So-net無料ブログ作成
検索選択

お知らせ

記事を更新しない日は、ネットをお休みすることが多くなります。
niceのみを希望の方にはご希望に沿えないと思います(^^)
前の5件 | -

今年も行って来ました! [毎年恒例]

僕のブログが始まる前から毎年行っているところがあります。

それは伊勢神宮で家の神棚にある地元の神社と天照大神のお札は地元の神社で授かっているのですが、伊勢神宮の外宮にあたる豊受大神は伊勢神宮の外宮で授かっています。

なので、今年も向かいます。

朝3時に起きて車で山手トンネルを走って向かいます。

その後東名に入り、3車線の道路もまだ暗い状況です

1203_01.jpg

そして日も空けると浜松近くです

1203_02.jpg

そして朝7時頃には名古屋の名港トリトンを抜けていきます。

1203_03.jpg

その後は伊勢に向かって走り、9時過ぎには外宮に到着です。

1203_04.jpg

菊展も開かれていて菊が飾られています。

1203_05.jpg

1203_06.jpg

その後鳥居を抜けて外宮に向かいます。

1203_07.jpg

するとすぐに外宮の宮が現れます。

1203_08.jpg

外宮で参拝をしてその後はパワースポットで力を貰い

1203_09.jpg

外宮にある風宮を参拝して

1203_10.jpg

1203_11.jpg

土宮も参拝し 

1203_12.jpg

外宮の豊受大神の別宮である多賀宮を参拝します。

1203_13.jpg

1203_14.jpg

1203_15.jpg

毎回伊勢神宮には来ていますが、心がただされる雰囲気がある場所です(^^)

そしてその後は内宮に向かいます!


おこしやす!(121)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

新千歳空港ダイヤモンドラウンジから羽田へ [北海道]

新千歳空港のJALラウンジは今年新しくなり、ダイヤモンドラウンジとサクララウンジが併設されました!

JALの場合ダイヤモンドラウンジを使えるのはダイヤモンドのステータスと国内線ファーストを使う人で、ANAの場合はプレミアムクラスを使っても普通のラウンジしか使えないので、JALの方が良いサービス!

そしてJALのダイヤモンドラウンジでは焼きカレーパンも提供されています。

1201_01.jpg

そしてビールと一緒に頂くのはクロワッサンも頂いちゃいます!

1201_02.jpg

この時は10月初旬なので、日はまだ高いです!

なので、ラウンジから飛行機も見れます。

以前のJA新千歳のラウンジでは窓が無かったので良い感じに変わっています。

1201_03.jpg

そしてラウンジでは山崎もあったりします。

1201_04.jpg

座席もゆったりしています

1201_05.jpg

そして搭乗時間になり飛行機に乗り込みます。

1201_06.jpg

その後、ファーストクラスでは何故かめぐりズムも配られました。

1201_07.jpg

離陸して機内Wifiで見るのはマツコの知らない世界です

1201_08.jpg

そして機内では夜のメニューです

1201_09.jpg

出てきたのが高知の料理です

1201_10.jpg

シャンパンも一緒に頂きます。

1201_11.jpg

注がれて

1201_12.jpg

その後お変わりをしたり

1201_13.jpg

森伊蔵も頂きます

1201_14.jpg

そんな感じで帰って来たのですが帰りの羽田着陸はInstagramです

https://www.instagram.com/p/BLsidEeh-hc/

しかし工場3連チャンは結構酔っ払いました(^^)


おこしやす!(160)  コメント(37) 
共通テーマ:旅行

アサヒビール北海道工場見学 試飲 [北海道]

アサヒビール工場見学は最初に10分の映像で50分の場内説明で、30分の試飲と1時間半のコースになります。

ここでは缶の出来上がるまでの行程があったり

1129_01.jpg

アサヒビールが最初に始めたという屋外ビールタンクがあったりしますが、他社のタンクよりも大きいとのことです。

1129_02.jpg

そしてアサヒビールグループになるニッカの竹鶴政孝のコーナーもあったりします。

1129_03.jpg

マッサンですっかり有名になったニッカですが、創業当時の写真なども飾られています。 

1129_04.jpg

そして工場内を1Km歩くといよいよ試飲です。

試飲は一人3杯となっていて、会場に入るとすぐにスーパードライがサーブされて渡されます。

席には名前が書いてあり、そこに座ります。

1129_05.jpg

そうするとおつまみも置かれていますが、アサヒビールではなだ万とコラボしたおかきになります(^^)

1129_06.jpg

そして2杯目はアサヒドライプレミアムの芳醇です。

1129_07.jpg

芳醇は香りや味もコクがあり美味しく頂けます(^^)

1129_08.jpg

そうしているとビールの美味しいつぎ方の説明になります。

サッポロ、キリンは3度つぎでしたが、アサヒスーパードライは最初に泡立てて行き良い良くついで、その後はグラスを傾けてそっとつぐ2度つぎでした(^^)

1129_09.jpg

そして3杯目はスーパードライのエクストラコールドですが、ここで選択で黒ビールか普通のエクストラコールドかですが、僕は黒ビール苦手なので普通のエクストラコールドを頂きます(^^)

1129_10.jpg

注がれて3杯目ですが、おつまみもう一個頂いちゃいました(^^)

1129_11.jpg

そしてスーパードライのディスプレイを撮影します。

1129_12.jpg

その後、工場見学も無事に終了し、札幌駅から新千歳に向かうためにUシートで向かいます。

その電車の中で飲もうと思い購入したサッポロクラシックですが、結局飲まずに持って帰ってきました(笑)

1129_13.jpg

新千歳空港でお土産を購入して向かうのは新しくなったJALのラウンジでダイヤモンドラウンジも出来ました(^^)

1129_14.jpg

エントランスも綺麗になり、羽田みたいな感じの入り口です(^^)

1129_15.jpg

さて、キリンビール工場の時にキリンのマークに文字があると言いましたが見つけられたでしょうか?

正解は右の角の横に「キ」があり、その右側に「リ」が横向きであり、しっぽの黒い所から上に行ったところに「ン」の文字があります(^^)

1129_16.jpg

キリンのンが見つけられないとの意見がありましたので○で囲んでみました(^^)

今回、これまで飲んだビールは羽田のラウンジでモーニングビール1杯

そしてサッポロビール工場で2杯

キリンビール工場で3杯

そしてアサヒビールで3杯

飲んで一日アルコールが抜けていません(笑)

そして帰りのラウンジで飲んで飛行機で飲んで帰りますが、帰りの酔っ払いは次回です(^^)


おこしやす!(165)  コメント(31)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アサヒビール工場 [北海道]

サッポロビール工場、キリンビール工場を見た後に向かったのは

1127_01.jpg

アサヒビール工場で、札幌は白石にあります。

この為、千歳からJRで新札幌に向かい、そこから地下鉄東西線で白石駅に向かいます。

白石駅から歩いて7分ほどで到着出来ちゃいます。

予約したのは15:30の最終で到着したのは15:00前です

1127_02.jpg

中に入ると受付があり、受付をします。

1127_03.jpg

ツアースタートまで30分あるので、お昼も食べていなかったので同じ敷地にあるレストランで一番早いメニューを頼むとシーフードカレーとのことで注文しました。

1127_04.jpg

サラダにスープにカレーで810円とは格安で美味しかったです(^^)

シーフードの具には海老にホタテに烏賊のゲソと盛りだくさんでした!

