So-net無料ブログ作成
検索選択

お知らせ

記事を更新しない日は、ネットをお休みすることが多くなります。
niceのみを希望の方にはご希望に沿えないと思います(^^)
前の5件 | -

台湾ツアースタート [海外]

台湾ツアーの記事を書くか、他の内容の記事を書くか迷いましたが、台湾レポを希望する方が多かったので台湾ツアーをスタートします。

今回クラブツーリズムが主催する海外ツアーで2名一部屋だと39,800円と言う格安ツアー

ホテル一人利用でプラス1万円でそれに申し込みました。

出発は9月15日で2泊3日で17日に帰国すると言うツアーで、この時唯一気になったので台風15号と台風16号で出発当日の朝には台湾を離れて行く15号と変える火の17日夜に台湾の台北に近づく16号のダブル台風です。

晴れ男と良く言っていますが、僕の神通力も何処まで通じることか(笑)

さて、ツアーの集合時間は朝5:40に羽田空港国際線の団体カウンターとのことで、朝3時半起きで車で羽田空港に向かいます。

早朝なら首都高山手トンネルを使って30分程度で到着するので、4時半には家をでます。

やはり山手トンネルはガラガラです。

0928_01.jpg

そして国内線のP3駐車場に車を駐めてターミナル間無料バスで国際線に向かいます。

何故国内線のパーキングかと言うと、国際線のパーキングの場所がよく判らないので、手っ取り早く国内線のパーキングに停車です(^^)

団体カウンターに向かうと4つだけカウンターがオープンしていて左から2つめがクラブツーリズムのカウンターです。

0928_02.jpg

この時点でまだ5時20分ですが受付はOKでEチケットを貰い、コードシェアーしているJALのカウンターでチケットを発行して貰います。

ここでJGCの会員証を見せて使えるか?と聞いたのですがチャイナエアでの購入になっているのでダメとのことでした。

そうだろうな?って判っていました(^^)

チェックインカウンターも朝早いとガラガラです!

0928_03.jpg

出国手続きをして、JALのラウンジも使えないし、さてどうやって時間を潰そうかと考えていたらTIAT LOUNGEとSKY LOUNGEがあったので見に行くとTIAT LOUNGEはいくつかの航空会社と何故かレクサスカードやポルシェカード、マンチェスターユナイテッドカードなどで使えるみたいですが、こんなカードは持っていません。

0928_04.jpg

なのでSKY LOUNGEはVISAやJCBなど一般的なカードのゴールドなら使えるので、こちらに入ることにします。

JALとコードシェアのチャイナエアですが、航空券と一緒に出したのはANAのSuperFlyerゴールドカードでした(笑)

ラウンジではお酒は無いのでオレンジジュース

0928_08.jpg

そしてコーヒーを頂いています(^^)

0928_09.jpg

また航空券を見ると搭乗時刻まで50分ほどあるので

0928_07.jpg

ネットでもして時間を潰そうとwi-fiを見て見るとANAのラウンジで使えるwi-fiが飛んでいます

0928_05.jpg

なので、それを使ってネットを楽しんでいます(^^)

外を見てみるとだんだん明るくなってきてますが、この日の東京は朝から大雨です

0928_10.jpg

搭乗時刻も近くなりGATEまで向かいますが近くでの撮影禁止のイミグレーションを上から撮影!

羽田のイミグレーションは普段でもそんなに混んでないですが、朝はガラガラです(^^)

0928_11.jpg

GATEに向かう途中には免税店が朝早くからOPENしています。

多分24時間営業?

0928_12.jpg

お土産店もガラガラですが、何故か羽田で白い恋人が売っています。

なんか中国人に大人気みたいですね(^^)

0928_13.jpg

そして登場GATEで乗る飛行機ですがエアバスA330-300です

0928_14.jpg

座席は後方の通路側で後方座席から先に乗り込んでいきます。

安全のしおりを撮影しておきますが、中国語と英語、日本語で書かれています。

0928_15.jpg

機内では殆ど寝ていましたが、A330-300の後部座席、かなり音がうるさいです。

エンジン音と風切り音などBoeingに比べてこんなにうるさいの?って感じです。

またこの日は日本に秋雨前線に覆われていて、もの凄く揺れました(笑)

出発してから1時間半ほどで機内食が配られますが、チャイナエアの客室乗務員は日本人もいますが、台湾人でも片言で皆日本語を喋ってくれます。

オムレツか魚ご飯と言われたのでオムレツを貰いました。

0928_16.jpg

味は、まあこんな物でしょう(^^)

そして台湾の松山空港(ソンンシャン空港)に到着し、乗ってきた飛行機を撮影

0928_17.jpg

そしてbaggage climbに向かう途中で熱っぽい人や表面の体温の高い人をチェックしているカメラに引っかかり、耳で体温を測られましたが問題無しと言うことで通過しました。

荷物を待ちますが、ワンワールドでもスターアライアンスでもPriorityのタグが付いて荷物がすぐに出てきますがチャイナエアはスカイチームなので僕は一般人。

荷物が出てこないです

0928_18.jpg

そんな感じでスタートした台湾ツアーですが、どうなることやら(^^)


おこしやす!(26)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

伊丹からのフライト [フライト]

伊丹で珍しい離着陸を見た後はチェックインしてラウンジで飛行機を待ちます

ラウンジにビールは付きものでビールを飲んじゃいます。

0926_01.jpg

この日の帰りの飛行機ですが、到着時にプレミアムカウンターでプレミアムクラスに空席があるか確認して、空席ありだったのでアップグレードポイントを使って無料でプレミアムクラスにしました(^^)

0926_02.jpg

座席は通路側なので帰りの窓からの景色はありません(^^)

そしてビールの後はハイボールを頂いています。

0926_03.jpg

伊丹空港のANAラウンジですがこの日は空いています。

0926_04.jpg

後ろ側にも人が少ないです。

0926_05.jpg

でも平日だとビジネスマンで殆ど埋まっちゃいます(^^)

搭乗時刻になり、飛行機に乗り込んでいつもとは逆の滑走路から離陸します。

そしてすぐにベルト着用サインが消えると夕食が配られます。

まずはお品書き

0926_06.jpg

そして一緒に頂くのはスパークリングワインですが今までのとは少し変わりました(^^)

0926_07.jpg

食事はと言うとご飯の重と

0926_08.jpg

おかずの重です

0926_09.jpg

伊丹からの食事を担当しているのはミシュラン2星の祇園にしかわと言うお店が担当になっていました。 

0926_10.jpg

その後焼酎を頂きます。

0926_11.jpg

そしてくまモンのチョコクッキーも頂きました(^^)

0926_12.jpg

これまでの飛行時間は30分チョイですが、既に飛行機は大島を過ぎて最終アプローチに入ろうとしています。

0926_13.jpg

着陸までは15分もかからずでした!

そんな一日で巡った奈良・京都でした(^^)

0926_15.jpg

さて次回は台湾にしようかとも思ったのですが、一旦台湾旅行をレポすると長くなりそうなので、チョット考え中です(^^)


おこしやす!(158)  コメント(31)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

伊丹空港 ランウェイ14フライト [チョットお出かけ]

奈良・京都を楽しんだ後は伊丹空港に戻り、帰りの飛行機になるのですが小腹が空いたので伊丹空港でビールと

0924_03.jpg

明石焼きを頂きます。

0924_01.jpg

明石焼きはたこ焼きと違って卵焼きとも言われるくらい卵を使っています。

そして食べるのはソースではなくてだし汁で頂きます(^^)

0924_02.jpg

ここで明石焼きを食べながら滑走路を見ていると朝から風が変わっていないみたいで1年に1回あるか無いかのランウェイ14での運用をしています。

なので、展望デッキにチョットだけ出て飛行機を撮影しちゃいます。

まずはアプローチですが伊丹の山をバックに飛行機がアプローチしてきます。

0924_04.jpg

そして滑走路に近づきます

機体はBoeing767-300です。

0924_05.jpg

ランディング直前になってきました。 

0924_06.jpg

あとチョットで着陸ですが、なかなか着陸しません(^^) 

0924_07.jpg

そしてランディングです(^^)

0924_09.jpg

また、14からの離陸ですがJ-AIRが14Lに向かって行きます。

0924_10.jpg

滑走路に入り離陸を開始します。

0924_11.jpg

だんだんスピードを上げるJ-AIRのEMBRAER 170

0924_12.jpg

目の前を通過してリフトアップ

0924_13.jpg

後輪も空に浮TAKE OFFです 

0924_14.jpg

そして大阪市内に向かって飛んでいきました(^^)

0924_15.jpg

さて、今日は朝早くからお出かけなので皆さんの所には明日にでも訪問させて頂きますm(__)m

次回はお馴染みの伊丹からのフライトです(笑)


おこしやす!(164)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

鹿苑寺(ろくおんじ) [京都]

台湾から帰国して日曜からなんかだるくなり、月曜日には思い切り喉が痛くて微熱と咳が止まらなくなりました。

月曜もお休みだったので、とりあえず買い薬でしのごうと思いましたが、その夜は鼻も詰まって膿が目にまわり目が固まって開けない状態になり病院に行って抗生剤と咳止め、痰を切る薬を貰い今日は大分良くなりました。

おそらく暑い台湾で思い切り全身汗をかいてバスに乗って一気に冷やす生活を2泊3日続けていたのが原因だと思います。

夏休みの時期で良かったと思いました(^^)

さて、京都鉄道博物館から向かったのは七条通りから西大路通りを上がって行くだけで到着出来る鹿苑寺(ろくおんじ)

一般的には金閣寺で通っている場所です。

0922_01.jpg

中に入ると庫裏と言う建物があり、写経も出来るみたいです。

0922_02.jpg

金閣寺では入場料を払うと渡されるのがお札で、これが入場券になっています。

カバンに入れるのには長いので半分に折って持って帰ってきました。

0922_16.jpg

そして鹿苑寺のメインの金閣です。

0922_03.jpg

よく見ていると1階の部分になにかあるので、障子の模様かなと思ってズームすると人物像と仏像があります。

人物像は多分足利義満かもしれません。

0922_04.jpg

そして同じ敷地にある方丈と言われる建物です

0922_05.jpg

そして金閣寺は入ってきた場所と出口が別でまずは金閣の裏側に回ります

0922_06.jpg

そして正面からは見えづらい所に少し飛び出た場所もありました。

0922_07.jpg

そして裏から小山になっている場所を歩いて行くと途中に銀河泉と言われる水場所があったり

0922_08.jpg

こちらは屋根の付いた水の場所で

0922_09.jpg

説明を見ると厳下水と言う物で、義満公のお手洗いの水と書かれています。

トイレなのか、手を洗う場所なのかどちらでしょう(^^)

0922_10.jpg

そして龍門の滝と鯉魚石と言われるものです。

0922_11.jpg

坂を上がって行くと白蛇の塚と言う物があり、皆小銭を投げていました(^^)

0922_12.jpg

小山を上がると夕佳亭と言われる場所と

0922_13.jpg

不動堂があります。

0922_14.jpg

そして出口になりますがこれだけ登って来たのが判る階段を下ります。

0922_15.jpg

日帰りの奈良・京都もそろそろ空港に戻る時間になり、レンタカーで大阪に戻ります。

でも、まだ2回ぐらいは今回のレポが続きます(^^)


おこしやす!(181)  コメント(48)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

京都鉄道博物館2 [京都]

京都鉄道博物館はプラットフォームの横に並べられた屋外エリアと室内エリアに分かれていて、前回は室内に飾られている500系新幹線を紹介したところで終わりました!

室内エリアには流石に連結されている車両は少なく機関車だったり、先頭車両だったりが飾られています。

機関車のEF66で、これの鉄道模型を持っていました! 

0920_01.jpg

また東海道線で東京ー大阪を結んだ特急こだまで新幹線が出来るまで頑張っていた特急こだまです。

0920_02.jpg

その横にはディーゼル特急として開発されたボンネット式のキハ81で、東北本線でははつかりとして活躍した列車です。

この列車には上野から郡山まで良く乗っていたので記憶にあります(^^)

0920_03.jpg

そして何故かミゼットも飾られています。

0920_04.jpg

その横には100系新幹線で丸かった0系の新幹線が少しとんがった形です。

ちなみに、とんがった連結器を格納しているカバーの下になんか、空気取り入れ口見たのがあるのは初めて知りました(^^)

0920_05.jpg

車輪を横から撮影しますが、新幹線の車輪は普段見ることが出来ないので見ておきます。

0920_06.jpg

また作業車と思われるのですが、何に使うのかは判りません(^^)

0920_07.jpg

その奥にはトワイライトエクスプレスの電源車のカニ24が展示されています。

0920_08.jpg

また屋外の横に出てみるとトワイライトエリアがありスシ24で食堂車です

0920_09.jpg

そしてトワイライトエクスプレスを牽引するEF81ですが、青函トンネルと北海道内は別な機関車が牽引していたと思います。

0920_10.jpg

そして京都鉄道博物館のある場所は梅小路機関車庫でそこに向かうと蒸気機関車が沢山ありますが、まずはお召し列車を牽引したC58で菊のご紋が付いています。

0920_11.jpg

その向かい側にあるのは転車台です。

0920_12.jpg

またスチーム機関車で煙を常に出しているみたいです

0920_13.jpg

蒸気機関車を格納されている所を撮影してみるとこんな感じで全てに蒸気機関車が格納されていました。

0920_14.jpg

その中でD51を見つけました。

0920_15.jpg

勿論動輪が4個あります。

0920_16.jpg

そんな京都鉄道博物館でしたが、次回は京都のベタな場所に向かいます(^^)

さて先日こんな問題が起こりました。

ANAで最初は夏休み前に富士山側の窓側を予約していましたが、ANAが情報隠しでエンジンが問題があることを発表し、リコール隠しと同じような感じですが慌てて機材変更

そして今回の大阪に飛ぶときに予約していた富士山側の窓側から反対側に強制的に座席変更されました!

ANAではシステムで同じ席に近い席に割与えると行っていますが、反対の席って同じ席って感じです!

そして一番の問題が起きたのが今回の夏休みに沖縄に行く席です

4ヶ月前に予約して窓際の席を取っていたのですが、787のエンジン問題で機体変更、そして座席は通路側に変更されています。

機体変更はBoeing777で座席数が増えていますがそれでも通路側

なのでANAに問い合わせしました!

なぜ座席が通路側になった方と問い合わせるとANAからはBoeing777はシートのマップなど詳細につきましては以下のページをご参照ください。

「▼ボーイング777-200 (772)
http://www.ana.co.jp/domestic/departure/inflight/seatmap/detail.html?c=772

とシートマップは言われなくても知っています。

なので、同じ位置の窓がずれている席でもそこを案内されて入れば理解出来ますが、あなたは飛行機を知らないようなメールが送られて来ます。

今回のANAの対応で暫くANAには乗りたく無くなりましたが、沖縄の往復といくつか予約を入れていますが、沖縄の行きは、ANAからJALに飛行機を変更しました。

こう言う対応をするANAってどんな会社なの?

やっぱりフラッグシップキャリアにはなれない会社だと思いました!


おこしやす!(180)  コメント(38)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | -