは使えないのでガラガラです。

0822_01a.JPG

メニューが運ばれて来たので、Do you have any beer?と聞くとメニューの右側中央にBEER AND CIDERを指さされたのでHAHN Super dryビールを注文!

0822_02.jpg

それと一緒に頼んだのはフルーツサラダです(^^)

0822_03.jpg

そして窓からエミレーツの総2階建てAirbus A380をパチリ!

0822_04.jpg

そして搭乗時刻30分前になるので、スポットに向かうとAIR INDIAのBoeing787-8が隣に駐機していたので撮影します。

この奥に見える鶴丸の尾翼が帰りに乗る飛行機です(^^)

0822_05.jpg

飛行機に乗り込みますが、今回の座席はプレミアムエコノミーで20Kの座席です

そしてエコノミーとかの人たちも乗り込んできたのですが、どうもプレミアムエコノミーの17H/Kが空席の模様?

0822_00.jpg

数人の人たちもそれに気がつき、移っても良い?とCAに確認している人が数名!

ここで、僕もそこに移りたいのでCAさんにDiamondメンバーのカードを見せて、17Kに移りたいんだけど!とDiamondの力を有効利用します。

その結果、僕がそこに案内され他の人たちは既に案内してしまいましたのでと断られていました(^^)

流石Diamondのステータスは偉大です。

と言う事で足を伸ばしても全然広々としていて、前の空間もビジネスと殆ど変わらないです(^^)

0822_06.jpg

そして離陸後はシャンパンを頂きます。

0822_07.jpg

そして1時間もしないうちに食事も運ばれてきます。

帰りの食事はビーフシチューとの事だったのですが、ご飯の横にシチューがかけられた感じで、僕的にはシチューとパンが良かったです(^^)

0822_08.jpg

そして食事と一緒に飲むのはJALオリジナルの赤ワインです!

0822_09.jpg

食事も終わり、その後は焼酎を飲みます。

0822_10.jpg

また焼酎を持ってきたCAさんはオーストラリア人CAのネーンさんで写真を撮らせて貰いました(^^)

0822_11.jpg

最初の食事は朝9時半くらいで、日本までの飛行時間は9時間50分と帰りは昼間飛び続けるので午後1時過ぎるとやはりお腹が空いてきます。

そこで軽食で貰うのはJALオリジナルカップ麺の「うどんですかい」です

0822_12.jpg

カヤクとして入っているかまぼこには飛行機のデザインが描かれています!

そして、着陸2時間前には軽食が配られますがスパゲティーボロネーゼで、昨年のキッシュよりは大分ましになっています(^^)

0822_13.jpg

でも味はいまいちでした(笑)

そうしているとフライトマップには見慣れた地名が沢山表示されてきます。

0822_14.jpg

あと数十分で9時間以上の空の旅も終わりを向えます!

成田空港に着陸後、スポットに戻る途中でアメリカンエアラインが駐機していたのですが、AAマークだったアメリカンエアラインは知らぬうちにデザイン変更されていました(^^)

0822_15.jpg

7月から続いて、途中間は空きましたがゴールドコーストマラソンツアーもやっと終了します(^^)

長らくお付き合い有り難うございますm(__)m


おこしやす!(143)  コメント(52)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

シドニーで美味しかった [オーストラリア]

シドニーを色々散策して、一旦ホテルに戻り会社の仕事関係の人と待ち合わせて飲みに行く予定になっています。

最初はまずは軽くと言う事で胃を元気にするために近くのバーに入る事にします。

0820_01.jpg

そこでギネスのスタウトを軽く頂きます。

0820_02.jpg

店内が暗いのでiPhoneだと限界かもしれないですが店内はこんな感じのお店です。

0820_03.jpg

軽くアルコールで胃が刺激されたので、次のお店に行くことにします。

仕事関係に人の会社はドイツに本社があり、シドニーにも良くドイツから人が来ると言う事で、次はドイツのお店に向かいます。

バーバリアン・ビア・カフェと言うドイツのビアカフェに入ります。

0820_04.jpg

このお店も店内が暗いのでメニューが見づらかったのですが、iPhoneにはLEDライトが付いていることを思い出し

0820_05.jpg

注文したビールを撮影(^^)

LEDライトで明るくなりました!

0820_06.jpg

そしてメニューも明るく照らせます(^^)

0820_07.jpg

まずは烏賊のフリッターで、要は烏賊フライです(^^)

0820_08.jpg

そしてシュリンプのタイ風サラダで、赤い唐辛子ソースにつけるととても辛いのでビールが進みます(^^)

0820_09.jpg

またポテトと鳥のサラダも頂きますが、タルタルソースをつけて食べるところはドイツ風なのでしょうか?

0820_10.jpg

そしてドイツと言うとザワークラフト(キャベツの酢漬け)とソーセージで

0820_11.jpg

これを食べるとドイツって感じです(^^)

その後、飲むビールはミュンヘンのパウラナーでグラスに入っているのですが、30cm位のグラスで多分1リットルくらい入っているのではと言うものです。

0820_12.jpg

そのビールを結局4杯飲んだので4リットルのビールを飲んじゃいました(笑)

ちなみに、このお店ですがウエーターが皆ミニでチョット色っぽいお店でした(^^)

0820_13.jpg

そしてお店を出てホテルに戻りますが、明日は日本に帰国日で朝5時にはチェックアウトしないといけないので、深酒はしなかったです(^^)

次回でいよいよ、オーストラリアも一旦終了です。


おこしやす!(152)  コメント(46)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

シドニーであちらこちら [オーストラリア]

ツアーもシドニーに到着し、昨年はオペラハウスやハーバーブリッジを見学したりしたのですが、今年は空港からホテルに送られるとその後は自由時間と言う事で、ホテル近くを少し散策します。

宿泊したホテルは、昨年に続き旧JALホテルで今はフォーポイントバイシェラトンとなっています。

そしてホテルを出て歩いて向かうのは、昨年夕飯を食べたダーリングハーバーで昼間に向かうのは初めてです。

0818_01.jpg

ダーリングハーバーには帆船とか

0818_02.jpg

軍艦も泊まっています!

0818_03.jpg

そうして写真撮影を楽しんでいると、なにやら英語のアナウンスが流れてきますが、最初は何かの案内かな?って思っていると、クローズと言う言葉が聞こえ前を見ると橋が封鎖されて行きます。

思わず全力で走って抜けるとこんな感じで封鎖されました!

0818_04.jpg

その後橋の中央が回転していきます。

0818_05.jpg

そして90度回転してやっと停止します。

0818_06.jpg

すると湾内で作業していたクレーン船とかが橋の横を通って出て行きます。

0818_07.jpg

そして橋が元に戻ると多くの人が通行していきます。

0818_08.jpg

その後、会社の後輩から頼まれた化粧品を探しにシドニーの中心地のシティーに歩いて向かいます。

ホテルの近くにはボトルショップと言うお酒を売っているお店があるのでチェックしておきます。

オーストラリアではお酒はコンビニとかでは売っていなく、専門のショップでしか買えませんのでチェックが大事です(笑)

0818_09.jpg

まずジョージSTにあるMyerをチェックしましたが、住所は合っていましたがお店は無かったです。

そして古い建物のショッピングセンターを見ますが、ここにもありません!

0818_10.jpg

この建物は、全てお店が入っていてシティの駅にも直結しています。

その後Central Plazaとかも探しますが、目的のお店がみつかりません(^^ゞ

2時間ほどシティーを行ったりきたりしましたが諦めて、ST アンドリュースとかを見て見ることに

0818_11.jpg

そして、裏道とかに入ると古い建物と新しい建物が入り組んでいますが、シドニーは坂の街なので右側の入口と左側の入口では高低差があるのが判ります(^^)

0818_12.jpg

また、僕はギターを弾くのですが大好きなFenderのお店を発見!

僕が使っているのはレスポールですが、Fenderのテレキャスターとかの音も大好きです。

0818_13.jpg

そして古いホテルとかの宿泊施設で有名なダンディーアームスがあったので撮影してきますが、ここはホテル紹介所でした!

0818_14.jpg

結局買い物は出来ませんでしたが、シドニーの街を歩き回れたので楽しかったです(^^)

次回は、オーストラリアはシドニーにある仕事関連の人と飲んだレポになります!


おこしやす!(159)  コメント(44)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ゴールドコースト空港で飛行機 [オーストラリア]

今回、本当はワンダーエアポート・ゴールドコースト空港2(昨年少し紹介しているので2になります)を行おうと思ったのですが、7月下旬から8月上旬まで入院してしまったために、オーストラリアの紹介が2ヶ月を越えてしまいそうなので、少し先に進めなかればと思い、ワンダーエアポートはまたそのうちに行います(^^)

ゴールドコーストからシドニーにはジェットスターで向かうのですが、保安検査場を抜けて搭乗時刻まではまだ1時間以上あるのでコーヒーを買って飛行機を待つことにします。

0816_01.jpg

そう言えば昨年はゴールドコーストを1時間以上遅れたな?って思いながら滑走路を見ているとVirginBlueのBoeing737-800がスポットにやって来ます。

0816_02.jpg

そして、滑走路を見ていると僕が乗る予定の飛行機が着陸してきました!

0816_03.jpg

そして目の前を見ていると飛行機を動かすトーイングカーを移動していたので撮影しますが、日本の空港だと絶対にグランドスタッフはヘルメットをかぶっているのですが、こちらは呑気な感じでトーイングカーも小っちゃなものです!

0816_04.jpg

そして横を見ると先ほどのVirginBlueが駐機したので、尾翼のVirginマークを撮影します。

0816_05.jpg

このVirginグループですが、元々はイギリスのVirgin Airlineが母体で、オーストラリアではVirginBlueホールディングスの配下に、VirginAustraliaもあるのでオーストラリアでVirginグループの飛行機は2つの会社があります。

また、ゴールドコーストでは多分個人所有?と思われるセスナも離陸していきます!

0816_06.jpg

そんな感じで飛行機を楽しんでいると、僕の乗るジェットスターもスポットに駐機しますがゴールドコースト空港は全てのスポットにボーディングブリッジは無いのでタラップが付けられますがなんと手押しでタラップを動かしています(笑)

0816_07.jpg

ちなみに、ゴールドコースト空港は新しく建て替えて国際線も増やしたいらしいのですが、現在だとボーディングブリッジが国際線も無いので雨の日は、乗客はずぶ濡れになるそうです(^^ゞ

そして搭乗時間になり、飛行機に乗り込みますが、今回の座席は結構後ろなので後部から乗り込みますので、並んでいるときにiPhoneで写真を撮影します。

0816_08.jpg

そして羽の下も撮影していると、係員がやって来て「何写真撮っているんだ!」と怒り出したのでとぼけて「I can't speak English」と行って、両手を広げてI don't understandと言いましたが、英語で喋らない方が良かったかもです(笑)

どうも飛行機の撮影はダメみたいなのですが、何処にも書いてなかったです!

0816_09.jpg

そして座席に着くと、やはりLCCで狭い

0816_10.jpg

そう言えば昨年は広く感じたのに?と思って家に帰ってから写真を見比べると昨年の飛行機は足の前に座席ポケットが無く、シートポケットがテーブルの上だったので広く感じたみたいでした。

日本人でも狭いのでオージー達は斜めに座ったりしていました!

そして離陸後ベルト着用サインが消えたので、別にトイレを我慢していた訳ではないのですが、見学がてらにトイレに行ってみます。

日本のジェットスターには乗った事無いので判りませんが、トイレに入るとオレンジの香りがして、手洗いの石鹸もジェットスターのロゴ入りです。

0816_11.jpg

ジェットスターのコールサインはオレンジライナーと呼ばれるので、香りとか細かいところにこだわっているのかもしれません。

また飛行機に乗ると、国内も国際線も海外でも基本禁煙ですが、トイレには必ず灰皿が取り付けられています。

0816_12.jpg

今まで何回か他の人のブログでその答えを書いてきましたが、自分のブログでは書いていないので今回、説明します。

今では全ての飛行機で禁煙ですが、灰皿が付いているのは喫煙可能の時の名残では無く、新造機の飛行機でも灰皿がトイレ(ラバトリー)に付けられています。

これは、禁煙を守れずにトイレとかでタバコを吸った人がいた場合(トイレでタバコを吸うと火災警報がなり、緊急着陸などもあり、罰金で50万以上、それ以外に航空会社に賠償請求される可能性もあるので、絶対に吸わないように)、トイレに火の付いたタバコを捨てられると、水をあまり使わない飛行機のトイレではタンク内で火災に繋がる可能性があるので必ず灰皿が取り付けられています。

ちなみに、トイレの灰皿が無くて見つかるまで飛行機の出発が遅延したこともあるそうです。

そして1時間20分程のフライトでシドニー空港に到着しますが、前方のドアはボーディングブリッジが接続されていますが、後部ドアではタラップになります。

ここでも懲りずに撮影しちゃいました!

0816_13.jpg

そうしてシドニー空港に入ると、ジェットスターのラッピングジェットが駐機していました

0816_14.jpg

書かれている文字を見るとCelebrating 100 Aircraftと書かれていて、100機目の飛行機導入記念みたいです。

その後はシドニー空港から市内のホテルまで向かい、自由行動となりますがそれはまた次回と言う事で、まだまだオーストラリアは続きます(笑)


おこしやす!(145)  コメント(62)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ゴールドコースト空港へ [オーストラリア]

オプショナルツアーがトロピカルフルーツワールドから次に向かうのはバーレーヘッド(バーリーヘッド)で、ゴールドコーストマラソンの最初の折り返し地点の先になります。

地図をアップしますが、赤い線はゴールドコーストマラソンのコースで行き止まりになっているのは最初の折り返し地点になり、その先にあるのがバーレーヘッドになります。

0814_00.jpg

そしてツアーではここから見るゴールドコーストの街は一見の価値ありとの事で、ここで1時間の見学時間を取っていますが、普通の公園って感じで、ゴールドコーストがこんな風に見える場所です。

0814_02.jpg

ツアーでは1時間も時間を取っていますが、10分ぐらいでも良い感じです。

またこの場所はウミネコが沢山いて、ニャーニャー鳴いているのを聞くと、確かに=^_^=って感じがします。

0814_03.jpg

また、この時期オーストラリアでは冬休みに入っているので平日でも子供が沢山いて、昔日本でもあった足こぎバイク(ペダルを踏んで走るとエンジンがかかるバイク)に乗っている(どう見ても小学生高学年か中学生)少女を撮影します。

0814_04.jpg

そんなオプショナルツアーでしたが、ゴールドコーストに戻り、オパールのお店でローンボーリングの表彰式でオパールの入ったコアラのペンダントを貰いました。

その後オパールのお店からホテルに歩いて戻り、この日はツアーではビール飲まなかったので冷蔵庫で冷えているビールで一息つきます。

0814_05.jpg

そしてこの日の夕飯はと言うと、ホテルの前にあるインドカレーにしようか、ピザにしようか迷ったのですが、ビールに合うのはってことで持ち帰りのピザを購入しTake awayします。

こちらはコンビーフとポテトのピザで、スーパードライと一緒に頂きます。

0814_06.jpg

もう1枚はサラミのピザで、どちらもピザーラとかで言うとLサイズよりもう少し大きい6枚切りのワンピースって感じです。

0814_07.jpg

2枚のピザを美味しく頂きましたが、2枚でA$6とオーストラリアではお安い値段でした(^^)

そして翌日は朝6時半にホテル出発し、ゴールドコーストからシドニーに向かうので早めに寝ることにします。

今回オーストラリアに持っていったカメラはNikon D7100だったのでISOの感度を上げて運転練習中のトラムをホテルから撮影しましたが、夜なのに結構綺麗に写りました(^^)

0814_08.jpg

ちなみに、このトラムですがよく見て貰うと7両編成のうち2両が少し短い変わった編成になっていました!

そして翌日は5時半に起きて、前日食べられなかったマフィンとコーヒーを飲み外を見ると朝焼けが街を照らし出しています。

0814_09.jpg

そして朝日が綺麗に昇ってきます(^^)

0814_10.jpg

そんなゴールドコーストでしたが、宿泊したウォータマークホテルを出発する前に撮影します。

昨年とは少し違うアングルにしてみました(笑)

0814_11.jpg

そしてバスでゴールドコースト空港に向かい出発します。

所で、オーストラリアはガソリンスタンドで日本と大きく違うのをマラソン走っていて気がついていたのですが、撮影していなかったので

0814_12.jpg

なにが違うのかと言うとガソリンの値段で上から「レギュラー」「ハイオク」「ディーゼル」となっているのですが、レギュラーガソリンやハイオクよりもディーゼルの方が高いと言う事です。

何故だかは判りませんが、ディーゼルが一番高いです。

そうこうしているとゴールドコースト空港に到着します。

0814_13.jpg

一年ぶりのゴールドコースト空港ですが相変わらず小さな空港です(^^)

0814_14.jpg

次回はゴールド空港からシドニーに向かいます!

(ワンダーエアポート・ゴールドコースト空港2は別な時に紹介したいと思います)


おこしやす!(139)  コメント(50)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

トロピカルフルーツワールドで昼食 [オーストラリア]

ByronBayを出発するとツアーは次の場所に向かいます。

ここはイギリスやオーストラリア、ニュージーランドなどのイギリス領だった国で盛んなローンボーリングの体験を行います。

このローンボーリングは芝生上に置かれた目標のボールにめがけて楕円のボールを転がしてポイントを競うゲームなのですが、今回のツアーは2人のために撮影している時間が全然ありませんでした(笑)

なので、僕が参加したツアーの案内をご覧下さい

https://www.australiaholidays.jp/tabisuke2/item/index.php?action=%2Fdetail&uid=00001697 

そしてローンボーリングを楽しんだあとに向かったのはトロピカルフルーツワールドと言う所で、元々はアボガドの研究をしていた所を開放したところになります。

なので、入口のオブジェもアボガドになっています。

0812_01.jpg

このトロピカルフルーツワールドですが園内をカートで廻る事も出来るのですが、このツアーではここでフルーツの試食と昼食がメインになるので園内を見ることはできません(^^ゞ

0812_02.jpg

また、無造作にアボガドの木もあり、アボガドの実もなっています(^^)

0812_02a.JPG

そして入口では色んなフルーツが売られています。

アボガド3個で4ドルで売られていますが安いのか、高いのかわかりません(笑)

0812_03.jpg

こちらは味がアイスクリームに似ているといわれるカスタードアップルですが、食べた事が無いので少し興味があります。

しかし、検閲の問題もありそのまま日本に持ち帰ることはできません(^^ゞ

0812_04.jpg

手前にあるのはスターフルーツで最近では日本でも売られるようになってきています。

その横はPersimmonと書いてあるので柿で、奥はキウイフルーツが売られています。 

0812_05.jpg

またマカデミアナッツの実が売られていて、硬い殻を割るとお馴染みのマカデミアナッツが現れます。

ちなみに、このマカデミアナッツの実は日本に持ち帰ることが出来るとの事ですが、硬い殻を割るのが面倒なので買わなかったです(笑)

0812_06.jpg

その後、店内に入りフルーツの試食ですが、真ん中の柿とスターフルーツ、奥のパイン以外は食べた事がないフルーツです。

0812_08.jpg

手前の黒いフルーツはブラックサポーテと言うもので、チョコレートの味がするらしく、そのまま食べると味がないのですがアイスクリームと一緒に食べるとチョコレートの味になります。

また真ん中の柿の左にある柿みたいなフルーツは、もの凄く酸っぱく僕は一口で勘弁となりました(笑)

そして、その後運ばれて来たのがお昼で、僕が注文したのはフィッシュ&チップスですが、ここのフィッシュはカラッとしていて脂ぽくなく美味しく頂けましたが、一本の長さが10cmくらいあり、ポテトも大盛りだったのでポテトはしっかりと残しました(^^)

0812_09.jpg

そして奥にあるマフィンですがこれも直径5cm位で高さも8cm位あるズッシリとしたものだったので、紙袋を貰って持ち帰り、翌日の朝食になりました(^^)

そんなトロピカルフルーツワールドですが出発までは時間が30分程あるので少しお土産とかを見てみます。

お店の雰囲気ですがテークアウトのカフェなどもあります。

0812_07.jpg

そしてお土産を見ているとカンガルーの置物ですが、どこかで見たポーズをしています。

0812_10.jpg

そしてコアラも同じポーズをしています。

0812_11.jpg

どうも日本の日光にある見ざる言わざる聞かざる(見ざる聞かざる言わざるとも言います)を真似ていると思われるのですが、これが判るのは日本人だけです(笑)

しかし、日光の彫刻は右から見ざる言わざる聞かざるとなっているのですが、こちらは何故か真ん中のカンガルーやコアラが目を隠して順番が違っていました。

そしてオプショナルツアーもいよいよラストになります!


おこしやす!(142)  コメント(62)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行