その後工場見学が始まりますが、最初は映像を見てから説明を受けます。

サッポロビールとキリンビールでは工場のラインの部分は撮影禁止でしたが、アサヒビールは全て撮影OKですが、動画と録音だけは禁止になっています。

さて、アサヒビールの歴史ですが創業は1870年で創業者は鳥井駒吉と言う人物で大阪麦酒会社が最初らしいです。

ここであれ?って思ったのがサントリーの創業者は鳥井信治郎で同じ鳥井と言う名前は偶然ですが、関係は無いみたいです。

ちなみにサントリーの創業は1921年で、寿屋ですが、寿屋にもアサヒビールにも関係したのがニッカウヰスキーの竹鶴政孝で1940年に日本果実の日と菓でニッカを創設しました(^^)

なんか日本のお酒には色んな物語がありそうです。

最初に見るのは仕込み釜で1989年まで使われたものが飾られています。

1127_05.jpg

そしてビールの原料の大麦とホップですが、ここでも大麦が試食出来ます

1127_06.jpg

また、大麦の上にある黄色いのと白いのはコーンとスターチで、スーパードライには大麦とホップ以外にもコーンとスターチも使われています

1127_07.jpg

日本のビールで大麦とホップ、水だけで作られたビールの最初はエビスビールでその後、サントリーがモルツを出して最近ではサッポロクラシックとかも大麦とホップ、水だけで作られていますが、ラガーとか黒ラベルなんかはコーンやスターチも使われています。

そして釜の中に入ります!

1127_08.jpg

その後濾過装置などを見ながら進みます。

1127_09.jpg

1127_10.jpg

そして途中でプロジェクションマッピングで樽の構造に付いての説明でしたが、撮影失敗です(笑)

1127_11.jpg

ちなみに、説明のお姉さんは写真OKでした。

そして帰りには入り口まで送ってくれました(^^)

こちらは350mlの缶に詰める機械ですが、この機械で1分間に1500本の缶にビールを詰めるそうです。

1127_12.jpg

そしてこちらは缶が流れるレーンですが

1127_13.jpg

このレーンですが、元禄寿司の社長が工場見学にきて、レーンを見てお寿司を流したら面白そうとのことで回転寿司のモデルになったそうです(^^)

1127_14.jpg

そして、次回はこの日3回目の試飲で今まで2リットル近く飲んでいますが、それでも飲んじゃいます(^^)


おこしやす!(186)  コメント(40)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

キリンビール試飲(^^) [北海道]

キリンビール工場見学もいよいよメインの試飲会場に到着です!

最初に飲むビールは一番搾りですが、ここでは一人3杯までおかわり出来ます。

おつまみと一緒に一番搾りです。

1125_01.jpg

そしてテーブルには家庭でも出来る3度つぎの方法が解説された紙がありました。

1125_02.jpg

そして10月と言うとハロウィンの季節なので窓もこんな感じでした(^^)

1125_03.jpg

ちなみに、おつまみはと言うと亀田製菓とKIRINのコラボで作られたもので、お土産コーナーでも売られていました

1125_06.jpg

ビール酵母を使ったチーズ味のおつまみはお土産で買って来ました(^^)

そして次に頂いたのはキリンラガービールです

1125_07.jpg

ラガーを飲んでいるとサッポロビール工場でも説明を受けた3度つぎの実演に備えています。

1125_08.jpg

そして実演でした(^^)

1125_09.jpg

その後3杯目のビールは一番搾りの熊本づくりで、このビールは現在全国で売られていて一本売れると10円が熊本地震の復興費に当てられるとのことです。

1125_10.jpg

3度つぎに挑戦です。

最初は泡が一杯にします。

1125_11.jpg

そして2回目の注ぎを行う為に泡が引くのを待ちます。

1125_12.jpg

そっと注いで泡が落ち着くのを待ちます。

1125_13.jpg

さて、キリンと言うと想像の生き物のキリンがマークになっていますが、その中に3つの文字が隠れています。

それはカタカナでキリンの文字が3カ所に記載されていて、全てのマークに書かれているとのことですので、虫眼鏡などでビールの缶を見るのも良いと思います。

僕は全て見つけました(^^)


おこしやす!(169)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | -