So-net無料ブログ作成
検索選択

お知らせ

記事を更新しない日は、ネットをお休みすることが多くなります。
niceのみを希望の方にはご希望に沿えないと思います(^^)
前の5件 | -

てつのくじら館4 [チョットお出かけ]

今回見学しいている「あきしお」ですが、昭和60年に進水した後に色々な任務を遂行したのちに平成16年3月に除籍となり、平成18年9月にクレーンで陸揚げされて呉資料館に展示されています。

ちなみに、この呉資料館は無料で入れますがパンフレットは日本語のものしかありません。

流石に中国語とかで日本の機密を漏らすわけにはいかないです(笑)

そして、あきしおのコックピット部分に向かうと、海上自衛隊のOBの人が説明をしてくれます。

0117_01.jpg

しかし、以前の那覇基地で自衛隊のヘリにも乗りましたが、自衛隊の機材はパイプとかがむき出しで、民間の機材と比べると色々な部分が省かれているのが特徴です。

0117_02.jpg

また 潜水艦は操縦席含めて窓というものが無いので色んな装置が沢山あります。

0117_03.jpg

操縦席(操舵席)もメーターしかありませんが、良く岩とか色んなものにぶつからないものだと関心します。 

0117_04.jpg

そのぶつからないのを支えるものの一つが潜望鏡で、これは海面に上がる前に回りに敵がいないかなどを確認するものなのですが、手前と奥の左側に2つの潜望鏡があります。

これは、ここで初めて知ったのですが、昼用と夜間用とのことで、確かに夜間は普通の潜望鏡で見ても真っ暗なので赤外線カメラとかになっていると思います。 

0117_05.jpg

そして、海中でぶつからないことや敵などを見つけるのに必要なのがレーダーで潜水艦の一番重要な部分になります。

0117_06.jpg

そして海上自衛隊は海中での作業もあるので、このような潜水服も展示されていました。

0117_07.jpg

また、呉資料館から外を見ると海上自衛隊の艦番号の729と730が見えます。

これは掃海隊のまえじまとくめじまになり、その奥には海上保安庁の巡視艦艇も見ることができます。

0117_08.jpg

そして、この時間は12時過ぎでお腹が空いたのですが、1階に降りるとカレーの良い臭いがしてきます。

喫茶コーナーで一日40食限定の潜水艦あきしおで出されていたカレーを提供しています。

そして、認定証もあります。

0117_09.jpg

チケットを買ってカレーを待ちますが32番で残り8食となります。

0117_10.jpg

で、出てきたのはステンレスのお皿は金沢カレーみたいですが、ご飯が潜水艦あきしおの形になっていて、カレーが海です(笑)

0117_11.jpg

そして日章旗も飾られて、お子様ランチみたいです。

これにサラダも付いて840円でした。

でも美味しくいただきました(^^)

そしてお土産で買ったのは海自カレーで呉基地特性カレーと潜水艦そうりゅうカレーの2つです。

0117_12.jpg

これ以外にも沢山の海自のカレーも売られていました。

まだ食べてませんが、楽しみです(^^)

そして、帰りの飛行機が17:00なので、空港に戻りますが下道で広島を経由します。

広島の原爆ドームをじっくり見る時間はないので、車から望遠で撮影

0117_13.jpg

広電も入れた写真にしてみました(^^)

0117_14.jpg

そして、その後は高速を使って広島空港に戻りますが、それは次回になります。


おこしやす!(102)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

てつのくじら館3 [チョットお出かけ]

11日から14日まで心臓の右冠状動脈狭窄に対する経皮的冠動脈ステント留置術の治療の為に日本大学板橋病院に入院してきましたが、無事に治療も成功し14日の午前中に退院してきました!

