So-net無料ブログ作成

日本最北端の駅 [北海道]

日本最北端の地を訪れた後に向かったのは日本最北端の駅と言われる稚内駅で駅舎はリニューアルされて綺麗なガラス張りの駅舎になっているが、それでも稚内発の列車は1日7本としっかりとしたローカル駅になります。

0831_01.jpg

そういえば函館駅も、帯広駅もガラス張りの駅舎だったのでJR北海道は駅舎を新しくするときのアイデンティティを持たせているのかもしれないです。

そして列車がいないかな?と駅舎に入るとここが日本最北端の駅であることが明記されている看板があります。

0831_02.jpg

そして時刻表をみると既に列車が出発したばかりで、次の列車は2時間半後のスーパー宗谷なのでそこまでいられないので少し駅をぶらつきます。

すると出汁之助と言う宗谷観光振興局のゆるキャラの風船人形がいました。

0831_03.jpg

ちなみに、この出汁之助は稚内に現れるゴマフアザラシで、利尻昆布を食べすぎて下半身が昆布になったと言うゆるキャラですがあまり可愛くないです(笑)

その横には北海道礼文町のゆるきゃらのあつもんの人形が飾られています。

0831_04.jpg

このあつもんは@atumon_rebunでツイッターもやっていてこちらは出汁之助とはちがい結構可愛く、以下のホームページからツイッターも覗けるのですが、面白いことをしています(笑)

http://www.rebun-island.jp/atsumon/

また駅ではこんなオブジェもあったりして列車がいないのに人は結構いました。

0831_05.jpg

駅舎の反対側に行くとフェリーターミナルもありここから礼文島や利尻島に向かう事が出来ます。

0831_06.jpg

そして新千歳に向かう飛行機までまだ時間があるので、次に向かったのはノシャップ岬で漢字では野寒布岬と書きます。

岬の先端にある小さな公園は西側に飛び出していて、中央にはイルカのオブジェが設置されています。

0831_07.jpg

岬の先端には岬の看板もあります。

0831_08.jpg

そして看板の近くに稚内から利尻、礼文への航路も紹介されています。

0831_09.jpg

ちなみに、ここからだと一番近い利尻島まで海路で50Km以上ありますが、それでも利尻富士が雄大に見ることが出来ますが、標高1721mもあるので島自体が山になっているような感じがします。

この時は6月だったのですが、まだ山には残雪を見ることも出来ます。

0831_10.jpg

ノシャップ岬を振り返ると自衛隊のRadarが設置されていて、国境の町なのだと言うことがわかります。

0831_11.jpg

0831_12.jpg

そんな稚内ですが、次回につづきます(^^)


おこしやす!(148)  コメント(41)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

日本最北端 [北海道]

途中で千歳航空祭を入れたりしましたが、稚内空港から向かった場所を紹介します。

稚内では空港近くで個人的なお仕事をするのですが、待ち合わせ場所まで1時間近くあるので借りたレンタカーで空港付近を走ると空港の反対側から飛行機や空港がよく見える場所があります。

それは空港と反対側の場所で、飛行機の離陸時間になると人も集まってきます。

0829_01.jpg

この時は300mmの望遠を付けていたので、寄って見るとこんな感じです。

0829_02.jpg

そんな中、別な方向を見ると利尻富士が雄大に見ることが出来ますので飛行機とは別に撮影しておきます。

0829_03.jpg

初めて利尻富士を見たのですが、雄大な風景に圧倒されました(^^)

そんな風景を撮影している手段はこんなレンタカーで移動しています。

0829_04.jpg

そして自分が乗って来た飛行機が離陸に向けて準備をしていますがプッシュバックされていきます。

0829_05.jpg

その後ランウェイ26に向かってタクシーをするとそこから全力で離陸していきます。

0829_06.jpg

0829_07.jpg

そして東京まで飛び去る後ろ姿を見送ります。

0829_08.jpg

そんな感じで飛び去った飛行機を見送った後は、用事を済ませて観光に突入します。

信号の無い道を走ると表れるのは間宮林蔵の銅像!

0829_09.jpg

そうです、ここは日本最北端の宗谷岬になります。

0829_10.jpg

北海道には何回も来ていましたが、日本最北の地は初めてだったのでなんか来てみて良かったです。

その先に見えるのはロシアですが

0829_11.jpg

撮影してみると遠くにロシアが見ることが出来ます。

0829_12.jpg

こんな感じで最北端を廻りましたが、次も稚内付近をウロチョロします(^^ゞ


おこしやす!(145)  コメント(42)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

もう乗れない飛行機 [Aircraft]

今回のタイトルはもう乗れない飛行機と言うことで同じ機種は残っているのもありますが、個別番号とかで乗れない飛行機を紹介します。

最初は模型ですが日本エアシステムのA300で、JALになってからは数回僕のブログにも出て来ましたが、日本ではJASが最初で最後に導入した機体で、当時東亜国内航空からJASに名前を変えてオレンジラインの機体のデザインにはAirbusのデザインをそのまま取り入れた機体になります。

0827_01.jpg

A300は2年前に引退となり、もう日本では乗ることの出来ない飛行機です。

ちなみに今回もう乗ることの出来ないとしたのは日本国内で乗ることの出来ない飛行機になります!

そしてこちらは黒沢カラーと言われる、黒澤明監督がデザインしたカラーでMD90などで採用されたものですが、その当時写真を撮っていなかったのでA300に続き鹿児島空港で撮影した模型です。

0827_02.jpg

そして同じMD90の本物です(^^)

0827_03.jpg

この飛行機は2010年に引退した機種で、いまはDELTAで活躍をしています。

そしてこちらはA300で日本ではもういない機種です。

0827_04.jpg

こちらはANAで活躍していた国内線専用のBoeing747-400Dですがレジ番のJA8959は日本から退役した機体で、もう乗ることは出来ません。

0827_05.jpg

でもってこの機体は日本で就航していますが、キンピカANAでは無く、いまではAir DOに移籍しているJA02ANでこのキンピカ君はもう見ることができません。

この写真は女満別で撮影しました(^^)

0827_06.jpg

そしてこのジャンボのレジ番JA8960で、このジャンボも引退しています。

0827_08.jpg 

そしてレジ番JA8099でこれも引退した機種になりますがテークオフまで見守ります。

0827_09.jpg

0827_10.jpg

そして着陸するMD90ですが悪そうに見えるのは僕だけでしょうか?

0827_11.jpg

そしてこれも引退したJA8965のジャンボで、今ではジャンボも本当に少なくなりました(>_<)

0827_12.jpg

そして今年度で日本にある乗れるジャンボは全て引退するので、国内線でジャンボには乗れなくなるのは悲しいです(@_@)


おこしやす!(137)  コメント(46)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

千歳航空祭 前夜と帰りの前に [おいしかった]

千歳基地で行われた航空祭の模様は前回までレポートしましたが、北海道には前日に入っていて千歳に宿泊したかったのですが、航空祭のあることが判ったのが2ヶ月前で千歳のホテルは全て満室なので札幌に宿泊をしました。

さて、千歳に向かう飛行機は12:00に羽田を出発するANA063便ですが、千歳基地の航空祭で飛来してくる自衛隊機との調整で羽田の出発が30分遅れとなり、北海道が近づくとさらに苫小牧沖で旋回待機で到着が1時間近く遅れることに!

同じように上空待機しているAIR DOの飛行機も上で廻っています。

0825_01.jpg

そして1時間遅れで新千歳空港に到着しましたが、本来なら1時半に到着予定だったので空港でご飯を食べようと思っていた為、かなりの空腹で最近オープンしたスープカレー専門店に入ります。

0825_03.jpg

注文したのは野菜とチキンのスープカレーで具材が大きく美味しかったです。

ご飯を食べ終わると既に3時を過ぎていたのでホテルに向かう事にしますが、宿泊予約をしたのがANA札幌ホテルでチェックインをして部屋に向かうとこんな部屋がありました。

0825_04.jpg

僕が宿泊した部屋はポケモンでは無いですが、小さな子供だったら大喜びしそうな部屋で同じフロアーに数カ所ありました。

さて、その後はなんだかんだとしていて夕食ですが、今回はホテルのB2にある雲海で食事をすることにします。

ウエルカムドリンクでビールを頼のみ

0825_05.jpg

料理は宿泊者限定のプランで3000円のミニ懐石を注文します。

先付けで松前漬けです

0825_06.jpg

お刺身の盛り合わせ

0825_07.jpg

ホタテとアスパラの炒め物

0825_08.jpg

一品一品は多くは無いのですが結構な数の料理が出て来ます。 

こちらはジャガイモ饅頭

0825_09.jpg

シュウマイと野菜の天麩羅

0825_10.jpg

そして毛ガニは殻を剥いて持ってきてくれました(^^)

0825_11.jpg

こんな感じで満腹になり、前回までレポートした航空祭を見て東京に戻りますが、航空祭が終わったのが3時で南千歳まで徒歩で30分程歩き、空港に到着すると喉はカラカラです。

ここでいつもならサッポロクラシックなのですが、ソニックマイヅルさんのブログで以前紹介されていた一番搾りフローズン生を飲むことにし、おつまみにタコザンギを一緒に頂きます。

0825_12.jpg

泡が凍っていて、最初は鼻に泡がぶつかるので注意しながら頂きます。

そしておつまみのタコザンギ!

0825_13.jpg

どちらも美味しく頂きました(^^)

帰りの飛行機はJALで出発まで2時間近くあるので、BAR サクララウンジでハイボールを飲みます!

0825_14.jpg

で飲みながらやっているのはiPadでお越し頂いた方へのNice返しやコメントなどをしています(^^)

0825_15.jpg

今回は航空祭の前後のレポートになりましたが、だいたい飛行機でお出かけの時はこんな感じで帰りにラウンジでお越し頂いた方の所へ訪問させて頂いていますが、ソネブロが重かったりすることもあり、ご訪問が遅れることもありますので、ご了承下さいm(__)m

そんなレポでした(笑)


おこしやす!(139)  コメント(40)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

千歳基地航空祭2013 BLUE IMPULSE3 [航空祭]

ブルーの演技はいよいよ終盤に入り、4機で反転しながら演技に入ります。

今回は演技を連続で紹介しますが、今回も写真をクリックすると大きなサイズで表示されます(^^)

4機で飛んで来たのが展開して行きます。

0823_01.jpg

そしてさらに展開していきます。

0823_02.jpg

0823_03.jpg

一旦離れてから再度近づいて

0823_04.jpg

0823_05.jpg

0823_06.jpg

その後目の前を90度反転しながら通過していきますが、この後は着陸に向けて旋回していきますのでそれも連続で紹介します(^^)

0823_07.jpg

0823_08.jpg

0823_09.jpg

こんな感じで旋回していきます。

その後は着陸をするために滑走路を横切って行きますが、人混みでなかなか撮影出来なく、なんとか6番機の着陸を撮影できました(^^)

0823_10.jpg

そして人混みをかき分けてブルーが到着するのを待つのですが、皆が乗り出して撮影しようとしているので斜めになっちゃいましたがメンテナンススタッフが到着を待っています。

ちなみに、1機予備機が駐機していますが、尾翼に機番号がありません。

0823_11.jpg

その後ブルーが全て戻ってきました。

0823_12.jpg

コックピットをズームしてみると1番機である隊長機が降りる準備をしています。

0823_13.jpg

ブルーは世界に誇れる飛行体だと思います。

そんな感じの千歳基地航空祭ですが、今回でレポ終了になりますが少し地上展示も簡単に紹介します!

KC130H(ロッキード C-130 ハーキュリーズ)で輸送機になります。

0823_14.jpg

そして日本国産の輸送機C1です

0823_15.jpg 

でもって、地対空ミサイル

0823_16.jpg

こんな千歳基地航空祭でしたが、楽しめました。

次回は前夜と帰りの飲んだくれを紹介します(^^)


おこしやす!(144)  コメント(48)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

千歳基地航空祭2013 BLUE IMPULSE2 [航空祭]

前回の続きで、BLUEの演技が続きますが、今回も大きな写真でお届けしますので、商用利用以外はお持ち帰り下さい。

さて、今回の千歳航空祭はTVドラマで空飛ぶ広報室の影響もあるのかブルーの登場に向けて人が多くなってきています。

そんな中、背面で会場を飛ぶ5番機で、6番機と良く絡む演技をしていますが、空飛ぶ広報室の主題歌だった安室奈美恵のContrail(飛行機雲)が頭の中で流れてきます(^^)

0821_01.jpg

そして縦横無尽に飛んで行きます(^^)

0821_02.jpg

0821_03.jpg

0821_04.jpg

ブルーの演技は最高にカッコ良いですが4機での背面飛行で会場をオーバーパスして行きますが雲が曲がった所で180度回転しています。

0821_05.jpg

その後隊列を整えて4機での背面飛行になりますがブルーは青空に良く映えます(^^)

0821_06.jpg

0821_07.jpg

そんな感じで見ていると先ほどオーバーパスした5番機が反転して戻ってきます。

0821_08.jpg

その後オーバータンをして

0821_09.jpg

いますが、ブルーはやっぱりカッコ良いです!

その後、Contrailが綺麗なブルーです。

0821_10.jpg

そして、この演技はハートを描キューピッドですが、この日風が結構強いのですぐに雲が散っていきます。

0821_11.jpg

0821_12.jpg

0821_12b.jpg

見事なハートを描いていますが中心を得る矢のマークは風が強かったみたいで失敗だったのでは?。

そしてこちらはサクラだったか?。

0821_13.jpg

そんなBLUE IMPULSEですが、次回も続けたいと思います。

BLUE IMPULSEはかっこよですね!

0821_14.jpg

そうして今回はここまでです(^^)


おこしやす!(136)  コメント(50)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

千歳基地航空祭2013 BLUE IMPULSE1 [航空祭]

今回はやっとBLUE IMPULSEが登場しますが、F-15の機動飛行からBLUEの演技までは2時間ほど時間が空きますが、さすがに新千歳空港を占領出来ないのでしかたがありません。

食事でもしようかな?と思っていると12機で編隊飛行をしてきたF-15が自衛隊側の滑走路に着陸してきます。

ちなみに、新千歳空港に行ったことの無い方に新千歳空港を説明するとターミナルを挟んで民間の滑走路2本と千歳基地の滑走路2本の合計4本の滑走路があります。

新千歳空港の地図はリンクしました(^^)

編隊飛行から戻ってくるF-15は同じ間隔を取り着陸してきますが、今回もいつもより大きな写真をアップしているのでクリックするとみられます。

0819_01.jpg

このような間隔を保ちながら1機ずつ着陸をしてきます。

そしてエアブレーキも全開です(^^)

0819_02.jpg

そしてかき氷を昼食代わりにしてBLUEの演技時間になります。

1機ずつ離陸していくのですが、今回空港は南風の為離陸したときは奥のほうで小さいので離陸風景は撮影できませんでしたが、フォーポイント・ロールを目の前で披露します。

全速で会場に突入し、90度機体を傾けてその後はぐるっと一周するような感じでロールしていきますがシャッターが間に合わなかったので2枚の写真です(笑)

0819_03.jpg

0819_04.jpg

そしてその後は4機での編隊飛行のファン・ブレークで会場を飛行しますが、僕がBLUEの演技で好きな一つでサブブログでも同じ写真をアップしています。

1mの間隔でダイヤモンドの編隊で飛び去る姿が綺麗です。

0819_05.jpg

0819_06.jpg

その後、先ほどフォーポイント・ロールをした5番機が目の前を飛んで行きます!

0819_07.jpg

そしてこちらはチェンジ・オーバーターンに向けての飛行で縦になって向かってきます。

0819_08.jpg

そして散開

0819_09.jpg 

その後再度集結して正面をグルーっと廻って来ますが、ここからは写真連続です。

0819_10.jpg

0819_11.jpg

0819_12.jpg

0819_13.jpg

これがブルーのチェンジ・オーバーターンです(^^)

おまけで、ブルーの演技を見ている子供の背中にトンボですが、詮索はしないように(笑)

0819_14.jpg

ブルーの演技は次回も紹介します(^^)


おこしやす!(148)  コメント(58)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

千歳基地航空祭2013 その2 [航空祭]

F-15と政府専用機、そしてU-125Aの混合飛行の次のプログラムはF-2による模擬対地攻撃の展示飛行なのですが、本当の訓練と同じで時速1000km近くの速度で進入してきます。

マッハの速度だと衝撃波が凄いので、航空祭ではスピードを落としていると思うのですが、それでも早いです。

カメラのレンズと本体で2Km近い重さを持ってファインダーを覗きながら1000kmの速度を追うのは結構大変ですが地上攻撃に向かってくるF-2です。

ちなみに、航空祭の写真は前回もそうですがいつもより大きいサイズでアップしているので、写真をクリックすると大きなサイズで写真が見れます(^^)

0817_01.jpg

そして攻撃後離脱するのですが、兎に角早すぎます(^^ゞ

目標の飛行機は捕らえても、カメラのフォーカスがついて来ないです(笑)

0817_02.jpg

そんな感じであっという間に展示飛行が終了してしまいました。

そして次の展示飛行を待っていると前回混合飛行を行った政府専用機のB747-400がトーイングカーにひかれて地上展示場所に運ばれてきます。

コックピットの上部には日本の国旗も飾られていて、これは着陸してタクシーするときに天井を開けて飾るのです!

0817_03.jpg

展示場所に到着したところです。

0817_04.jpg

そして次の展示飛行がはじまりますが今回のはF-15が12機の編隊飛行でワンパスですが、やって来ます。

0817_05.jpg

12機の編隊飛行は初めて見たので、その迫力は凄いものがあります。

0817_06.jpg

そして上空をパスしますが、今回持って行ったレンズは150mm-500mmなので真上では全てが入りません(^^ゞ

0817_07.jpg

しかし、この間隔で12機が飛行するのは圧巻で、飛び去る後ろ姿も凄いです。

0817_08.jpg

今回は編隊飛行がワンパスでしたが、せめて2パスを見たかったです(^^)

その後次の飛行展示までは10分あるので千歳空港のフラッグを撮影します。

やっぱり北海道は熊ですね!

0817_09.jpg

また、ブルーの隊長機を近くで撮影、午後に飛行するのですが、この時間は駐機しています

0817_10.jpg

そんな感じでぶらついているとF-15の機動飛行が行われます。

0817_11.jpg

雲を引きながらF-15が目の前を通過して行き、その後反転してアフターバーナー全開で飛行を行います。

0817_12.jpg

そして目の前を通過していきます。

0817_13.jpg

空中で回転すると両端から雲を引きながら飛行しますが格好良いです!

0817_14.jpg

そしてまたまたアフターバーナーを出して飛行するF-15です!

0817_15.jpg

しかし、F-15 STRIKE EAGLEは導入されて結構な年月が経ちますが今でも現役で日本を守っています 

0817_16.jpg

そういえば、F-14のトムキャットは引退して結構経ちますが見たかった飛行機の1機です(^^)

次回はいよいよブルーインパルスが登場しますが、やっぱりブルーは格好良かったです!


おこしやす!(157)  コメント(46)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

千歳基地航空祭2013 航空祭開始 [航空祭]

8月4日は千歳基地航空祭が行われ、8月3日から北海道に行ってきました。

千歳航空祭が判って、千歳市内のホテルを探すも既に満室だらけで何処のホテルも空きがないので、札幌ANAホテルを予約して行ってきましたが、前日のレポは後でするとして今回のレポは航空祭からはじまります。

朝6時に起きて札幌から南千歳に向かい、そこからタクシーで千歳基地に向かったのですが、北海道の人は車で移動が普通なのか道路が大渋滞!

オープニングフライトは8:55からなので余裕を持って出かけたのが渋滞で100mを10分以上かかる状態で途中でタクシーを降り歩いて会場に向かいますが、基地まで500mのところで頭上に爆音・・・

オープニングフライト間に合わなかったです(>_<)

そして会場に何とか到着すると多くの人たちがゲートに向かっています。

0815_01.jpg

ゲートをくぐって滑走路近くに到着するとヘリ(UH-60J)での救助訓練を行っています。

0815_02.jpg

救助訓練から戻ってきたUH-60Jが地上を走行していますが、海難救助とかを行うのは海上保安庁が出動出来ないような場合に出動する、通常メディックと呼ばれるエリート部隊になります。

0815_03.jpg

その後、次の飛行展示まで少し時間があるので歩いているとブルーインパルスとF15が綺麗に並んでいます。

0815_04.jpg

そして基地内と言うことが判るエアベースの文字が格好いです(^^)

0815_05.jpg

そんな中、ブルーインパルスの文字を背負った隊員が松島基地第11飛行隊であるブルーのパンフレットを配っているので、僕もしっかりと貰いました。

0815_06.jpg

そうこうしていると次回に紹介する大編隊(大変態ではないです)を構成するF15が離陸に向けて滑走路に向かっていきますが、この日は南風運行だったので18Rにタキシングしていきます。

0815_07.jpg

キャノピーの下には北海道のマークも描かれています。

今回のF-15の編隊は12機なので次々に滑走路に向かっていきます。

0815_08.jpg

そんな感じで見ているとANAのピカチュウジャンボが展示飛行の合間に着陸してきますが、この飛行機を見れるのも後半年だと思うと悲しくなります(>_<)

0815_09.jpg

そして、次の展示飛行は政府専用機の両脇にF-15とU-125Aの混合飛行になります

0815_10.jpg

だんだん近づいて来ますが、来年3月以降は日本で747-400はこの政府専用機だけになっちゃいます。

0815_12.jpg

翼の両端についているウイングレットがかっこ良いですね!

目の前をオーバーパスするとこんな感じですが、日の丸が誇らしげです(^^)

0815_13.jpg

オーバー-パスする姿もジャンボはカッコ良く、この後両脇を固めていた飛行機が散開していきます。

0815_14.jpg

そしてここからは連続なのですが、フライパスした政府専用機が引き返して着陸していきます。

0815_15.jpg0815_16.jpg0815_17.jpg0815_18.jpg0815_19.jpg

この時は曇り空でしたが、この後は天候も回復して、次回はF15の大編隊を紹介します(^^)


おこしやす!(153)  コメント(52)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ワンダーエアポート 稚内空港 [Air Terminal]

ゴールドコーストマラソンのレポが長期に及んだので、6月に私用はあり稚内に行った時に稚内空港を撮影したので、国内久しぶりのワンダーエアポートをしちゃいます。

この稚内ですが、6月の時点では羽田-稚内は2便しかなく、帰りは稚内⇒新千歳⇒東京と言う経路で帰ってくると言う空路になりました。

稚内の観光はそのうちやるとして、今回は空港だけの紹介です。

稚内空港ですが、全景はこんな感じの空港で結構こじんまりとしています。

0813_01.jpg

そんな小さな空港でも入口と出口でそれぞれ別れているのは空港らしい所です。

0813_06.jpg

0813_05.jpg

到着口から入ると中にはバゲッジクライムのターンテーブルが見えます。

0813_03.jpg

ちなみに、到着したときに撮影したのですがゴマちゃんがいました。

0813_16.jpg

そしてすぐその隣にはチェックインカウンターがあり、ANAしか就航していないのでカウンタ―もANAだけになります。

0813_04.jpg

そして2階に上がると出発ロビーになりますが保安検査場は搭乗時刻が近づかないとクローズされています。

0813_07.jpg

そしてお土産屋さんと1件のレストランがあるだけです。

0813_08.jpg

レストランの名前はそのままでAir Portレストランです(^^)

0813_09.jpg

そして展望デッキに出てみると滑走路の先はすぐ海になっています。

0813_02.jpg

管制室も高さ5階くらいなのですが、周りに一切高い建物がないので、これで十分ですね!

0813_12.jpg

展望デッキの金網にはちゃんと撮影用の穴が開けられていますが1日数便だと道なんだろうと思っていましたが、結構見学に来る人は多いみたいで、この日も飛行機が到着する頃になると人が集まってきます。

0813_13.jpg

そして冬でも見学出来る室内デッキもあります。

0813_14.jpg

こんな稚内空港ですが、僕はと言うと千歳に戻るまでは少し時間があったので先ほどのレストランに向かい北海道定番のサッポロクラシックを楽しみます。

0813_10.jpg

そしておつまみは鮭コロッケです(^^)

0813_11.jpg

ビールとコロッケを楽しんだ後は搭乗手続き開始になったので保安検査場を抜けて待合室に入るとこんな感じの待合室です。

0813_15.jpg

今回の稚内空港で北海道の空港は12空港あるのですが8空港を制覇して残りは奥尻空港、利尻空港、中標津、そしてオホーツク紋別空港でコンプリートなのですが、何時になるのかな(笑)


おこしやす!(134)  コメント(46)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行