So-net無料ブログ作成
検索選択

入院中に英語の勉強(^ ^) [健康]

前回の緊急入院では多くの人にniceやお見舞いコメント頂きありがとう御座いましたm(__)m
本来ならコメント返しをさせて頂ければ良いのですか、唯一の通信手段がiPhone4Sで3G回線と遅い回線と心臓の病棟なので、通常は機内モードで通信可能な場合でのアクセスになるためご了承ください!

さて入院中は暇かと思っていたのですが、これが検査の連続で意外と暇な時間が少ないです(笑)
そんな中、折角だから英語でも勉強するかとスピードラーニングを聞いてみます。
image.jpg

このスピードラーニングですが、聞き流すだけて英語が入ってくると言うものなのですが、何時も思うのは外人の英語はこんなに綺麗でハッキリとした英語では無いと言うことです!

そして、もう一つの英語の勉強ですが、こちらは使われる単語は独特で早口だったり癖があったりしますが、生きた英語と言うことでLive ATCと言うアプリでの英語になります。
このアプリは世界中の空港の管制が聞けるというもので

image.jpg

日本では成田空港の離発着やグランドコントロール、そして関西から東北までカバーする東京コントロールの一部を聴くことができます。
アプリが受信を始めると
image.jpg

このような画面になりますが、これだけだとつまら無いのでフライトレーダーと併せてみると、以外と面白いです(^ ^)

image.jpg

横須賀近くを飛行しているJALは羽田を離陸し、管制とJapan Air xxx requetst climb maintain flight levet 30000...と高度を30000feetにしたいとリクエストしているのがわかります。

またこれは、シドニー空港を受信した時で
image.jpg

交信を聞いているとJAPAN AIR 772と聞こえてきたので慌ててフライトレーダーでシドニーをチェックすると

image.jpg

シドニー空港からJALが離陸する所で暫く聞いていました(^ ^)
このアプリは全てのバンドを網羅している訳では有りませんかそれなりに楽しめます!

さて、ご心配おかけしています状態ですが、来週の月曜日に術後の状態を確認するために、カテーテル検査を行ない、問題が無ければ来週中には退院となる運びです。

また、iPhone4Sは3G回線なのと、通常は機内モードにしていて返信出来ませんがコメント欄は開けておきます(^ ^)

退院しましたら、改めて皆さんの所に御伺いさせて頂きますm(__)m

ブログお休みします [健康]

先日の22日の朝、会社に行こうと家を出て歩き出すと、なんか胸が重苦しく息も苦しいので、家に戻り様子を見て病院に行こうとも思ったのですが、段々酷くなり自分で救急車を呼んで日大病院のCCUに運ばれ、心筋梗塞と診断で緊急カテーテル手術で今日、やっと一般病棟に移りました(^ ^)
なのでこんなブレスレット付けられています

image-20140725161905.png

昨日のブログは予約投稿で、次回からお休みしブログの再開は多分8月の中旬頃を予定しています。
皆さんの所には中々お邪魔できませんので、申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

オプショナルツアー ケープバイロン灯台とオーストラリア最東端 [オーストラリア]

前回1回別な記事が 入りましたが、またゴールドコーストに戻ります!

ゴールドコーストマラソンを走った翌日はフリーになるのでオプショナルツアーを申し込んでいます。

昨年はカランビンでコアラを抱きましたが、今年はバイロンベイのツアーに参加します。

オプショナルツアーとかは朝早い出発なので、マラソン翌日に6時に起床し、前の日に買っておいたサンドイッチを食べていると、ゴールドコーストの日の出の時間になります。

東の空から雲を越えて朝日が登ってきます。

ちょうど、光が屈折し、ご来光みたいです(^^)

0722_01.jpg

そして太陽が出てくるのでデジ一の絞り優先で撮影をしました(^^)

0722_02.jpg

朝日の眩しさが伝わればと思います(^^)

その後完全に太陽が上り、ホテル前のトラム駅を見ると上下線にトラムが停止しているので撮影します。

しかし、乗客乗せないで試運転を朝早くから夜遅くまで行っているので、練習熱心です!

0722_03.jpg

そうこうしているとホテルのロビーに7時半過ぎにツアーの案内が来ますが、このパイロンベイツアーは申し込みが2人と空いているツアーでした。

ホテルを出発し、ひたすら国道1号線の高速を走りますが、左側通行で前にも日本車がいるので何となく北海道を走っているような風景です(^^)

0722_04.jpg

その後パイロンベイの街を通過し、ケープバイロン灯台がある場所に到着します。

駐車場で車を降り、灯台の所まで向かう所にRainbowインコで和名はゴシキセイガイが普通にいました(^^)

0722_05.jpg

そしてケープバイロンの灯台で、この灯台は青い空と海に映える白い灯台で有名らしいです。

0722_06.jpg

この灯台の先にはオーストラリア大陸最東端の岬もあり、歩いて行けるのですが、この時の僕は数年ぶりの筋肉痛に襲われていたので先端までは行くのを諦めました!

0722_07.jpg

そして、オーストラリア最東端の看板を撮影し、来た道を戻ることにします。

0722_08.jpg

途中多くの人が海を見ているので、ウォッチングポイントを探して歩きます。

0722_09.jpg

よく見るとイルカが海を泳いでいます。

0722_10.jpg

このイルカの後ろには家族と思われるイルカの群れが泳いできました(^^)

0722_11.jpg

そしてイルカを撮影していると現地の女性にイルカの子供を見た?と英語で聞かれドルフィンべービー?ときくと指さしてオーバーゼアと教えられました。

ちなみに、この日は何故か10人近くのオージーに英語で話しかけられたのですが、早口だと言葉がなかなか分からなかったです(笑)

そして駐車場のある所に戻るのですが青い空にオレンジの屋根はコントラストがベストです。

0722_12.jpg

駐車場の所にはカフェもあり冬休みに入った家族連れが楽しそうにお茶をしていました。

0722_13.jpg

そして建物を撮影していると通路向こうに地元の人が通ったので、一瞬のシャッターを切ります。

0722_14.jpg

そんなケープバイロンですが、このツアーでは最東端から手紙を出すというのも用意されていてこんなポストから郵便を出すことができます。

0722_16.jpg

このポストから出したポストカードは日本到着の3日後に無事に着きました(^^) 

その横にはバイクもあり、郵便のバイクでしょうか?

0722_15.jpg

次回はバイロンベイの街中を紹介します(^^)


飛行機が飛びません(^^ゞ [オーストラリア]

ゴールドコースト旅行記事の途中ですが、3連休の中日にあたる20日に福岡に行ってました。

この日は車でちょこっとお出かけし、夕方に福岡空港に戻って来るという予定で、お出かけの話しはまたそのうちと言う事にしますが、ゴールドコースト旅行の前に出かけた時のネタが貯まっているので、一昨日出かけた記事はいつになるのか?って感じです。

8月中にでも紹介出来れば良いでしょうか(笑)

さて、車も返して福岡空港3Fにあるヨシミでビール越しの飛行機を撮影したり

0723_01.jpg

ビールを飲みながら飛行機を撮影したりと楽しんでいます。

0723_02.jpg

その後サクララウンジでお酒を飲みながらiPadを操作しているとアナウンスが入ります。

僕の乗る飛行機は19:00のJL330便なのですが、東京地方ゲリラ豪雨と雷で1時間遅れるとの事

0723_03.jpg

福岡空港のフライト情報を見てみると僕の乗る飛行機の10分あとに離陸予定のANAも1時間遅れで、遅れの理由は管制指示となっています。

0723_04.jpg

そこで東京アメッシュ(東京都下水道局が運営している)で東京の雨の状況を見ると東京の羽田を含めた殆どの地域で降雨量50mm以上の猛烈な雨を表示している真っ赤な状態になっています。

これに雷が発生していて落雷の恐れがあるため滑走路がクローズになっているとの事!

0723_06.jpg

iPadに入っているフライトレーダーで羽田着陸の飛行機を見るとあっちこっちで旋回待機をしていたことが判ります。

ちょうど松山から羽田に向かったJAL機は到着が45分も遅れている事がわかります。

0723_05.jpg

また千歳からのANAも霞ヶ浦上空でグルグルと回っていたみたいで、こちらも45分遅れで羽田にむかっています。

0723_07.jpg

こりゃダメだと半分諦めてラウンジで待っていると20時過ぎに搭乗が始まったとのアナウンスが入り飛行機に乗り込みます。

この日はちょいと贅沢してファーストクラスなのですが、シート横にあるポケットを見てみるとこんな物が入っています。

0723_08.jpg

CAさんに何?これって聞くと国内線wi-fiサービスが始まったとの事で、スマホやiPhoneなど用のバッテリーとの事ですが、iPad mini位の大きさがあり結構な電力があるのでは?と思います。

そして、ドアクローズはされたのですが、羽田空港を管轄している東京コントロールから離陸の許可が出ないとの事で待たされ、結局離陸に向けてプッシュバックされたのは20:50と約2時間遅れの出発となりました。

この間機長から20:40までは機内で携帯電話の使用が認められ、携帯を一斉に使い出したので回線が足りなくなってしまいました(笑)

離陸後、シートベルトサインも上空では遅れている事を忘れて食事を楽しみますが、今月の担当は沖縄のマリオット・リゾートが担当しています。

0723_09.jpg

料理はと言うと結構豪華な料理で、一緒にシャンパンを頂きます(^^)

0723_10.jpg

またお菓子も付いていて沖縄土産の定番になっている紅芋タルトがありますが、これは食べずに持ち帰りました!

0723_13.jpg

その後、空中待機も無く羽田空港に着陸します。

着陸時間は22:25分でしたが、ここでまたもや停止したまま動かなくなります。

なんでも到着予定のスポットに飛行機が駐機しいていてそれを移動させないとダメとの事でここでまた携帯の許可が出ます。

なので、誘導灯を撮影してみますが、いっこうに動く気配が無いです。

0723_14.jpg

そして、スポットが空いたのが23:10で、家に着いたのが午前様になってしまいました(^^)

久しぶりに飛行機で疲れました(笑)


ゴールドコーストマラソン アフターパーティー [オーストラリア]

ゴールドコーストマラソンはマラソン当日にもブログでお知らせしましたがタイムは悪かったですが、無事完走してJALパックのテントでカレーを食べてホテルに戻ります。

ホテルで貰った完走Tシャツとメダルを撮影してアップしたのは既にお知らせしました。

0720_01.jpg

ホテルに戻りお風呂で汗を流したあとは、パーティーまで時間があるので、少しぶらつきます。

この日は日曜日なので、色んなイベントも行われていて、オーストラリアは独立国ですがイギリスのエリザベス女王を元首としている国なので、スコットランドのバグパイプなども演奏されていました。

0720_02.jpg

また海岸にも冬だと言うのに何故か夏のビーチの様な雰囲気があります!

0720_03.jpg

そんな感じで時間をつぶしパーティー会場に向かいます。

飲み物はビール、ワイン、スパークリングワインの飲み放題で、全てツアー料金に含まれているのが嬉しいです(^^)

座席はくじ引きなのでどの席になるかは判りませんが入口でビールを貰いテーブルに着いて勝手に皆飲んでいます!

0720_04.jpg

この最初に選んだTOOHEYS ビールはシドニーがあるニューサウスウェールズ州のビールですが、日本のビールと比べるとキレが無いのはしょうが無いです。

そしてバイキングで食事を取ってきますがパンにご飯と何でもありです(笑)

0720_05.jpg

しかし、ローストビーフはオージービーフだと思うのですが、柔らかくて美味しかったです(^^)

ビールをおかわりに行き、今度はフォーXと言うゴールドコーストがあるクイーンズランド州のビールですが、こちらではお薦めらしいのですが、日本のビールと比べると、オーストラリアのビールは日本のビールをグラスに注いで1時間時間をおいた後に飲んだ感じのビールが多かったです(笑)

0720_06.jpg

そして、昨年に続きゴールドコーストのゆるキャラのビリーの登場です。

僕は去年も見ているのですが、多くの人が初めてだと思うので盛り上がっています。

0720_07.jpg

そしてビリーとの撮影会ですが、今年は撮影会に参加してみました。

ビリーに、Hi Billy Good a see you!って言って見ましたがゆるキャラは喋らないのが鉄則みたいです(笑)

0720_08.jpg

ちなみに、Billyも登場時間に制限があるみたいで20分が限界らしいです(^^)

やはり持久力ではふなっしーと良い勝負ですね!

そしてクイズやじゃんけん大会も開かれて僕はじゃんけんで3回勝ち上がり商品を3つゲットしました。

0720_09.jpg

そしてパーティーも無事に終わり、ホテルに戻ろうと思ったのですが、昨年も参加の上野さんとか顔見知りもいて、JALパックのゴールドコーストのスタッフと記念撮影をします。

0720_10.jpg

僕と上野さんは顔出しNGなのでぼかしていますが、ここのJALパックのスタッフはなんと僕のブログを見ているとの事で、ma2ma2さんと通じていました(笑)

ちなみに上野さんはフルを3時間半で走っています(^^)

しかし、ブログをこんな所で見られているとは思いませんでした(^^)


ゴールドコースト初日 [オーストラリア]

so-netのNiceシステムで最近面倒に感じてきているので最初に言っておきます。

Niceやコメント頂く多くの方には感謝しています。

そしていつもありがとうございます。

さて、最初に面倒と言ったのは毎日更新されている方の所にも自分が更新しない日も極力お伺いしていたのですが、先日オーストラリアに行ってお邪魔出来ない時が出来ると、僕が更新しない日にもお邪魔してたのにその後一切来なくなると言う人が数名いらっしゃいました。

なので、そう言う方には別に来て貰いたくも無いので(Niceや順位を争ってブログアップしているのではないです)お邪魔するのをやめました!

多分僕のブログにお越し頂いている方にはいきなり来なくなった人を見つける事が出来るかと思いますが、今月から自分が更新しない日は、ネットをさぼる予定なのでここでお知らせしておきます。

ブログとかを続けるには妥協も必要と思います(^^) 

ここまでは本心を語らせて頂きました。

さて、本題に戻ります!

JALパックのゴールドコーストマラソンツアーはゴールドコーストに到着すると時間はお昼の12時頃になっていて、マラソンの説明をランチを食べながら受けます。

昨年も同じような日程だったので特に迷いも無く、席に座りバイキングの食事を取ってきます。

走る前の日はやはり、カーボンを摂取したいのでパスタは嬉しいですが、ショートパスタ以外にロングパスタなどもあると嬉しいです。

0718_01.jpg

そしてマラソンには炭水化物がエネルギーになるので、ハムなどよりもリゾットがあると嬉しいですね!

食事をしながら説明を受けてその後は谷川真里さんがやって来てマラソンの説明をしますが、iPhoneで慌てて撮影したらぼけちゃいましたが、歩いているのが谷川真里さんです。

0718_02.jpg

そう言えば谷川真里ハーフで肉離れを起こしたので、肉離れは半年で走れるでしょうか?と質問すれば良かったです(笑)

話しの内容と言うと、昨年と殆ど同じお話だったので、次回は川内優輝選手に語って欲しいですね!

説明会も無事に終わり、コース下見のバスも出ていますが、昨年コース下見をしたので自分のホテルに向かいチェックインをします。

宿泊するホテルは昨年も泊まったウォーターマークで、説明会のあったグランチャンセラーホテルから歩いて10分程の所にあります。

途中トラムが走って来ますが、このトラムは5月に完成したらしいのですが、2ヶ月たっても試運転をしているらしく、行き先表示は「Sorry! Not Service」の文字が表示されています。

0718_03.jpg

ホテルにチェックインし、その後は買わなければいけないものがあり、ホテルの前にあるBWS(Beer Wine Spirits)のお店でビールとウイスキーを購入しますが、ここで物価の高いオーストラリアで左のマグナムドライ4本がA$11、そして日本で1000円前後で帰るジムビームのバーボンがA$40で日本円で4000円ってなんなの?って感じです。

0718_04.jpg

やはりオーストラリアではお酒を買わないで日本から持ち込むのが良いと思います(^^ゞ

そしてホテル前はSurfers Paradiseと言う駅名でトラムが停車しているのでまたまた撮影しちゃいます!

0718_05.jpg

オーストラリアは左側通行なので、トラムもしっかり左側を走っていますので日本人にはなじみやすいと思います。

またホテルの前は南半球で2番目に高いQ1タワーがありますので撮影しますが、昨年このビルに登ったので、今年は撮影だけにしておきます(^^)

0718_06.jpg

しかし、この青空って日本では見れない青空ですね!

ホテルに戻り部屋から外を撮影しますが、昨年と同じ東側を向いた部屋で、ちょうどこちらの方から日が昇ってきますが、今年はホテルからの日の出も紹介したいと思います。

0718_07.jpg

Q1タワーの左にみた南の方向の風景です

0718_08.jpg

そうこうしていると、夕飯の時間が近づいて来るのでマラソン前日なのでカーボンを取り入れるために、昨年も行ったお寿司屋に向かいます。

2回目となるとゴールドコーストの街中も知っているので迷い無くお店に到着し、まずは生ビール

0718_10.jpg

昨年に続き辛口の文字の書かれたジョッキで頂くのはアサヒ スーパードライなのですが、味が日本で飲むのとかなり違います。

よくよく調べるとスーパードライは日本から輸入しているのでは無く、ニュージーランドでライセンス生産しているとの事で日本のスーパードライとは別物でした(笑)

そして昨年撮影し忘れたお寿司ですが上寿司はメニューでスペシャルと書いてありました。

0718_11.jpg

何故、海老が立っているのかは判りませんが普通のお寿司でした。

またお味噌汁も付いています。

0718_12.jpg

このお寿司とビールでA$40と4000円だと日本ではもっと色々食べられますね。

お腹も満腹になり、外に出てホテルに戻りますが、ホテルのヒルトンとソウルが並んでいるのでこれも撮影(^^)

0718_13.jpg

そしてホテル前で信号待ちをしていると日本だと人力車になると思うのですが、オーストラリアでは自転車で観光客を案内している集団がいます。

音楽をガンガンに流しているところは日本の人力車とは違う所ですが、これはこれで楽しいのかもしれないです。

0718_14.jpg

その後ホテルの部屋に戻りテレビを付けると○○様、ようこその文字が出ていました。

0718_15.jpg

そして海外での必需品を紹介します。

日本の場合ウォシュレットが付いている家が殆どで、ホテルでも付いている所が殆どだと思いますが、海外だとまだまだで海外でウォシュレットがあったのは韓国と台湾、そしてハワイのモアナサーフライダーのスイートぐらいで、それ以外の国では無いのが当たり前!

韓国や台湾でも空港のラウンジとかは付いていないので困っている人もいるかと思いますが、僕が海外に行くときに持っていくのはTOTOが発売してるTravel Washletです。

0718_16.jpg

単3乾電池1本で稼働するので、旅行には絶対に外せない物になっています(^^)

使い方は、想像におまかせしますが無いとあるとでは天と地の差があると思いますので、海外に行かれる方にはお薦めです(^^)

次回はマラソン後のパーティーとかを紹介します!


ゴールドコースト到着 [オーストラリア]

シドニーに向かう飛行機で4時間ほど寝ると、軽食を配布するために機内の照明を明るくされて強制的に起こされます。

昨年ゴールドコーストに行ったときに配られた軽食はコールスローサラダに野菜ジュースとふざけるな!って言う物でしたが、少しは反省したのかスープにサラダ、ブレッド、ヨーグルトとまともな物になってきています。

0716_01.jpg

窓の外を見るともう少しで日が登りそうな感じです。

0716_02.jpg

そんな感じで外を見ているとシドニー空港に到着します。

このシドニーですが、シドニーと言うのは日本語発音で、現地ではシドニーと言っても通じません。

正式にはシンディニーでディは小さな発音で言います。

0716_03.jpg

ここで国際線から国内線に乗り換えるので荷物をピックアップしますが、今年はダイヤモンドメンバーなのでビジネスの人たちよりも先に荷物が出てくるファーストクラスタグが付けられています(^^)

0716_04.jpg

入国審査が終わると国内線に向かうためにマックの横で全員が揃うまで待つことになります。 

0716_05.jpg

その後バスで10分程走り国内線ターミナルに向かうのですが、途中にカンタスのオール2階建てであるAirbus A380が駐機しているのでiPhoneで撮影(^^)

0716_06.jpg

その奥にはボンバルディアのターボプロップも駐機しています。

0716_07.jpg

そして国内線ターミナルでは1時間ほど時間があるので、カンタス国内線ラウンジに向かいます。

0716_08.jpg

国内線ラウンジは日本と違うのはビールが飲める時間帯が決まっているので、朝食とジュースを飲むことにします。

0716_09.jpg

そしてシドニーからブリスベンに向かうために飛行機に乗り込みますが、昨年はBoeing767でしたが、今年はBoeing737-800です。

そして前の3列は日本で言うクラスJみたいなシートで4列目からは普通席になります。

僕の座席は4Aだったので普通席の一番前で座席の空間もかなり広いです、これもone world emerald会員だからでしょうか?

ちなみに、隣はやはりツアーでJGC会員の人でした。

0716_10.jpg

飛行機は離陸するとシドニー街を旋回する様に飛行します。

上空からハーバーブリッジとオペラハウスが見えたので撮影(ないしょ)しました(^^) 

0716_11.jpg

そして機内ではお菓子と飲み物のサービス。

0716_12.jpg

離陸から1時間ほど立つとゴールドコーストの街並みにが見え、海岸線右側にはゴールドコーストの高層ビルも見えて来ます。

0716_13.jpg

そしてゴールドコーストマラソンのスタート地点(湾内の左側)も見えて来ます。

0716_14.jpg

そしてブリスベンの街が見えて来ると着陸です。

0716_15.jpg

着陸後ツアーのバスでゴールドコーストに向かうのですが、そのブリスベン空港で反則と言うくらい短いスカートで歩いている女性がいるので撮影しましたが、歩きながらiPhoneで撮影はボケテしまいました(笑)

0716_16.jpg

そしてバスでゴールドコーストに到着すると昨年は工事中だった路面電車(トラム)が走っているのでバスから撮影しました(^^)

0716_17.jpg

そんな感じでやっとゴールドコーストに到着します、自宅を出て19時間の長旅でした(^^)


ゴールドコーストに向けて飛び立ちます(^^) [オーストラリア]

国際線の場合、搭乗時刻は出発時刻の30分前に開始されるので、19:20になり飛行機に乗り込みます。

今回予約した座席は19Cと窓側の席を空けて、その隣の通路席をブロックします。

これは満席の場合はあまり効果が無いですが、座席に空きがあるときに通路側を取ると、プレミアムエコノミーの場合だいたい隣の窓席が空きになることがあります。

0714_01.jpg

最初に自分の席に座り、ドアクローズされると隣席は空いているので窓際に移り、手荷物を隣の座席に降ろしてシートベルトで固定します。

これにより、途中で必要になった小物も立たずに取ることが出来ます(^^)

0714_02.jpg

そして今回機内で見るエンターテーメントですが、テルマエ・ロマエ2があるかと期待したのですが、無かったので何を見ようと思っているとアナと雪の女王があるので見ることにします。

0714_03.jpg

そして食事前にドリンクが配られますが、まずはシャンパンを頂きながらアナと雪の女王を見ます。

0714_04.jpg

途中でありの~ままの~って言う歌も聴きながら見ています(^^) 

0714_05.jpg

映画も終盤にさしかかると最初の食事が運ばれて来ます。

今回もプレミアムエコノミーなので、食事はエコノミーと同じですがお酒は少し種類が多くなっています。

0714_06.jpg

食事は牛バラ煮と唐揚げのあんかけとかなので一緒に頂く飲み物は白ワインを選びます。

0714_07.jpg

食事ですが牛バラの煮込みに紅ショウガが付いているのでなんか牛丼みたいです(笑)

0714_08.jpg

そして白ワインです

0714_10.jpg

しかし、エコノミーの食事ってもう少しましにならないのかな?と思っちゃいます!

食事も終わりカチカチに凍ったアイスを溶かしながらゆっくりと食べて行きます(^^)

0714_09.jpg

その後アナと雪の女王も見終わり、焼酎の水割りを貰います。

0714_11.jpg

そしていきものがかりのライブをお酒を飲みながら見ていきます(^^)

0714_12.jpg

しかし、いきものがかりは本当に良い歌を歌うのでマラソンの練習でも良く聞いています(^^)

ライブを見ながら飲んだのはウイスキーの水割り

0714_13.jpg

そして日本酒の菊正宗と飲んでいます(^^)

0714_14.jpg

そして時間も夜11時を過ぎたので、寝ることにします。

今回は最初から飛行機は寝るつもりでいました(^^)

機内編はまだ続きます(笑)


成田空港に向かいます! [オーストラリア]

前回はマラソン本番をレポしましたが、7月4日に戻ります。

この日はゴールドコーストに向けて出国する日ですが、出発時間は19:50で結構遅い時間の出発になりますが、国際線は2時間前にチェックインするというルールがあるため、少し早めに成田に向かい出発します。

僕の住んでいる池袋からはJR山手線で日暮里(にっぽり)まで向かい、そこから京成電鉄のスカイライナーで成田空港に向かうことになります。

日暮里駅で乗るスカイライナーを待っていると入線してくるところを撮影します。

0712_01.jpg

このスカイライナーは山本寛斎がデザインした特急で、新幹線に次いで早い最高時速160kmで成田と日暮里を最短36分で結ぶと言う高速鉄道になります。

この日は少し早く到着するために、出発3時間前に到着するようなスケジュールを組んでいます

0712_02.jpg

成田空港に到着し、まずはツアーデスクに寄ってeチケットを貰います。

0712_03.jpg

前には2組の人が並んでいるのですが、案内をきいているとどちらも同じゴールドコーストマラソンに参加する人みたいです。

その後チェックイン、保安検査、そして出国審査を通過しラウンジに向かいます。

今年もJAL ファーストクラスラウンジを使いますが、来年4月以降はダイヤモンドではなくなる予定なのでJGCのビジネスラウンジになってしまうので、4月までにもう一回ファーストクラスラウンジを使うために、海外に出かけたいと画策しています(笑)

ラウンジの入口です

0712_04.jpg

そして席に荷物を置いて早速取りに行くのはJALラウンジ名物のカレーですが人気のために午前10時からの提供になったとの事です。

0712_05.jpg

カレーをよそって

0712_06.jpg

チョットつまみもとって来ます。

0712_07.jpg

そして最初はビールと一緒に頂きます。

0712_08.jpg

そしてお腹も落ち着き、次に何を飲むのかと言うと、JALのファーストクラスラウンジにはバーテンダーの人がいるのでシャンパンをお願いします。

0712_09.jpg

注文をすると、シャンパンをグラスにすぐに注ぐのでは無く氷でグラスを冷やした後にシャンパンをサーブしてくれるのでナッツとチーズと一緒に美味しく頂きます(^^)

グラスがキリッと冷えているのが判ると思います!

0712_10.jpg

その後は三種類のシーフードサラダを持ってきて

0712_11.jpg

3種類のチーズを持ってきて、バーテンダーの人に頼んだジャックダニエルのハイボールと一緒に頂きます(^^) 

0712_12.jpg

お酒を楽しんでいると、外にはJALのBoeing787-8が駐機していたので、撮影しておきます!

787と他の飛行機と区別するのはエンジンフードがシェブロンノーズと言われるギザギザになっているのとコックピットのグラスが4枚が特徴になっています。

0712_13.jpg

そして段々と搭乗時刻が近づいてきますが出発30分前には搭乗するようにボーディングチケットに19:20と記載されています

そして前日に座席をわざと窓際の空いている席の通路側を押さえます。

これは通路側に席を押さえられると窓際の座席は指定しづらいのでとりあえず19Cを押さえています。

0712_14.jpg

またシドニーからブリスベンまでは窓際の席がゲットされています。

そして搭乗時刻になり、先行搭乗が始まるので、ビジネスでは無くプレミアムエコノミーですがさっさと搭乗しちゃいます!

いよいよシドニーまでのフライトの始まりです(^^)

0712_15.jpg

シドニーまでのフライトはどうなるのでしょうか?

それは、次回に続きます(^^)


ゴールドコーストマラソン本番 [マラソン]

昨日の17:20分に成田に到着し、19:30に自宅に無事帰宅しました。

台風の影響も殆ど無く、向かい風のせいで17:05に到着予定が遅れ、その分帰宅の時間も遅くなりましたが、バゲッジクライムとか優先に全部出てくるので誰よりも早く帰国手続きを行い帰宅しました(^^)

さて、今回のゴールドコーストマラソンシリーズ←勝手にシリーズにしています(笑)

最初はメインのマラソン当日から始まります!

ゴールドコーストマラソンは土曜日に10kmランやジュニアダッシュなど地元の子供達が参加するイベントとかもありますが、本番は日曜日でハーフマラソンとフルマラソンの2つのレースが開かれます。

スタート時間はハーフがAM6:00でフルマラソンがAM7:20からのスタートとなります。

僕が参加したのはJALパックでバスで送迎があるのですがホテルロビー集合が5:10なので、朝は3:30に起きてご飯を食べて体を起こします。

スタート時間はホノルルマラソンと2時間遅いのですが、それでもホノルルマラソン並みに早起きのレースです(^^)

前日にはゼッケンをウエアに付けますが、昨年ベスト記録が出たゴールドコーストで着たウエアと同じウエアで記録更新を目指してレースに望む事にします。

0710_01.jpg

会場に到着するとJALパックのテントでスタートを待つのですが、昨年はそんなに寒く無かったので半袖ウエアのみで行ったら朝の気温が8℃でとても寒く、JALパックの人にパーカーを借りて寒さをしのぎました。

0710_02.jpg

昼間は暖かいと言ってもやはり真冬のオーストラリアをなめたらいけない事が判りました(^^)

スタート前に朝日が昇ってきたので東海岸の方を撮影します。

昨年は同じような画像をリタイヤしたiPhone3Sで撮影したのですが、画像が粗かったので今年は現役のiPhone4Sで撮影しました(^^)

0710_03.jpg

朝が明けていくゴールドコースト・サーファーズパラダイス方面を撮影しますが、このぐらいの明るさの時がiPhoneの苦手にする所かもしれません!

0710_04.jpg

少し暗い方が味が出るのかもしれないです。

0710_05.jpg

昨年もコースを紹介しましたがスタート地点から南(右の方)にくだり、15.5Km辺りで折り返し、スタート地点を通り過ぎ37Kmぐらいで又折り返しゴールに入るというコースになっています。

0710_06.jpg

そしてスタート時間が近づきスタート位置に並びます。

0710_07.jpg

昨年サブ4.5を達成したのでそれを今回は更新したいと思っているので、目安の4時間30分のペースランナーに捕まらない様に走ろうと思います。

0710_08.jpg

そしてスタートし、最初の5kmをキロ6分前後で押さえて入りますが、唯一心配なのは今年の1月に谷川真里ハーフマラソンで肉離れを起こし、走れる様になるまで3ヶ月かかると言う故障をしたことで、4月まで走れなかったので足の具合も考えて最高で15kmまでの練習しか出来なかった事です。

最初の走り出しも問題無く15km過ぎの1回目折り返しを向かえます。

0710_09.jpg

この時は4時間30分のペースメーカは後方に追いやり、4時間15分のペースメーカの前にも出ています。

そしてそのまま走っていると右足の足首上の筋肉が1月に経験した違和感を出しています。

1月の時は右足の足首上内足筋だったのですが、今回は反対側の外側筋が痛み出してきています、これは内側を気にしすぎたフォームのせいかもしれませんが嫌な感じになってきます。

そして25km付近で痛みが強くなってきたのでAIDステーションに置いてあるテーピングテープで足を自分で固定しますが、このテープは伸縮性の無いテープだったので、テーピングして走り出すと突っ張って走れない状態になっちゃいました(^^ゞ

うまく走れないので痛みが出ると歩き、楽になると走り出すのを繰り返します。

30km地点では戻って来るゴールもあり、頭の中でリタイヤ?の文字との葛藤が始まります。

このまま走って完全に肉離れになったらどうしようとか色々考えが浮かびますが30km地点にはJALパックの応援とかいるので、そこまで言って行けそうなら完走出来るかは判らないですが進もうと決めます!

そして応援団のいる場所に到着し、足痛めたけど完走出来なくても行ける所まで行きます!と言って走り出します。

ここで美味しい事が起こるのは、自分のペースがめっちゃ遅くなったことで、外人女性の2人組と28kmあたりから抜いたり抜かれたりでなんか話しながら(一応英語で)走ったりしていて僕が途中で抜かしてMay I Take a picture?と言うと手を振ってくれました。

ここで、注意事項ですが、海外で日本人の唯一マナーが悪いところは写メ感覚で他人を撮影することらしく、人権とかを大事にする欧米諸国では無断で撮影するのはやめましょう!

0710_10.jpg 

その後、停まって写真撮る?と言われましたがGo!と言いまた並んで走り出します(^^)

そして最後の折り返しで

0710_11.jpg

その後何とか完走をしましたが、生まれて初めてフルマラソンでネットタイムも全部が5時間を大幅に超えてしまいました(^^ゞ

ちなみに、最後の1Kmで応援の人がもの凄くいる場所で足が攣ると言う恥ずかしい体験もしました(^^)

それは何故ゴールなのに走らないと多くの人に言われましたが、足が攣ったこの痛みを走らない人には分からないのだと無視して歩き、最後100mだけはしりました(^^)

オフィシャルタイムは5時間33台と前回のタイムより1時間10分近くも遅いタイムでのゴールでした。

でも足きりの6時間半には引っかからなかったので良かったです。

0710_12.jpg

なので、完走Tシャツとメダルも頂きました(^^)

ちなみに、テーピングで足を固定して走ったら、通常使わない筋肉を使ったのか、翌日はロボット状態に久しぶりになりました(笑)

次回は日本の出国編からまた長いシリーズが始まりますのでお付き合い下さい!

また、旅行などでブログを少し離れると、その人が更新したときに来ないと、来なくなる人が数名いるのが判りましたのでお邪魔するのをやめました!