その間はiPadとiPhoneしか持って行かなかったので、お越し頂いた方の所にしかお邪魔出来ませんでしたm(__)m

さて治療などのレポはそのうちに行いますが、今回は前回の続きで「てつのくじら館」の続きになります。

てつのくじら館には正面玄関に潜水艦「あきしお」が実物展示されていますが、大和ミュージアムの最終で出てきたのがあきしおになります。

0115_01.jpg

そしてこの潜水艦の中にはてつのくじら館から入ることが出来ます。

中に入ると狭い通路の奥にはトイレがあります。

0115_02.jpg

トイレの数も潜水艦だと限られると思うので大変だと思います。

男性で言う大小のトイレが一つずつありますが流石にウォシュレットなどと言う贅沢なものはついていません(笑)

0115_03.jpg

また狭い通路を進むと現れるのが、前回紹介した

0115_04.jpg

寝室で三段ベッドになっています。

0115_05.jpg

ちなみに、潜水艦の中にいると昼間と夜の時間が判らなくなるので、夜は赤い照明になりこれで体内時計を調整しているみたいです。

0115_07.jpg

また調理室ですが、狭い潜水艦の中では調理も一苦労だと思います

0115_06.jpg

また娯楽室もありますが、工事現場の休憩室の方が立派かもしれませんm(__)m

0115_08.jpg

そして1等、2等の士官のベッドですが、それでも2段ベッドです。

0115_09.jpg

海上自衛隊の戦艦部隊や海上保安庁などでもこれほどの狭さの空間は無いと思います。

そして士官のベッドの反対側にあったのですが、これは何でしょうか?

0115_10.jpg

その後魚雷搭載口とあり、甲板の上で搭載をするみたいですが、そこから覗くとコンピュータがありました。

0115_11.jpg

そう言えば僕は最初の会社は日立で自分は本社情報管理部で日立の汎用コンピュータ(HITAC M160、M280)のOSを担当していましたが、同期が戸塚工場に配属で、仕事が魚雷発射システムを行っていました。

当時は国家機密になるので、公にされませんが、聞いた話だと潜水艦の中に日立の技術計算コンピュータHIDICが搭載されていて、魚雷にはリモコンのコードが付いていて着弾直前にコードを切ると言うローテクな魚雷でした(笑)

でも、それも30年以上前の話で、今ではレーダーでコントロールだと思います(^^)

そして中はコンピュータっぽいものが搭載されていました!

0115_12.jpg

ちなみに、このあきしおのスペックですが

基準排水量:2,250t 長さ:767.2m  → 76.72m

幅    :9.9m   高さ:10.2m

エンジン:ディーゼル2基、メインモーター1基1軸

乗員 :75名

となっています。

こんな横幅が9.9mとかなり狭い幅で、この中に75名の乗員がいるとは窮屈な感じだと思います。

ちなみに最新のBoeing787の客室幅は5.49mで座席がエコノミーで9席なので、色んな機材を積んだ潜水艦が生活スペースを入れても9.9mとは狭いのが判ります。

そして、あきしおは次に続きます(^^)


おこしやす!(168)  コメント(46)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

てつのクジラ館2 [ちょっと旅行]

今日は入院中なので事前投稿ですが、途中経過です。

今回カテーテルですが7mmの管を使うとの事で脚の付け根からのカテーテルになりました。

カテの時間は2時間半ほどで、無事に治療も終わりましたが脚からのカテーテルの為23時までは、うごけないです。

退院は土曜日の予定です(^ ^)

てつのくじら館の続きです。 

掃海艇などを見ながら向かうと、潜水艦くろしおの深度計があります。

深度計は浅い所を計る深度計と、深い所を計る深度計の2種類があります。

0113_01.jpg

そしてその横には潜水艦のベッドのディスプレイがあり、自分の目の高さより低いところに3段のベッドがあります。

潜水艦は狭いので、こんな空間で寝泊まりしているのは大変だと思います

0113_02.jpg

そして、このベッドに入るにはコツがいるみたいで説明がありますが、寝ているときに慌てて起きると顔面を思い切り強打しそうです(笑)

0113_03.jpg

絶対に新人とかはぶつけて鼻血を出す隊員もいそうです(^^)

また救命装備とかも展示されていたりします。

0113_04.jpg

また食事の食品サンプルもありますが、海上自衛隊と言えば金曜日はカレーですね!

これは、潜水艦とかだと曜日の感覚が無くなるので、金曜日にカレーで曜日の感覚を戻すらしいです(^^)

0113_05.jpg

また潜望鏡の模型もありますが、覗くとビデオの画像を見ることが出来ました!

0113_06.jpg

その後、掃海に使ったヘリなども飾られています。

0113_07.jpg

そして売店にクリアファイルとかも売られていた自衛隊の萌えキャラ?

調べて見ると自衛隊三人娘と言うのがいるみたいで以下から画像をお借りしました。

http://www.pri-sta.jp/threegirls_tokushima/index.html

自衛隊と言うとまずは陸上自衛隊で美陸まゆと言う二等陸尉で、なんだか色っぽいです(笑)

0113_08.jpg

そして海上自衛隊は三等海尉のハーフでしょうか?シャルロット・ハリス・鳴海です。

0113_09.jpg

航空自衛隊は三等空尉の空詩藍と全てが陸海空にちなんだ名前になっています。

0113_10.jpg

そして潜水艦の内部の模型などもあります。

0113_12.jpg

船や潜水艦には色々種類があるみたいですが、みな潮の名前がついています。

0113_13.jpg

そして潜水艦はどれだけ音を出さないかが重要になります。

0113_14.jpg

この後は潜水艦内部に入りますが、外に展示されている潜水艦であきしおの概要がありました(^^)

0113_15.jpg

そんなてつのくじら館ですが、まだ続きます(^^)

そして今日か明日には退院予定なので、15日の更新は予約ではないです!


おこしやす!(177)  コメント(35)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

てつのくじら館 [チョットお出かけ]

大和ミュージアムの後に向かったのは大きい潜水艦がある場所で、後ろから撮影するとスクリューはありますが、飛行機の垂直尾翼と水平尾翼に似ています!

0111_01.jpg

ここは呉にある海上自衛隊の呉資料館で、JMSDFでJAPAN MARINES SELF-Defense Forceの略になります!

いつもはJASDFばっかしなので、海上自衛隊は初めてです(^^)

0111_02.jpg

進むとてつのくじら館の看板があります。

0111_03.jpg

中に入ると撮影は全部OKで海上自衛隊の歴史が最初にあります。

戦後最初は海上保安隊から海上自衛隊に変わったことの歴史が書かれています。

0111_04.jpg

そして海上自衛隊の前の海上保安態の最初の仕事は海上にある機雷の除去が仕事になっています。

0111_05.jpg

この機雷ですが海に浮かんで、信管が飛び出していてそれに触れると爆発するものとかもあります。

0111_06.jpg

また触れなくても磁気とかで爆発するものもあり 

0111_07.jpg

地雷と同じく世界最悪な武器だと思います。

それは、地雷は民間人や子供も踏んで爆発しますし、機雷は漁船とかも触れると爆発する人道的に最悪な武器です。

それを撤去する任命が海上自衛隊にあるのは、日本が世界に誇れるところです。

機雷にはこんなものや

0111_08.jpg

こう言うものまであります。

0111_09.jpg

そんな機雷とかの除去作業をしている海上自衛隊に対して、現在の防衛大臣の稲田は何を指示するか判りません!

それに比べてすし三昧の社長はソマリアで海賊にマグロを捕ることを教えて、ソマリアの海賊が無くなったとのことで、こう言う人が防衛大臣になるべきです(^^)

また海を動くのにこんなものもあります。

0111_10.jpg

これに捕まって海上を移動するみたいです。

そして海上自衛隊も日章旗は海軍からの伝統に思われがちですが、旭日旗もありなんか違いがあるみたいです。

0111_11.jpg

そしてこちらは沈んだ機雷を除去する機材です。

0111_12.jpg

ペルシャ湾で活躍したものみたいですが日本は地雷も含めて機雷とかの世界最悪の武器を撤去していることを世界に広めたいです(^^)

0111_13.jpg

そしてアザラシみたいなものもありました(^^)

0111_14.jpg

このてつのくじら館は少し引っ張ります。

さて、本日から先月検査で入院した日大板橋病院で、そこで見つかった所に治療でカテ入院します。

次回の更新も予約投稿でアップしますが、皆さんの所にはお越し頂いた方の所しかお邪魔できません!

今日も朝早くに病院に行って入院手続きや診察など続きますので、朝の巡回は出来ません。

アクセスはiPadなどになるので前回の更新で起こし頂いた方の所しかお邪魔出来ませんm(__)m

そしてiPadでniceの押し逃げになるのをご了承下さいm(__)m


おこしやす!(172)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

大和ミュージアム2 [チョットお出かけ]

大和ミュージアムも呉の歴史の所はカメラマークに×の印ですが、よく読むと商業利用の撮影は禁止と小さな文字で書かれています。

でも多くの人はマークで撮影禁止だと思い撮影していませんが、そんな中撮影する勇気はありません(笑)

そして大型資料室は撮影OKなので撮影しちゃいますが零戦と特殊潜航船の海龍とかが展示されています。

0109_01.jpg

海龍ですが小型の潜水艦って感じです!

0109_02.jpg

また旧二式魚雷で、燃料酸化剤に酸素を使ったのはこの当時日本だけだったそうです。

0109_03.jpg

そして零戦特集になります。

この零戦は三菱重工と中島飛行機の共同開発で、当時は世界最高の機動性を持っていましたが、軽くするため防御は弱かったみたいです。

0109_04.jpg

正面からですが、逆行です(笑)

そんな三菱重工はMRJで日本初の民間リージョナルジェットを開発して現在アメリカのモーゼスレークで試験飛行を行っています(^^)

0109_05.jpg

少し高い位置から正面の零戦です(^^) 

永遠の0でも多くの零戦が出てきましたが、飛行機の形状は綺麗な形をしています。

0109_06.jpg

そして横からですが、機体は塗装された上からでも薄い鉄板で出来て歪みとかもみえますが、それでも空中戦でその当時の飛行機の最高と言われたのは凄いです(^^)

0109_07.jpg

上から撮影しますが、飛行機の方向を変えるエルロン(オレンジの船で囲まれた部分)が機体横にあるのが判り、ここに付けるのは今のジェット旅客機のベースになったのではないでしょうか?

0109_08.jpg

そしてコックピットですがメーターが沢山あるのが判ります。

昨年の4月にハワイでPIPERを操縦したのを思い出します(^^)

0109_09.jpg

この零戦で多くの若い命が失われたと思うと本当に悲しい気持ちになります。

前記事でも書きましたが、稲田防衛大臣は子供手当を防衛費に回せば世界水準になると行った馬鹿者をなんとか多くの人で落選させましょう!

平和主義に対する反対の人間を防衛大臣にした自民党も責任はありますが、前回も書いたとおり平和主義の人は応援政党を越えて稲田朋美は政治の世界から抹殺するしかありません。

何故、ここまで稲田朋美を嫌うのかは前回の記事を読んで貰えれば判ります。

そして、その後は当時の戦艦の模型をみたりします。

0109_10.jpg

0109_11.jpg

砲塔の数とか違いはありますが、どれも立派な戦艦です!

見学を終えて外に出ると戦艦陸奥の主砲が飾られています。

0109_12.jpg

その主砲の長さと、後ろには陸奥のスクリューも飾られていました。

0109_13.jpg

そして大和ミュージアムを見学した後に向かったのは、大きな潜水艦の飾られている場所で

0109_14.jpg

大和ミュージアムの目の前でした!

でも、次回から紹介する場所は濃い内容になります(^^)


おこしやす!(171)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | -